前のアイコン 記事一覧へ
Nov 30, 2023
2 minutes read

インバウンド対策を成功させるには?海外顧客の問い合わせを増やすコツを紹介

国内のマーケットが縮小傾向にある今、多くの企業にとって高まるインバウンド需要はビジネスチャンスです。この機会を逃さず、外国人観光客に日本で満足のいく体験をしてもらうために、企業は様々なインバウンド対策を行う必要があります。そこで今回は、インバウンド対策として実施することや成功させるポイントやWhatsApp Businessを活用した新しい方法を紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

海外顧客からの問い合わせアップにWhatsApp

インバウンド対策とは?

Webから獲得するイメージ

インバウンド対策とは、日本に訪れる外国人観光客を増やすことを目的として、観光地や商業地域、企業などが行う対策のことです。

今後、外国人観光客の増加は、日本経済に大きな影響を与えることが期待されていますが、「来てよかった」「また来たい」と思ってもらえるよう訪日外国人に対する受け入れ準備を整えておくことが大切です。

受け入れるだけでなく、訪日外国人をリピート集客するための施策も見据えたインバウンド対策も合わせて必要となるでしょう。

インバウンド対策で実施するべき5つこと

インバウンド集客で、より多くの外国人観光客を誘致し、彼らがより充実した旅行体験をすることで、地域経済の発展や国内産業の振興につながることが期待されます。以下5つの実施すべき項目を挙げています。

1.認知拡大をする(知ってもらう)

​​まずは、外国人観光客にその企業や商品、サービスが存在することを知ってもらうための認知拡大の施策が必要です。

具体的には、外国語でのWebサイトやSNSの開設、外国人向けの広告宣伝、ロゴやパッケージの多言語対応などが挙げられます。

また、日本の文化や観光地を紹介するイベントの開催や、外国人観光客が集まりやすい場所でのキャンペーンの実施も有効な手段です。

2.集客をする(訪れてもらう)

集客は、認知拡大に続く重要なステップです。外国人観光客が来店するためには、彼らにとって魅力的な価値提供が必要です。

外国人観光客が好む商品やサービス、また地域の文化や風習を取り入れたプランを提供することが有効です。

また、多言語対応のスタッフの配置や、多様な支払い方法の提供など、利便性を高める施策も集客につながります。

3.回遊性の向上をする(リピートしてもらう)

一度来店した外国人観光客に、リピーターとして再度来店してもらうことができれば、より長期的なビジネス展開が期待できます。そのため、回遊性の向上を目指すことが重要です。

例えば、外国人観光客にとって魅力的なイベントや体験プランを提供することで、再来店の機会を増やすことができます。また、サービス向上のためのフィードバックやアンケートを取り入れることも効果的です。

外国人の回遊性を向上させるためにも、リピートにつながる仕組みを日々検討することは大切でしょう。

4.利便性の向上をする(利用してもらう)

外国人観光客にとって、訪問先での利便性は非常に重要な要素の一つです。そのため、訪問先でのストレスや不安を取り除く施策を行うことが重要です。

例えば、多言語対応の案内板やWi-Fi環境の整備、外国人観光客向けのトイレなど、利便性を向上させる施策が求められます。

また、外国人観光客にとっての必需品となるSIMカードやWi-Fiルーターなどのレンタルサービスを提供することも利便性向上につながるでしょう。

5.言語対応をする(わかってもらう)

外国人観光客にとって、旅行先の情報を入手することは非常に重要です。そのため、企業は外国人観光客が情報を理解しやすい環境を整える必要があります。まずは、英語や多言語での情報提供を行うことが大切です。

具体的には、ウェブサイトの多言語化やSNSでの情報発信、パンフレットの多言語化などが挙げられます。

訪日外国人観光客の多くは、事前に情報収集を行い、旅行プランを練っているため、情報発信の環境を整えることが、外国人観光客の満足度向上につながります。

インバウンド対策を成功させるポイント

インバウンド対策には多くのメリットがありますが、ただ対策するだけでは効果が限られてしまいます。インバウンド集客の効果を最大限にするための成功のポイントを確認していきましょう。

外国人観光客目線でマーケティングリサーチを行う

日本の文化やサービス、商品に関心を持つ外国人観光客は、自国とは異なる文化や習慣に触れることで、より充実した旅行体験を求めています。

企業が外国人観光客目線でマーケティングリサーチを行い、彼らのニーズや欲求、課題を把握することが重要です。

例えば、外国人観光客にとって重要な観光スポットやアクティビティ、宿泊施設の条件、飲食店での食事の提供方法やメニュー内容、日本語以外の言語での対応などを調査することが求められます。

つまり、どれだけ外国人視点でのマーケティングリサーチができるかが成功のポイントなります。

外国人観光客に受けるポイントや魅力を把握する

日本には多様な魅力がありますが、外国人観光客に受けるポイントや魅力は異なる場合があります。

例えば、日本の伝統文化や美食、アニメや漫画、テクノロジー、自然や温泉など、外国人観光客にとって特に魅力的なものを企業が把握し、それらに合わせたサービスや商品を提供することが重要です。

また、外国人観光客にとっては安心・安全な旅行環境が求められることもあり、その点に配慮したサービスや商品を提供することも重要です。

Webコンテンツで魅力や安心・安全を正確に伝える

外国人観光客は、インターネットを活用して旅行の情報収集を行うことが多いため、Webコンテンツを活用した情報発信が重要です。

企業が提供するWebサイトやSNSなどのコンテンツで、日本の魅力や特徴を正確に伝え、また安心・安全な旅行環境についても詳細に情報を提供することが求められます。

例えば、宿泊施設の予約ページで、外国人向けの詳しい情報や英語対応を行うことで、利便性を向上させることができます。

大切なのは外国人観光客の目線に立つこと

これまで挙げてきたインバウンド対策を成功するポイントの共通する点は、外国人観光客の目線に立って、彼らが望んでいること、ほしい情報などををきちんと把握することです。

私たち日本人の目線では気づかない意外な事実が実はインバウンド対策では重要だったりすることも珍しくありません。

例えば、日本人が当たり前に利用しているLINEも海外ではあまり利用されていません。海外で最も利用されているコミュニケーションアプリはWhatsAppというアプリです。

日本ではあまり知られていないのですが、外国ユーザーはこのWhatsAppを利用して店舗や企業とやり取りをしたり、予約や申し込みをすることが主流になってきています。

問い合わせフォームやメール、電話よりも問い合わせや申し込みツールとして利用されているのです。

外国人観光客が好むWhatsAppでのコミュニケーション

text-media-test2


WhatsAppは180カ国以上で20億を超える人たちに使用されているツールです。

「WhatsApp」では「スマホの連絡先」に登録されている人がそのまま「友だち」となり、やり取りすることができます。

LINEやFacebook Messangerのように、お友達になったり承認し合ったりする必要がなく、携帯番号を交換していればメッセージを送り合えます。

そして上述したように、企業や店舗への問い合わせもWhatsAppで行ってます。

多くの外国人観光客が自国で問い合わせをしている方法で日本でも問い合わせができると利便性や回遊性が向上し、集客アップにつながります。外国人観光客の問い合わせツールにWhatsAppを利用してみましょう。

店舗・企業はWhatsApp Businessの公式アカウントを開設

企業や店舗でで利用する場合は個人利用のWhatsAppではなく、WhatsAppの企業向けツール「WhatsaApp Business(ワッツアップビジネス)アカウントを開設する必要があります。

開設する場合にはCM.comのようにメタ社と契約をしている公式パートナー経由で申請手続きが必要となるので、利用を検討企業担当者は当社にお問い合わせください。

企業で利用する方法

弊社でお申し込みをしていただくといずれかの利用方法をお選びいただけます。

1:弊社のWeb管理画面から海外顧客のWhatsAppに返信・一斉送信

2:API連携し、自社システムから返信・一斉送信

1.2ではそれぞれ異なった料金形態での利用料が発生いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

WhatsAppを利用したインバウンド対策

海外ではWhatsAppは問い合わせフォームや、申し込みフォーム、メールなどと同じ用途で企業と顧客とのコミュニケーションで利用されています。同じような利用方法を日本企業や店舗が行うにはどうしたら良いでしょうか。

顧客が企業や店舗のWhatsAppアカウントにアクセスをして申し込みや問い合わせなど行います。そのため接点を作ることが不可欠です。

Webサイトに設置

Webサイト上にWhatsApp Businessのリンクを設置することで、企業アカウントに問い合わせることができます。

配置する場合は、ページの目立つ場所やサイト右下などにWhatsAppボタンを設置し、どこから連絡できるかをわかりやすくしましょう。

問い合わせページ内に設置

WhatsAppから問い合わせが可能であることに気づいてもらうためには、会社の問い合わせページに設置するのも1つです。

顧客が連絡を取るための最適な方法を探している場合、クリックしてチャットを開始できるエントリーポイントを配置するための第一のスポットとなります。

問い合わせページに設置することで、顧客はWhatsAppを経由しての問い合わせや申し込みが簡単となるでしょう。

製品ページやブログに設置

問い合わせページだけでなく、サービスページにWhatsAppへのリンクボタン設置することで、スムーズに問い合わせることができます。これにより、あなたのブランドの良いイメージを維持することができます。

SNS内に設置

Twitter、Instagram、Facebookなどの各種SNS(ソーシャルメディア)にプロフィール欄や投稿にWhatsAppのURLを設定することはおすすめの方法です。

例えば、Instagramで発信している日本の観光情報の投稿やストーリーにWhatsAppのリンクを追加します。

投稿に興味をもあった顧客がリンクをクリックすることで、WhatsAppでの会話を開始できるようになり、ツアーや体験会の申し込み、新規顧客の獲得に繋げます。

インバウンド対策にWhatsApp Businessの開設するならCM.com

インバウンド対策について、いかがでしたでしょうか?

外国人の目線に立って、彼らが利用しているWhatsAppを問い合わせや申し込み窓口にすることで、効果的なインバウンド対策が実現できます。

今後はインバウンドの需要が回復傾向にある日本で国内で、スムーズに顧客獲得を実現したい方はCM.comにご相談ください。

CM.comが提供する法人向けサービス「WhatsApp Business」で顧客からの問い合わせや申し込みの対応だけでなく、プロモーションメッセージの送信も可能です。インバウンドマーケティングに欠かせないツールとして、ぜひご活用ください。

訪日外国人や海外顧客からの問い合わせアップにMSCを利用しませんか?

この記事を共有する
タグ一覧
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

whatsapp-business-platform-conversation-categories
Jan 24, 2024 • WhatsApp

インバウンド集客を行うメリット・デメリットは?訪日外国人集客に欠かせないツールを紹介

多くの企業が注目しているインバウンドマーケット。外国人観光客が増加することで、日本は地方活性化や高い経済効果といったメリットが期待できるため、政府も積極的にインバウンド対策を打ち出しています。そこで今回は、インバウンドが注目される背景、インバウンドマーケティングを行うメリットや懸念点から、コミュニケーションに有効なツールをご紹介します。

introducing-payments-on-whatsapp
Jan 23, 2024 • WhatsApp

WhatsApp Businessとは?法人利用の特徴や使い方を紹介

世界で最も多いユーザー数を持つチャットアプリ、WhatsApp(ワッツアップ)の法人アカウント、WhatsApp Business(ワッツアップビジネス)をご存知でしょうか。企業が利用することで海外の顧客からの問い合わせ対応やカスタマサポート、インバウンド集客など様々な多様な目的で活用でき、売上や顧客満足度向上を見込めます。 この記事では、WhatsApp Businessとは何かをはじめ、使い方や問い合わせを増やす方法をご紹介します。

whatsapp-api
Jan 11, 2024 • WhatsApp

訪日外国人観光客を増やすには?集客で活用できるインバウンド施策10選

訪日外国人観光客を増やす方法はないかな?新型コロナウイルス感染症拡大防止対策による入国制限が緩和され、訪日外国人が増加しています。実際に、外国人観光客を増やす集客施策で何から始めるべきか悩んでいる方もいるでしょう。そこで今回は、外国人観光客を増やすための集客方法や具体的なインバウンド施策などをご紹介します。

Sending International SMS - Country-Specific Rules
Dec 16, 2023 • SMS

海外ユーザーへの海外SMS認証と導入が難しい場合のWhatsApp Businessの利用

アプリやモバイルサービスにセキュリティのためにSMS認証を実装しようとしている企業は多いでしょう。パスワードが記載されているSMSをユーザーの携帯端末で受信をし、パスワードを入力してアプリやサービスにログインをする、SMS認証のニーズは国内向け同様に海外向けサービス提供者にもあります。 海外携帯電話に対して行うSMS認証を実装したい場合、どのような手続きで行うのでしょうか。また、SMS認証の実装が難しい場合、代替手段となるWhatsApp Businessを紹介します。

whatsapp business platform entry points
Dec 13, 2023 • WhatsApp

海外顧客の問い合わせを増やす方法は?WhatsApp Businessで効果的に獲得する方法

海外ではWhatsApp Businessは顧客エンゲージメントが70%以上も誇り、顧客を獲得するための集客手段として知られています。 しかし、日本ではWhatsAppの活用方法を知らない方は多いのではないでしょうか?この記事では、WhatsApp Businessを活用した問い合わせ獲得方法やその後の対応の流れなどを紹介します。

WhatsApp business blog with chatbot helping a lady
Nov 14, 2023 • WhatsApp

ホテル・ツアー業者が訪日外国人と連絡を取るための最適な方法

新型コロナの影響により減少した訪日外国人観光客も次第に回復し、多くの外国人が日本の観光地やホテル滞在、ツアーへ申し込みが増えてきています。 そんな中、空港からのお出迎えからホテルへのチェックイン、ツアーへの申し込み対応から当日のサポートなど、さまざまな場面でコミュニケーションが求められております。 そこで今回は企業側として外国人観光客にできる最適な連絡手段であるWhatsApp Businessを紹介します。

whatsapp-business-blog_image-conversational-commerce
Nov 12, 2023 • WhatsApp

WhatsAppとは?WhatsApp Businessとの違いや種類、導入前に知るべき用語を解説

海外のお客様やユーザーとコミュニケーションをとるツールとして近年注目されているのがWhatsAppビジネスです。このブログではWhatsApp Businessを含むWhatsAppについての説明と種類、利用する際に知っておいた方が良い用語を解説しています。

Aplicación de WhatsApp Business Platform para eCommerce
Sep 10, 2023 • WhatsApp

外国人人材紹介・派遣会社必見! インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、欧州、中東など外国人の決定率を上げる方法

外国人人材の採用はビジネス成功の大きな要因となり得ます。特に、インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、ヨーロッパ、中東などの地域から才能を採用することで、企業はグローバルな視点と多様なスキルセットを得ることが可能です。 そこで本記事では、外国人人材紹介・派遣会社を運営する方々向けに、外国籍人材と効果的にコミュニケーションを取り決定率を上げる方法を紹介します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon