記事一覧へ
SMS

SMSで写真は送れない?iPhoneやAndroidから画像送信できる方法を解説

メールやLINEでは簡単に写真、画像、動画を送れることは広く認知され、多くの方が送り方を知っています。 SMS(ショートメッセージサービス)からは画像が送れない?どうすれば動画やイメージを送るのことができるだろうか悩んでいる人は多いかもしれません。 実際はSMSでも配信方法によっては、視覚的伝わりやすい写真やイメージを添付したリッチコンテンツをショートメッセージと共に送信することができます。 今回の記事ではSMSを活用して写真や画像を送る方法以外にもLINEや+メッセージのようなリッチメッセージを送れる配信サービスを比較表を紹介します。 この記事を読むことで、顧客へどのように効果的な魅力的なオファーをSMSで配信できるかのかを知ることができるでしょう!

SMSで写真や画像が送れない場合は?

一般的にSMSで写真や画像をLINEのように送ることはできません。

しかし、見せ方を変えることで写真や画像をメッセージと合わせて送ることができる方法があります。

まず結論として、個人利用では画像付きのSMSを送信することはできません。

ただSMSの進化版とされる+メッセージ(RCS)を利用することでスタンプ、動画、画像、位置情報など視覚的にわかりやすいリッチコンテンツを送信することができます。

基本的にAndroidユーザーは標準化されておりますが、iPhoneユーザーはアプリをインストールしなければなりません。

ではSMSしか使えない方にはどうすれば送れるのか?SMSは基本的に全角70文字以内のテキストメッセージのみを送信するサービスです。

そのため、SMSでは画像は送れないと諦めている方もいるかもしれません。

しかし、法人向けのショートメッセージサービスを利用することでイメージ画像、動画などのリッチコンテンツが送れるようになります。

今回は企業が個人の携帯へ写真や画像を送る方法についてご紹介します。


関連リンク:SMSが届かない?メッセージが送れていない原因や解決策を知ろう


ショートメールで写真や画像を送ることは簡単

最もシンプルでよく使われる方法はショートメール内にURLを添付し、リンク先で写真や画像など表示することです。

例えば、インターネットで取得できるリンクをメッセージ本文内に貼り、掲載されている見てほしい画像を見てもらいます。

そのため、SMSを送信する担当者は、サーバーに画像をアップロードする方法やウェブサイトを更新する方法を知っていなければなりません。画像がネット上どこにも公開されていない場合はハードルが高い方法です。


ランディングページに内に画像を添付

しかし、SMS配信サービスによっては、簡単に画像をインターネット上に公開し、URLを取得できる機能があります。

CM.comには、モバイル専用のランディングページを作れる「Page(ページ)」という機能があります。写真や画像、動画、テキストをドラッグ・アンド・ドロップで配置して、簡易的なウェブサイトを作れるため、視覚的にメッセージを届けたい方には最適なツールです。

下記は、ページを使って、ブランドの世界観やメッセージで伝えきれなかった情報を記載したランディングページを作成しているデモ動画です。



ドラッグ・アンド・ドロップで簡単に作れます。ウェブ制作の知識やコーディングの知識は一切不要です。


関連リンクパーソナライズド広告とは?求められる理由や事例を紹介

SMSで写真や画像を送るメリット

続いて、SMSで写真や画像を送るメリットについて見ていきましょう。

SMSで配信するメリットをよく理解してショートメッセージをおくることで、これまできなかったアプローチができる可能性もあります。

メリットをきちんと理解した上でSMSで写真や画像を配信することで、ショートメッセージの効果を最大限に活かせるでしょう。


到達率・開封率が高い

まずSMSは到達率は90%、開封率は80%以上と言われているため、企業が個人へ適切なアプローチとして考えられます。

確実に情報が届くため、目的に沿ったメッセージや顧客が求める情報をおくることができれば、効果の高いショートメールになる可能性があります。


関連リンク:SMSとは何か?ショートメッセージの基本を知り、ビジネスで活用を


SMS本文にURL挿入でアクセスしやすい

個人でSMSを送る場合は+メッセージを利用しない限り、写真や画像を送ることができません。

しかし、本文にURLを添付するなど工夫を凝らすことで顧客に魅力的なメッセージを届けることができます。

それ以外にも+メッセージやiMessageなど別のアプリケーションを利用したりすることで視覚的に訴えやすいものを送ることができます。


反応しやすく、視覚的にわかりやすい

写真や画像を送るメリットとして、文字だけでは伝えきれない視覚的な情報を確実に届けられます。

例えば、商品の色や形、サイズ感は文字だけではなく写真があった方がイメージしやすいでしょう。また、画像や写真があると、会社やブランドの世界観を表現できます。

商品・サービスの世界観やブランドイメージを動画や画像などで伝えることで、テキスト以外の魅力を顧客に伝えることができるでしょう。


サービス体験の向上

顧客に有益で利便性の高いリッチコンテンツ送ることで、結果的にブランドイメージアップやユーザビリティ向上にもつながります。

顧客ニーズに応える情報を提供することで、今後の売上やサービスの継続利用に影響を与えます。顧客の興味・関心に寄り添ったメッセージを届けることで顧客と良好な関係を築くことができるでしょう。



pages phones


+メッセージを利用する場合

SMSの進化版+メッセージ(プラスメッセージ)を利用すれば、写真や画像などのリッチコンテンツを送れます。+メッセージはNTTドコモ(docomo)、KDDI(au)、ソフトバンク(softbank)の大手通信会社が共同で提供しているサービスで、携帯番号宛にコミュニケーションメッセージを送れるサービスです。

従来のSMSのように携帯番号宛てにメッセージを送れる点に加え、写真や画像、動画、位置情報、PDFファイル、スタンプなど様々な情報が送れます。

LINEと機能が似ていますが、最大の違いは、エンドユーザーがアカウント登録なしでプラスメッセージを利用できる点です。プラスメッセージのアプリをスマホにインストールすれば、ログインなしですぐに使えます。

関連リンク:プラスメッセージとは?特徴や法人アカウントの利用や活用例を紹介


メッセージ配信サービスの比較表

sms japan

SMSで写真や画像を送るデメリット

SMSで写真や画像を送ると、クリック率が低下する可能性があります。SMSに画像を添付するためにはいくつかの方法がありますが、「URLを設置しておき、その先に画像を置く」のが簡単です。

 

つまり、ショートメールの本文内にURLの文字列を入れることになるのですが、多くの人は「よくわからないリンクをクリックしたくない」と感じます。ただし、企業側が発信元を明記しており、文字列が適正(〇〇企業.comといったような形式)だと認識されれば、クリックしてもらえる可能性はあるでしょう。

 

しかし、ここでもうひとつ問題となるのが文字数の制限です。ショートメールには文字数の制限があるため、配信担当者は長いURLの文字列を貼ることを避けたいと考えます。解決策として「短縮URL」を用いることが多くなるのですが、この場合リンク先の情報がまったくわからなくなります。

 

インターネットを通じた詐欺が年々増加しているので、消費者心理として不明なURLのクリックは避ける可能性が高いです。このような背景から、画像をURLとして送るとCV率が下がり、離脱に繋がってしまう可能性が考えられます。


iPhone端末で画像を送る方法は?

iPhoneの端末からSMSを通して画像を送る方法を紹介します。前提として、送信・受信ともにiPhoneの端末であることが条件です。

 

以下の2項目に分けて解説します。


  • iMessageを利用する
  • iMessageの利用手順

 

それぞれを詳しく見ていきましょう。


iMessageを利用する

iPhone同士だけが使える独自のショートメッセージ機能のことを「iMessage(アイメッセージ)」と呼びます。この機能では、テキストのほかに写真や画像、動画をiPhoneやiPadなどのApple端末同士でやりとりできます。


iMessageの利用手順

iMessageを利用するための手続きは不要で、iPhoneの端末を利用していれば初期設定で利用可能になっています。もしiMessageを受信したくない場合は、[設定]を開き[iMessage]のタブを選択してオフにすることも可能です。

 

iPhoneで利用可能なショートメールには、実は3つの種類があります。

 

  • iMessage
  • MMS
  • SMS


※それぞれの詳細については後述します。

 

iPhone同士の場合は自動的にiMessageとして送信され、それ以外の場合は相手先の端末に応じて変換される仕組みです。送信時に何らかの設定を行う必要はなく、どの端末であっても同じ手順で送信すれば問題ありません。

 

iMessageの特長として、顔認識システムと連動した「アニ文字」や「ミー文字」というオリジナルのスタンプが利用できます。これらは、相手先がiPhoneでないと送信できないので注意してください。


Android端末で画像を送る方法は?

Androidのスマホから画像や動画を送る際には、「ハングアウト」の利用が便利です。ハングアウトのメリットは、iPhone・Androidどちらの端末でも利用できる点です。

 

iPhone同士しか利用できないiMessageに比べて利用範囲が広いので、ショートメールをよく利用する人は使い方を把握しておくとよいでしょう。

 

以下の2項目に分けて解説します。


  • ハングアウトを利用する
  • ハングアウトの利用手順


それぞれを詳しく見ていきましょう。


ハングアウトを利用する

ハングアウトとは、Googleが提供しているメッセージアプリ機能のことです。テキスト・画像・動画・音声などがハングアウトを通して送信できます。そのほかにビデオ通話も可能なため、ZoomやLINEのようなコミュニケーションツールとしても利用できます。

 

ハングアウトの大きな特徴は、複数のアカウントを所持できる点です。端末の電話番号に紐づけられるLINEとは異なり、メールアドレスで使い分けができるので、仕事とプライベートを区別できます。


ハングアウトの利用手順

ハングアウトを利用するためには、アプリのダウンロードが必要です。「Google Play」や「App Store」などのストアにアクセスして、『ハングアウト』と検索してみてください。ハングアウトの利用料はすべて無料で、誰でも使用可能です(ただし、ハングアウトを通して固定電話に架電した場合は電話料金が発生します)。

 

ハングアウトからショートメッセージを送る方法は、SMSの利用時と変わりません。相手のGmaiアドレスを、アプリの宛先欄に直接入力すれば送信可能です。端末の連絡先と同期している場合は、自動的に登録している名前が表示されます。

 

アニメーションステッカーと呼ばれるスタンプが100種類以上あり、気軽にコミュニケーションを取れる工夫がされています。スマホやパソコンからも利用でき、使用端末の制限もないため非常に使いやすいサービスといえるでしょう。


iPhoneやAndroid端末で画像を送る方法は?

また、プラスメッセージの他にiPhoneのメッセージサービスiMessage(アイメッセージ)を使っても写真や画像が送れます。

プラスメッセージはアプリをダウンロードすれば、iPhone(アイフォン)でもAndroid(アンドロイド)でも使えますが、iMessageはiPhone限定のサービスです。


MMS(キャリアメール)

MMSとは、携帯電話のキャリア各社が提供しているメッセージのことです。「マルチメディアメッセージングサービス」の頭文字をとって、MMSと呼ばれています。SMS(ショートメッセージサービス)とよく似たアルファベットなので、混同してしまう人も多くいらっしゃいますが、それぞれ別の機能です。

 

具体的には、ソフトバンクとauが提供しているサービスとなっており、「格安スマホ」のキャリアでは利用できません。またNTTドコモもMMSには対応しておらず、エラーメッセージが出てしまうケースがよくあるので注意してください。

 

送信の手順はSMSとあまり変わりませんが、MMSの場合は画像や動画が送れる点と、メッセージに件名を付けられる点が特徴です。特にビジネスで利用する際は、件名があるとわかりやすいので便利な機能です。


+メッセージ・RCS

+メッセージ(プラスメッセージ)またはRCSとは、SMSやMMSとは異なる新しいメッセージングアプリです。+メッセージの特徴は、LINEと同じように写真や動画が送れる点と、送信可能な文字数が多いことです。

 

従来のショートメール機能はその名のとおり、短いテキストだけを送る際によく利用されていました。しかし、時代の変化と共にさまざまなニーズが生まれ、メッセージサービスにおいても大容量のテキストや画像送信にも対応できるようになったのです。

 

ドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアで+メッセージが利用できるようになっており、電話番号だけでLINEやメールと同じようなやりとりができます。また、+メッセージは「グループメッセージ」ができる点もメリットのひとつです。


iPhoneならApple Business chat

iMessageを利用して個人間でテキストや画像の送受信はもちろん、Apple Messages for Businessと呼ばれるiMessage専用の法人アカウントもあります。

iMessageはMMS(MMSはマルチメディア・メッセージング・サービスの略称。)と混同されやすいサービスですが別物です。

例えば、@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jpなどといった通信会社独自のドメイン(キャリアメール)でメッセージの送受信を行えるものです。※ドコモはMMS非対応。

一方、iMessageはApple製の端末同士でメッセージのやり取りができるiOS限定のサービスです。iPhone上ではMMSとiMessageのインターフェイスが似ているのため、混同しやすい仕様となっております。

iPhone上でiMessageとMMSを見分ける方法として、吹き出しの色があります。iMessageの場合は青色、MMSの場合は緑色でメッセージが表示されます。iPhoneユーザーがAndroidユーザーにiMessageを送った場合、自動でSMSもしくはMMSに切り替わります。

Apple Messages for BusinessはiMessage上に開設する法人アカウントのため、iPhone、iPadなどiOS端末ユーザーの顧客とやり取りができるメッセージチャネルです。

iPhoneユーザーの多い日本では、今後Apple Messages for Businessの需要も期待できます。写真や画像を送れるだけでなく、iMessage上で商品カタログを表示し、Apple Payで支払いできる機能もあります。

顧客はメッセージ画面とウェブブラウザを行ったり来たりする煩わしさがなく、シームレスな購買体験が得られます。


SMSでの写真の送り方【法人】

法人企業から個人向けにSMSを通じて写真を送る方法を紹介します。またSMSを利用するメリットについても解説します。


  • URLを短縮する
  • WEBサイトに誘導しクリック数を確認
  • 電話からWEBサイトに利用を変える


以下でそれぞれを詳しく見ていきましょう。


URLを短縮する

顧客に見て欲しい商品画像や動画がある場合の伝達方法は、以下のとおりです。

 

(1)自社サイトや専用ページに画像や動画をアップロードする

(2)(1)のURLをSMS本文に添付して顧客に送る

 

直接メッセージアプリ上に画像を添付できない場合は、この方法が有効です。URLが長くなると文章全体が見にくくなるので、短縮URLを利用するとスッキリします。


WEBサイトに誘導しクリック数を確認

URLのアクセス先に商品画像や写真を別のページに配置することで、顧客がどのようにアクションしたかを確認することも可能です。「URLがどのくらいクリックされたのか?」「クリック先のページでどのようにサイトを回遊したのか?」などを、社内でしっかりと検証しましょう。


電話からWEBサイトに利用を変える

SMSをうまく利用すれば、人件費の削減に繋がります。SMSを利用して自動返信をしたり、リマインド送信をしたりすることで、これまで電話で対応していた問い合わせを自動化できます。

 

電話対応の人員を減らせるので、人件費の節約と業務効率化が実現できるでしょう。

SMSで写真や画像を送れないを解決してメッセージを届けよう!

SMSで写真や画像は送れない?と困っていた方や送信方法を探していた人は解決しましたでしょうか。

個人利用ではSMSで写真を送ることはできませんが、法人利用としてCM.comを利用することで、テキストと合わせて画像や動画を送ることができます。

CM.comでは、ショートメッセージ専用のランディングページ作成機能がついたSMS配信サービスだけでなくAndroidとiPhone両方で使える+メッセージ、iOS限定のiMessageの法人アカウントを提供しています。

SMSで写真が送れずに悩んでいる方は、どうぞお気軽に以下のお問い合わせボタンからご連絡ください。資料や詳しい料金についてご案内します。

今すぐSMS配信サービスを使ってみる

問い合わせ 今すぐSMSを利用する

今すぐSMS配信サービスを使ってみる

問い合わせ 今すぐSMSを利用する
connects tens of thousands of companies with millions of consumers via their mobile phone each day. Behind the scenes, from our innovative platform, CM makes sure companies can use these millions of messages, phone calls and payments to become part of people’s lives.

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web