記事一覧へ
マーケティング

CVRとは?計算式や平均となる目安となる指標は?改善するポイントなども解説

CVR(コンバージョン率)とは、Webサイトやサイトに誘導するWeb広告がどれだけ成果を上げているかを測る重要な指標です。CVRをなかなか伸ばせないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、CVRについての基本やCVRが低い要因、改善方法をご紹介します。

CVR(コンバージョン率)とは

CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の頭文字を略したものです。

コンバージョン率(CVR)とは「Conversion Rate(コンバージョンレート)」の略で、の達成割合を示す指標を意味します。

Webサイトへのアクセス数(ページビュー、またはユニークユーザー数)のうち、Webサイトが目的としている成果(商品購入や資料請求など、会員登録など)、つまりコンバージョンに至った割合です。

いくらサイト訪問者の数が多くても、CVRが低ければ意味がありません。そのため、CVRはWebサイトの投資対効果を計る上で最も重要な指標と言えるでしょう。


CVRの計算方法

コンバージョン率は、「きっかけの数」に対する「成果の数」の割合です。

例えば、1,000件のセッション(きっかけ)があり、10件のコンバージョン(成果)を獲得した場合のCVRは1%となります。


一般的に広告運用の場合

CVR = CV数÷クリック数×100


WEBサイト

CVR=CV数÷サイト訪問数(セッション数)×100


CVRとCTRの違い

CVRとよく似た指標にCTRというものがあります。

CTRは「Click Through Rate(クリック・スルー・レート)」の略で、広告の「表示回数」に対する「押された回数」の割合です。以下の計算式で求められます。


算出方法

広告がクリックされた回数 ÷ 広告が表示された回数 × 100

例えば、ある広告が200回表示され、そのうち10回クリックされた場合、CTRは5%になります。


CVRの目標設定はどうするか?

WebサイトやWeb広告の運用において、CVRの目標をどの高さに設定するかは非常に重要です。はじめの目標は低めに設定したほうが良いでしょう。

なぜなら、Webサイトは運用と並行してコンテンツの充実やユーザビリティの改善を行い、サイトの質を高めていきます。

Web広告の場合も、はじめから高い効果が出るのはまれで、多くのWeb広告は、ABテストなどを繰り返し、運用をしてから初めてわかる数値を参考に、広告文やキーワード設定を改善していきます。

いずれにしても、コンバージョン率を最初から高くするのは難しいでしょう。しかし、正しく改善していけば、コンバージョン率の最適化に繋がります。


CVRの平均値はどれくらい?

VRには一概に目安や平均となる値はありません。なぜなら、サイトごとのCV地点によって変化するからです。CVRの平均は以下3つの要素によってそれぞれ変わります。


①業界や商材の種類

②流入キーワードの種類

③コンバージョン(成果)を何に設定したか


例えば、コンサルティングなどのBtoB業界の平均CVRが10%であるのに対して小売やECなどのBtoC業界は平均3%となっています。

自社のサイトで目指すCVRの平均値が知りたい場合は、同じ業界の似たオウンドメディアの事例を探したり、広告の場合は代理店にCVRが高い事例を聞いたりして傾向を把握するのがおすすめです。

CVRの平均が低い時に考えられること

続いて、CVRの平均値が低い時に考えられることを確認していきましょう。


広告の打ち出し方に問題がある

Webサイトの内容と広告内容が一致しなければ、クリック数は多くてもCVRは低くなるでしょう。


また、運用型広告では、自社商品に対する関心が低いターゲットへの配信が多くなってしまうと、コンバージョンに結びつきづらくなり、CVRが低下します。


ページ構成やコンテンツの質に問題がある

Webサイトのなかにユーザーの利便性を低下させる要素があったり、コンテンツの内容がユーザーの求めている情報とかけ離れてたりすると、CVRが低下する原因になります。

例えば、欲しい情報がすぐに見つからなかったり、文字ばかりで商品のイメージがしづらかったり、

ページの行き来がしづらかったりする場合は、ユーザーのストレスになるでしょう。

「ユーザーがより早く、より簡単に欲しい情報へと辿り着くためにはどうすれば良いか?」という視点を持つことが、CVR低下の防止につながります。


入力フォームの項目が多い

購入や問い合わせをしようと思っても、そのための入力項目が多いと、最終ポイントで離脱され、CVR低下の原因になります。

実店舗で言えば、商品を購入しようと思ったのに、レジの場所がわからなかったり、レジに行列ができていたり、店員の態度が悪かったりすれば、「もういいや」と客は商品を棚に戻してしまうでしょう。

Webサイトにおいても、商品の注文に必要でないアンケートがあったり、入力するページが複数に別れている場合、ユーザーは入力することを煩わしく感じてしまいます。なるべく入力項目は必要最低限にまとめて、同一ページで完結するように制作しましょう。

CVR改善のためにできること

ここからはCVRを改善していくためにどのようなこと施策が打てるのか、確認していきましょう。


広告のターゲットを変更する

まずは、ターゲットが適切か見直し、ターゲット層以外のユーザーのアクセスを減らしましょう。訪問数がいくら増えても、ユーザーのニーズと提供する商品やサービスがずれているとCVRは上がりません。

ターゲットの年齢や性別、趣味趣向などを明らかにした上で、それに当てはまるユーザーのみに向けた広告やコンテンツを出しましょう。


広告文やクリエイティブを調整する

広告の内容は、一目見て、ユーザーが「詳しく知りたい」「クリックしたい」と思うようなキャッチコピーやデザインにする必要があります。

ターゲットを明確にすればするほど「私へのメッセージ?」と、興味を抱いてくれます。

広告の目的は、「ユーザーを惹きつける」ことにあるため、広告では説明しすぎないことがポイントです。「煽り」や「釣り」は避けたいですが、「これはどういうことだろう?」とユーザーが答えを知りたがるような内容にすると良いでしょう。


入力フォームを最適化する

広告配信でCVRを上げるためには、入力フォームの見直しも必要です。広告が読まれていても、入力項目が多いと離脱してしまいます。

本当に必要な項目だけに絞る、自動入力にするなど広告配信の目的に合わせたフォームを設計することが、最終的なCVRを上げる鍵となります。


まとめ:コツコツとCVRを改善しよう!

コンバージョン率を最適化するには、CRO(Conversion Rate Optimization)が有効です。

CROとは、サイトに訪れたユーザーをコンバージョンさせるために、ランディングページをわかりやすくしたり、CTAボタンを目立たせたり、フォームを使いやすくしたりすることを実施したりする施策です。

CRO施策はLPOツールやEFOツールなどのツールを使うことで、効率的に実行することができます。CVRを上げるには日々コツコツと改善を積み重ねていくことが必要ですが、少しでも作業を効率化させるために、ツールの活用も検討するとよいでしょう。

CROやLPO改善に強いマーケティングツールMMCの利用を

資料や料金を問い合わせる 無料でMMCを試してみる

CROやLPO改善に強いマーケティングツールMMCの利用を

資料や料金を問い合わせる 無料でMMCを試してみる

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web