記事一覧へ
Mobile Marketing Cloud

ランディングページとは?LP広告配信集客・売上アップへ

商品やサービスごとのランディングページを活用している企業は多いかと思います。しかし、どんなにすぐれたデザインのランディングページを作成しても、ターゲットとする顧客に見てもらなければ意味がありません。 ランディングページのコンバージョンを高めるのに重要なのは、流入経路です。そこで、今回はLPの作成方法をご紹介します。

たった5分でプロのようなLP広告が制作できるLP作成ツールならCM.com

ランディングページとは?

アパレルのランディングページのサンプル

ランディングページ(LP)の完全な定義はありませんが、一般的にはある商品やサービスを紹介すウェブサイトもしくはウェブページのことを指します。

色々な目次がある企業のコーポレートサイトや複数ページから成るブログとは異なり、縦長で他ページへのリンクがないことが特徴です。

なぜならランディングページは、特定のコンバージョンを達成するために設計されており、内容を一つを絞って作られたページだからです。

LP広告をSMSで送信

関連リンク


ランディングページはなぜ必要なのか?

1ページずつ作るのではなく、通常のウェブサイトではいけないのか?と疑問を抱く方もいるかもしれません。

複数のぺージから構成されるウェブサイトには、確かに多くの情報をひとつの場所に集約されています。

しかし、ユーザーの目線に立ってみると、それは「探したい商品がみつからない」「ほしい情報がどこにあるのか分からない」こととなり、離脱につながります。

インターネットで何かを検索する人は、自分が探しているものが見つからないかもしれないと感じた場合、ごく短い時間しかページに滞在しないという事実があります。


集客できるランディングページのポイント

集客を見込めるランディングページには、コンバージョンのポイントや、デザインが重要になってきますので、各ポイントを確認していきましょう。


コンバージョン率向上が肝

もし探したいものが顧客に表示されていれば、直帰率は格段に低くなり、コンバージョン率は格段に高くなるでしょう。

要するにランディングページは、顧客が自分が欲しい物に関連があると認識し、製品を購入したり、サービスを利用したいと感じてもらうためのページです。

また、ランディングページを制作する側の大きな利点は、異なるターゲットグループに合わせて、異なるバージョンのサイトを作成できることです。

さらに、同じ商品でもランディングページのデザインや構成を変えて、A/Bテストを行うこともできます。

このように、リーンな実験を繰り返すことで、短い期間にコンバージョン率をさらに向上させ、ターゲティングをより正確にし、投資収益率を高めることができるのです。

ランディングページを制作するメリット

ここからはランディングページを作成するメリットをご紹介いたします。メリットを理解して、ランディングページを制作に臨めば、何を重要視すれば良いかが明白になるでしょう!

訴求効果が高い

ランディングページは自由度が高く、多くの場合は既存のデザインプレートには組み込まないで作成をします。そのためデザイン性が高くなり、訴求したい内容を容易に強調でき記憶に定着させやすいという効果があります。


1ページで情報を網羅できる

通常のwebページは商品やサービスに関する情報をページ全体に散りばめることによってwebサイトの回遊率をあげる工夫をしています。そのためユーザーが欲しい情報を得るためにwebサイトを周遊する必要があります。ですが場合によってはそのプロセスを面倒に感じてしまってサイトから離脱してしまう場合もあります。

ですがランディングページでは特定の商品・サービスの情報をまとめているためそのページさえ見れば欲しい情報が得られるようになっています。よってランディングページを作成しておくことで離脱率をさげ、コンバージョン率をあげることも可能になります。

離脱率が低い

先ほども言ったように、webページを周遊するのが面倒だと感じサイトから離脱してしまうユーザーを減らすためにランディングページが有効になります。

ランディングページを閲覧すれば情報がまとまった状態で入手でき、無駄なページ遷移が発生しないため通常のwebページよりもコンバージョンが発生しやすくなります。


ランディングページを制作するデメリット

一方で、当然ランディングページにもデメリットは存在します。メリットを知った上で、何かがデメリットなのかを確認していきましょう。

制作コストがかかる

ランディングページを作成する際には、画像デザインスキル・キャッチコピーのライティングスキルなどと言ったさまざまなスキルが必要になります。自分一人でそれらを網羅できているならコストはあまりかからないですが、外注をする企業がほとんどです。そのため制作コストがかかります。


ランニングコストがかかる

ランディングページは作成するだけでなくバナー広告などで運用することが基本となります。運用依頼や、クリックごとの運用する際に費用が発生します。それだけでなく、運用結果から最適化を鹿春必要もあるため、その際にもコストがかかります。


直帰率が高い

ランディングページによって離脱率は下げることができますが、その代わり直帰率は高くなる傾向があります。

直帰率とは最初に見たページから別のページに移動することなくサイトから離脱することをいいます。ランディングページは情報を単一にまとめたページであるため通常のwebページのように別コンテンツに誘導すると言う機能はありません。

そのためユーザーがランディングページで紹介しているサービスに興味が持てなかった場合はすぐに離脱してしまうため直帰率が高くなります。

ランディングページ作成で考慮するべきこと

コンバージョン率が高いランディングページを作成する際には、当然ながらいくつかの点を考慮する必要があります。

時間をかけて作り込むウェブサイトとは異なり、簡易でよいですが、限られたスペースに届けたい情報・ユーザーがほしい情報をつめこまなければなりません。

LP制作は外注することもできますが、依頼には時間もお金もかかってしまいます。


画像だけでプロのようなLPも作れる

昨今ではプログラミングやデザインのスキルがなくても感覚的に作成できるアプリやツールが、無料やリーズナブルな価格で提供されているため、それらを利用して自分で作ってみるのもよいでしょう。

特に、SMSで送るランディングぺージの場合、そこまで凝ったデザインにする必要はありません。

とはいえ、読みにくいページであれば顧客は一瞬で去ってしまいます。メルマガ広告やSMSで送信するランディングページを作成する場合に最低限注意したいポイントを説明します。


関連リンク:


ページを開いたときに送信元がわかる

まず誰から送信されたかをパッとみて分かるように、会社名やロゴ、サービス・商品などが分かるものを挿入しましょう。そうすることで、社名やロゴは左上に入れるのが一般的です。


品質が伝わりやすい

顧客が商品を手に取ったようにわかる、高品質で本物の写真や動画といったリッチコンテンツを掲載することが大切です。

適切な品質で確かな情報を伝えることで、顧客を惹きつけることができ、購買意欲やコンバージョンを高める効果につながります。


適切な入力フォームが設定されている

顧客に記入してもらう文字入力フォーム、チェックボックスやドロップボックスを設置する際は、見出しや項目の書き方に注意しましょう。

例えば、入力してもらうのは携帯電番号なのか会社電話番号で取得情報が変わってきますので、細かく確認することをおすすめします。


CTA(コールトゥアクション)の設置場所が適切

顧客にとってほしい行動を視覚的にお願いしなければなりません。その中でもCTA(コールトゥアクション)の設置箇所はとても重要です。

「新規登録」「購入手続き」「送信」ボタンなどがその例です。

さまざまなコールトゥアクションを試してみたり、ちょっとした工夫をしてみて、色やテキストを変更し、改善をし続けることが大事です。

ランディングページの作り方 基本の流れ

ランディングページを作成する手順についてご紹介します。

目的を設定する

まずはランディングページを作成する目的を決めます。目的とは以下のようなことが挙げられます。

  • 商品を購入させるため

  • 会員を増やすため

  • 資料請求をしてもらうため

このような目的を設定してからランディングページに訪問して欲しいターゲットを定めます。

関連記事
カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法


ターゲットを明確にする

次のステップは「ターゲットを明確にする」ことです。ターゲットを明確にしておくことで、強い訴求方法・デザイン・構成を考案することが可能になります。この段階でより具体的に顧客をイメージしましょう。


LPの構成案を決める

目的・ターゲットが明確になったらランディングページの構成を考えます。ここで重要なのは「何をどの順番で伝えるか」と言うことです。これを踏まえてランディングページでもユーザーが情報を把握しやすいページ構成を考案しましょう。

構成ができたら、先ほど考えた構成を具体的にwebページに落とし込んだ「ワイヤーフレーム」を作成しましょう。これによってコンテンツの整理・レイアウトの設計などを整えましょう。


制作する

構成が完成したらいよいよランディングページの作成に入ります。作成の際は以下のような佐合が必要になります。

  1. ライティング

  2. デザイン設計

  3. 開発・コーディング

これらを具体的に紹介します。

1.ライティング

ランディングページに掲載する文章作成のことです。特にユーザーの興味を引きつける「キャッチコピー」は重要なため慎重に考えましょう。

文字数や強引に説得するような印象を持たせる文章にならないように注意をしてコンテンツを読みたくなるようなキャッチコピーを作成しましょう。

2.デザイン設計

先ほど考えたターゲット・構成・コンテンツからデザインを作成します。ユーザーの動線・ニーズを考えて設計しましょう。その際には以下のようなことがポイントになります。

  • 写真や画像を活用し、視覚的にわかりやすくする

  • ファーストビューでユーザーを惹きつける

  • 強調する文章の色や太さを変える

  • 余白は多くもなく、少なくもない状態にしておく

  • 文字や写真の間隔を統一・調整する

3.開発・コーディング

デザインまで完成したらwebページにランディングページを作成するコーディング作業に入ります。

pcだけでなく、タブレット・スマートフォンからも快適に閲覧できるようになっているか、デザインが崩れていないかと言ったことを確認しましょう。


ランディングページの費用相場

先ほども記載したようにランディングページは誰に依頼するかや、ランディングページのボリュームなどによって費用は大きく変化します。

そこでランディングページの相場を、外注と内製の2パターンでご紹介します。

外注する場合

外注する場合、以下の項目によって相場が変化します。

  • 目的

  • 発注先

  • 制作期間

  • ランディングページの改善サポートの有無

  • 作業範囲

これらを考慮した上での相場は10万〜60万円となっており、もっとも一般的な価格帯は30〜60万円です。

30万円以下の価格帯でランディングページを作成すると公開後のサポートがない場合が多いため、今後も作成したランディングページを運用し続けたいということならばサポートもしてくれる発注先に依頼しましょう。


内製する場合

予算の都合上、外注せずに自社で作成することもあるでしょう。その場合は無料で使用できるランディングページ作成ツールを使用する方法がおすすめです。

ランディングページ作成ツールを利用することで制作に必要なwebデザインやコーディングといった知識があまりなくても簡単に作成が可能になります。

CM.comが提供するLP広告制作ツールを利用すれば、専門知識不要で無制限にLPが制作できるのでとても便利です!興味ある方はぜひお問い合わせください!


ランディングページをSMSで配信し、集客へ

コンバージョンを目的としたランディングページの導入経路は、メルマガやバナー広告などさまざまありますが、SMSとランディングページはとても相性のよい組み合わせです。

なぜなら、インターネット利用の半数以上が携帯電話やタブレットなどのモバイル端末利用を占めているため、企業はモバイルユーザーに絞ってマーケティングを行う価値があります。

携帯電話あてに送られるSMSは、もともとモバイル画面で読まれるように設計されているので、モバイルユーザーにあわせたメッセージを送ることができます。

ランディングページとSMSの活用方法

メールからSMSを送信するイメージなど

ランディングページとSMS配信を組み合わせることで、顧客に最適なマーケティングアプローチが可能ですので、活用事例を見て行きましょう。


ニュースレターやEメール

SMSのランディングページ機能を使うことで、ニュースレターやEメールのような長文を送ることができます。

ニュースのような長文であっても1通分の配信料で送信でき、コストも削減できます。


商品の販売やイベントへの参加案内

新商品の販売案内やイベント・セミナーの案内を送るのも効果的です。商品やイベント内容、ターゲットとする顧客に対して、デザインを変えることができます。


応募者や面接の日程調整

必ずしもランディングページを商品・サービスのプロモーションとして活用する必要はありません。

例えば、面接日程候補を送り、フォームを入力してもらうなど、採用の場面でも活用できます。

メールでの連絡の場合、埋もれてしまい読んでもらえないということもあるので、確実に連絡をしたい場合はSMSが効果的です。 


関連リンク:

Cookie規制後の代替案有り!パーソナライズドLP広告配信をSMSで

CM.comならランディングページが簡単に作れる

pages sms

EメールやSMSでLPを送りたい場合には、CM.comのサービスがお勧めです。

CM.comのEメール送信ツールSMS配信サービスにはランディングページを作成できるサービスがあります。イラストレーターやフォトショップを使わずとも、ドラッグ&ドロップだけで簡単にランディングページを作成できます。

また、フォームも簡単に作成できるので単なるLPとしての機能ではなく、お申し込みフォームや予約フォーム、問い合わせフォームなどの機能もつけることができます。

さらに、CM.comで制作できるランディングページの最大の特徴はパーソナリゼーションです。一般的なランディングページは不特定多数がアクセスするページとして作成されており、顧客の名前などパーソナルな情報を含んでいることはありません。

しかし、CM.comのランディングページはEメールとSMSの送信先データと紐付いており、同じ内容の一斉送信でもEmailのように名前などの情報をランディングページの中でも個々に表示することができます。


クリック率(CTR)も確認できる

コンバージョンを目的としているので、何人の顧客がリンクをクリックしたか知りたいですよね。CM.comのSMS配信サービスでは、SMSのURLをクリックしたかどうかを追跡することができます。

ランディングページを設定すると、リンクの各ビュー、クリック数などを確認できます。どのキャンペーンのパフォーマンスが最も高いかを簡単に確認でき、各種メッセージを最適化することが可能です。

独自ドメインの短縮URLが使える

SMSの本文に挿入する際に、文字数の関係で短縮URLが望ましいですが、短縮URLサービスで有名なBitlyなどのサービスを利用しても、独自ドメインは利用できませんが、CM.comのサービスでは独自のドメイン短縮URLを利用できます。こによりLPへのクリック率を上げることが期待できます。

このサービスはマーケティングパッケージサービスのMMCにもついていますので、マーケティングで顧客管理から、配信セグメンテーション、Eメール、SMSの自動化、Eメール、SMS配信を行いたい起業様にはMMCがお勧めです。

MMCをより詳しく知りたい方はこちら:

関連リンク:

ランディングページをEメールとSMSで配信へ

ランディングページでEメールやSMSで送信してみてください。特にSMSで配信したことがない方は、ぜひ試してみてください。SMSは安全に、素早く、確実に顧客に届きます。

そして、モバイルで見るのに最適化されたデザインのランディングページを送ることにより、顧客に「あなたと連絡を取りたい」と思わせることができます。

顧客データと連動したランディングページを制作したい企業担当者の方は、ぜひCM.comのMobile Marketing Cloudを検討ください。無料トライアルも行っているので気軽にご相談ください。

最短5分でLPを作成し、配信へ!

サービス利用や価格について問い合わせる LP広告作成ツールについて知る

最短5分でLPを作成し、配信へ!

サービス利用や価格について問い合わせる LP広告作成ツールについて知る
Takuya Hashimoto
Takuya Hashimoto,
Digital Marketing Manager in Japan

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web