前のアイコン 記事一覧へ
Jan 27, 2023
2 minutes read

DM集客は成果が出ない?効果アップのポイントや注意点について解説

Webマーケティングが主流になり、DMもメールで送る企業が増えていると思います。 しかし、メルマガやWeb広告が増えているからこそ、紙のDM(ダイレクトメール)が特別感のあるものとして強い効果を生むこともあります。 そこで今回は、紙のDMのメリット・デメリット、効果をあげる方法とDMのデータを活かしたSMS送信サービスをお伝えします。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

DMを活用したSMSマーケティングならCM.com

紙のDM(ダイレクトメール)とは?

DMとはダイレクトメールの略で、顧客へダイレクトに届ける広告を指します。新商品の告知や新規顧客の開拓、集客につなげられる手法です。

インターネットが普及していないときは、「DM」といえば、ポストに投函される郵送物でした。

現在では、FAXやメールも含めて「DM」と総称されますが、この記事では封筒やはがきで送る紙の郵送物をDMと呼びます。



DMをSMSで送信するイメージ

DM(ダイレクトメール)のメリット

DMの集客効果はないのか?と疑う前にDMのメリットを確認していきましょう。

開封してもらえる可能性が高い

一般社団法人日本ダイレクトメール協会が行った「DMメディア実態調査2021」によれば、約80%の人が受け取ったDMを開封し、その内の21%の人がその後、インターネットで調べたり、資料請求をしたり何かしらの行動を起こしています。

一方、メールDMの場合の開封率は約20%、レスポンス率は高くて5%と言われています。紙で送られてくるDMは、「記憶に残りやすい」「特別感がある」とも言われており、メールと比べても効果が高いことがわかります。

基本的に広告は見てもらえなければ反応がありません。開封率が高いダイレクトメールは、キャンペーンやサービスを知ってもらうきっかけを与え、行動喚起を促すツールということがわかります。

Web集客できない層にも送付できる

Webマーケティングやメールマーケティングが主流になりつつあるなか、「メールを使わない」「インターネットを利用しない」という顧客層も一定数存在します。

PCやスマホより、新聞やチラシなどを情報源とするシニア層に紙のダイレクトメールは最適な施策です。

また、増加するメルマガやインターネット広告に辟易しているデジタルネイティブ世代にも、紙のDMは新鮮さを与えられるでしょう。メールと紙のDMを同時に送ることで効果をあげる方法もあります。

顧客に直接強いアピールができる

​​紙のDMは、形状やデザインを工夫することで差別化でき、強いインパクトを与えられます。

メールのように平面上でのデザインだけでなく、立体的に視覚に訴えかけ、思わず手に取りたくなるような仕立てにできる点ではかなりのアドバンテージがあります。

それが、顧客の自宅へ直接届くため、ダイレクトに自社サービス・商品の魅力が伝えられるのです。

DM(ダイレクトメール)のデメリット

DMのメリットを通じて、なぜ効果があるのかを理解していただけたと思います。一方でDMにはデメリットもございますので、それぞれ確認していきましょう。

送り先の住所が必要

紙のDMを送るには、当然送り先の住所が必要です。一度購入履歴のある顧客に送るだけでなく、新規開拓もしたいとなった際、対企業であれば調べることも可能ですが、toCに送る場合、住所リストを入手するのは困難でしょう。

制作にコストと時間がかかる

デザインに工夫ができる反面、紙のダイレクトメールは制作に手間と時間がかかります。

紙質や形状にこだわれば、単価も高くなってしまいます。さらに、印刷費や郵送費も考慮しなければなりません。

無料で使えるチラシ作成用のテンプレートがあるものの、慣れない人材で自作すれば時間がかかる上、高い質はのぞめません。もちろん外注すれば外注費がかかります。

開封率やアクションにつながる可能性は高いものの、費用に見合った効果を上げる必要があります。

DM(ダイレクトメール)の効果を高めるポイント

DMの効果を最大限に高めるためにポイントを抑える必要があります。成果を出すために、どのようなことを意識すれば良いのかを確認していきましょう。

読み手に特別感を抱かせる

紙のDMの強みは「特別感」です。DMは、ターゲット一人ひとりに向けた「手紙」や「ラブレター」だと思って送りましょう。

顧客の個人名を入れたり、手書きの文字を使用したりすると、読み手は親近感をもってくれます。また、「期間限定」や「会員様限定」などの文言も特別感を与えやすく、アクションに繋がりやすくなります。

加えて、最近ではパーソナライズダイレクトメールも送られるようになりました。顧客一人ひとりのニーズや趣味・嗜好に合わせて、コンテンツやタイミングをカスタマイズして送付すると、より特別感が増します。

印刷せずに使えるクーポン券など、「紙のチケット」を同封できるのも紙のDMの強みです。「せっかくだから使わなきゃ」という気持ちを醸成する効果が期待できるでしょう。

関連リンク



効果を測定して分析する

紙のDMも効果を測定できます。効果がいまいちなときは、次のような指標を計算し、原因を分析しましょう。

レスポンス率(反響率)

レスポンス率(反響率)は、送付後、実際に顧客が行動を起こした割合です。行動には、購入や申し込みのほか、問い合わせ、来店、ネットで調べたなども含まれます。

「反応した件数 ÷ ダイレクトメール送付数 ×100」 


CPO

CPOは「Cost Per Order」の略で、受注1件あたりの顧客獲得単価のことです。

投資したコストに対して、どれだけの獲得ができたかを表します。

CPOが低ければ低いほど、コスパよくダイレクトメールを活用できたということになり、逆に高いとコスパが悪いという結果になります。

ダイレクトメールにかかったコスト÷受注件数=CPO


Webサイトのアクセス数

ダイレクトメールからWebサイトに誘導するため、QRコードを掲載するケースも増えています。

QRコードからのアクセス数を見ることで、オフラインからオンラインに誘導する施策は有効なのか、何件お問い合わせが発生したかを数字で確認できます。

顧客リストをこまめに更新する

DMを送付するための顧客リストはこまめに更新しましょう。

引っ越しや会社の倒産などで受け取り拒否や返送されると、コストが無駄になってしまいます。返送されてきた

DMのデータをSMS×LPという方法で活かす

DMをSMS送信サービスで配信するイメージ

「紙のDMを送りたいけど、制作の手間やコストをかけていられない」「顧客の住所がわからない」「メルマガも送っているけど効果がいまいち」という場合は、CM.comのSMS(ショートメッセージ)送信サービスでDMで送った内容を送ることを試してみてはいかがでしょうか。

顧客の電話番号情報さえあれば送ることができ、属性や年代を問わず開封率が高い傾向にあります。

送れる文字情報に限りがありますが、LPを遷移先として用意しておけば、情報量を担保でき、デザインで差別化もできます。

紙のDMと異なり、LPであれば専門的な知識がなくても感覚的に作ることができるサービスやソフトも多くあるため、気軽に試すことが可能です。

DMのデータを活用したSMSマーケティングならCM.com

紙で送るDM(ダイレクトメール)は非常に効果が高く、反応も得られやすい手法です。強いインパクトを与えられる反面、1送付あたりのコストはメールで送るDMより高くなります。

そのため、何度も送るというのは費用対効果が見合わず、SMSなど他のマーケティング手法と合わせて利用するとよいでしょう。

CM.comではDMの画像データを生かすために、SMSとLPで顧客にアプローチする手法を提案しております。このサービスはMobile Marketing Cloudとうマーケティングツールを利用することで実現できます。



MMCを使えば、DMの効果を上げることができる3つのポイント

  1. DMの10分の1以下で費用対効果も高い!

  2. かんたん制作・たった5分でらくらく制作

  3. DMの画像データをそのまま使える



すでにDMとSMS送信サービスを組み合わせたサービス導入事例もあるので、ぜひDMの効果をもっとあげたい、新しい方法を探している企業担当者の方がおりましたら、気軽にお問い合わせくださいませ。

DMの効果を上げるなら、画像データをLPにしてアプローチできるSMS送信サービスの利用を!

この記事を共有する
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

automatizacion-comercio-electronico
Feb 07, 2024 • SMS

セールスフォースのメール配信機能からSMSを送信する方法

セールスフォース(Salesforce)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージ/ショートメール)を配信できたら便利ですよね。 しかし、セールスフォースのプラットフォームからSMSを配信するにはAPI連携かappexchangeの利用で開発の手間がかかります。 CM.comのメール配信機能からSMSを送信できるMail SMSを利用することで、特段な開発を必要とせずにメールと同じ手順でSMSが送信できます。 今回は、セールスフォースを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

customer service team
Jan 30, 2024 • SMS

パソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、サービスの選び方は?

パソコンからSMSは送信できるのか?SMSはスマートフォンやタブレットのみで使用できると思われがちですが、実はパソコンでもSMSを個人宛にメッセージ送信が可能です。本記事ではパソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、選び方を紹介します。

telephone-to-sms
Jan 30, 2024 • SMS

電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客へ電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられず、もどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

conversational ai cloud chatbot tablet
Jan 26, 2024 • SMS

督促にSMS?ショートメールによる代金滞納案内で未払金を回収へ

督促業務や代金回収率、支払いの滞納をなんとかして効率的に行いたい。 クレジットカードや携帯電話の支払い期日を忘れさせないためにも、リマインドメールを送りたいなど様々な悩みがある担当者は多いのではないでしょうか。その他にも請求を促す電話やハガキだと見られていないのではないかと不安もありますよね。 SMS(ショートメッセージサービス)を活用することで、これまで時間をかけて回収してきた未払金や督促案内を効率的かつ、効果的に行うことができるようになります。 今回の記事では、SMSが支払いの督促におすすめの理由、電話・はがき・メールとの違い、SMS督促の成功事例を説明します。

acquisition-chatbots
Jan 14, 2024 • SMS

SMSをURL付きで送信するメリットとデメリットとは?

「SMSをURL付きで送信するメリット・デメリットが知りたい!」 「企業がSMSをURL付きで送信する目的は?」 このようなことが気になっているビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 SMS(ショートメールサービス)は、新たな商品やサービスを紹介したり、販売促進を行ったりする際に活用が可能です。 非常にシンプルなUIで短文をメインに据えたメッセージを送信でき、顧客データを管理しながら、絞り込んだターゲットに対して訴求を行えます。 本記事では、そんなSMSをURL付きで送信するメリットやデメリットなどを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

How To Get Started With Apple Messages For Business
Jan 13, 2024 • マーケティング

DM(ダイレクトメール)とは?メリットや効果的に送る方法を紹介

郵送・DM(ダイレクトメール)は、企業が直接法人・個人へハガキや封書で案内を送付するダイレクトマーケティング手法の一つです。オンラインでのマーケティングが増えているなか、改めて紙媒体であるダイレクトメールに注目が集まっています。そこで本記事では、ダイレクトメールのメリットやデメリット、効果を上げるコツを解説します。

platform update mobile phone
Dec 24, 2023 • SMS

SMSの送信者名はアルファベットがおすすめな理由

SMSの送信者名は電話番号だけでありません。送信者の表示名をアルファベットにするニーズがあり、CM.comが提供するSMS配信サービスを利用することで、認知されやすいメッセージを送ることができます。 SMSは一般的に開封率80%と言われていますが、実はベンダー選定や配信設定を誤ると良い配信結果が得られません。今回はSMS配信の効果を上げるために重要な要素のひとつである「送信者名」の設定について解説します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon