前のアイコン 記事一覧へ
Jan 11, 2024
1分間で読了できます。

集客に効果的なメルマガ運用のポイント

メルマガはオンライン集客を考えた際にもっともはじめに思いつくマーケティング手段ではないでしょうか。しかし、多くのメルマガが多数の企業から日々配信されている今、メルマガで効果をあげるには容易ではありません。そこで今回は、集客につながるメルマガの基本的なポイントをご紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

集客に使えるメルマガとは

HTMLメール作成画面

メルマガ(メールマガジン)とは、定期的に複数の読者に対して定期的に一斉配信するメールのことです。配信には、一般的にメール配信システムを利用します。

SNSによる集客と比較するとメルマガによる集客は、文字数制限がなく、一つの商品について詳しく丁寧な説明ができます。

商品やサービスなどの告知情報を継続的かつ定期的に送付するために使われるため、効果の高いメールマーケティング手法です。新規顧客の獲得だけでなく、リピート購入にも活用できます。



集客に繋がるメルマガ運用のポイント

集客につながるメルマガ運用のポイントを確認していきましょう。


件名に開封したくなるタイトルを設定する

メルマガはまず開いてもらわなければ意味がありません。メルマガを開封してもらうには、顧客が魅力を感じるタイトルや件名を設定することが大切です。

魅力を感じる件名がすぐに思い浮かばなければ、「ゴミ箱」に入れられない件名から考えてみるのも手です。自身が迷惑メールを識別する時に、どんなところに注目するのかを思い出してみましょう。

会員限定のセールやクーポン情報を記載するのが通例ですが、本屋で思わず手に取りたくなるような本のタイトルなどから考えてみてもよいでしょう。業種や企画、販売する商品やサービスによって設定すべきタイトルや件名は異なりますが、複数の候補を挙げて社内アンケートを実施したり、ABテストを繰り返したりすると、より効果が高い件名がみつかります。

また、件名と同様、開封率を左右するのは「差出人」です。個人名などスパムを疑われるような差出人名ではなく、どこから送られてきたメールなのかひと目でわかる差出人名に設定しておきましょう。

プレビューテキストを設定する

プレビュー テキストを自分で挿入しない場合、メールを受信した顧客の目には、メール本文の最初の行、画像のALTテキストなどが表示されます。そのため、プレビュー テキストは多くの場合「X 様、…」のようになりがちです。

プレビューテキストは受信ボックスで表示される可能性がある文章のため、件名に加えて時間を費やして設定することで開封率が向上し、受信者とのエンゲージメントが高まります。

ストーリーがある読者視点の内容に

ストーリーのあるコンテンツは読者に刺さりやすいので、読者に寄り添った内容でメルマガを作成していきましょう。では読者視点とはどんなことなのかを以下から確認ください。

読者に寄り添った内容

メルマガの基本は、読者に有益な情報を提供することです。単純に自社のサービス・商品の紹介をするだけのメルマガでは、一定のファンしか喜ばせることはできません。たとえ、お得なセール情報であっても自社の商品の話ばかりでは押し売りになってしまいます。

最終的な目的は商品やサービスの購入・申し込みですが、まずは読者の興味や悩みに添うことで読者との距離を縮め、信頼を獲得することで最後まで読んでもらえるメルマガになります。

また、自社の商品に関する話ばかりではネタも尽きてしまうでしょう。自社のサービスの情報と社会のトレンドを上手に絡ませることがポイントです。

社会トレンドや業界のトレンドに対して常にアンテナをたてておきましょう。また、競合となるサービスや企業のメルマガを購読し、他社がどんな情報を提供しているか確認することも大切です。

読者の読みやすさ

提供する内容に加え、サクサクと読める読みやすさも重要です。メルマガは、移動の電車のなかでスマホで読む、仕事の合間に読む、就寝前のベッドの中でスマホで読む、といったもののイメージをもちましょう。

HTML形式であれば画像を入れたり装飾を入れたりデザインに工夫もできます。ただし、メルマガの基本は「文章」です。リズムよくテンポよく読み進められる構成、そして読者に合わせたトンマナを意識しましょう。

次のアクションへの動線を作る

読者に役立つ情報を提供することは大切ですが、最終的には自社が求めるアクションにつなげなければ意味がありません。読者からしても「何を伝えたかったのだろう?」と疑問が残る内容になってしまいます。

自社HPや商品紹介ページ、申し込みフォームへのリンクなど、次のアクション動線は分かりやすく設置しておきましょう。もちろん、アクションへのつなぎが突飛なものとならないよう、スムーズなストーリー設計が大切です。

配信:最適な配信頻度とスケジュールを見極める

メルマガの配信時間を工夫することで開封率アップにつながります。読者は日々多くのメールを受信しています。配信時間によっては、その他多くのメールに埋もれてしまうでしょう。

一般的に、メルマガは平日の火曜日から金曜日、そして12時台と22時台の開封率が高いと言われています。なぜなら、月曜日は週明けで忙しく、土日は休日なのでメールそのものを見ない人が多いからです。また、12時台は昼休み、22時台は寝る前の自分の時間になるのでメルマガをチェックする時間的な余裕があることから開封率が高くなる傾向があります。

ただし、それもメルマガの内容やターゲットによって異なります。例えば、定年退職などによって現役引退したようなシニア層へ配信する場合は、早朝から午前中の配信がベストです。反対に夜間は、早々に寝てしまう人も多いため避けるべきです。

配信頻度に関しても注意や工夫が必要です。読者が購読停止を希望するもっとも大きな理由の一つは、「配信頻度が多すぎる」です。配信頻度が多すぎると開封してもらえないだけでなく、登録解除をされるリスクもあるのです。

ターゲットやボリュームにもよりますが、週に1件くらいの頻度のメルマガ配信が理想でしょう。配信時間、配信頻度は自社が配信するメルマガのターゲットの生活をイメージし、最も読まれやすいタイミングを見つけていきましょう。

検証:継続的に配信し、効果測定する

メルマガのメリットは、効果を検証できることです。上記であげた、最適な件名、内容、配信時間・頻度は、商品・サービスによって異なります。そのため、一般的な例は参考にするものの、最終的には検証を繰り返さなければ、「自社にとって効果的なメルマガ」には到達できません。

メルマガの開封率やクリック率は、メール配信サービスに付随している効果測定ツールで測定できます。また、Googleが提供している「Googleアナリティクス」を使用することでも無料で分析できます。

メルマガ集客の効果に悩んだら

メルマガでの集客はマーケティングのひとつの手法でしかありません。効果に悩んだら他の手段を検討してみるのもひとつの方法です。

ステップメールを活用してみる

ステップメールとは、ある時点(資料請求日、申し込み日、初回購入日など)を起点として、あらかじめ準備していた複数のメールを、スケジュールに沿って順番にシナリオ通り配信していくマーケティング手法です。

ステップメールがメルマガと異なるのは、読者の登録時期に関わらず、必ず全員が1通目から受け取れるという点です。メルマガは希望すれば過去の配信分を読める場合もありますが、大抵は登録のタイミング以降のメルマガしか読めません。

そのため、「知っていればお得だが、知らなくても困らない情報」についてはメルマガで対応できますが、「知らないとユーザーが困るような情報」についてはステップメールを使うと効果的です。

SMSとLPを組み合わせてみる

SMS(ショートメッセージ)は携帯番号あてに送るメッセージで開封率(到達率)は80%前後と言われています。携帯電話番号はメールアドレスと異なり、頻繁に変更できるものではなく、「登録されたアドレスが間違っていた」「古いアドレスで登録された」といったことがないためです。

SMSは文字数制限のあるメッセージですので、複雑な文面を考える必要がありません。詳細はSMSに記載したLP(ランディングページ)に遷移させて伝えればよいのです。

LPの作成には便利なツールが多数提供されており、専門的な知識がなくても感覚的に作成できます。メルマガの内容作成に時間がかかっている方にもおすすめです。

メルマガ集客を最大化するならCM.com

メルマガで集客効果を高めるポイントはシンプルですが、効果を実感できるようになるまでには、多くの検証が必要です。メルマガはひとつの手段に過ぎません。目的を果たすためには、手法に固執せず色々な方法を試してみましょう。

メルマガで集客効果を高めたいならCM.comのサービスを利用を!

この記事を共有する
タグ一覧
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

ecommerce peak moments with data
Jan 10, 2024 • Eメール

メルマガが届かない?原因とキャリアブロック対策

せっかく時間をかけてメルマガを作成したのに届かない、そんな課題に直面する企業も少なくないでしょう。宛先ミスや容量オーバーだけでなく、キャリアブロックを受けている可能性もあります。そこで今回は、迷惑メールとしてブロックされやすいメールやIPアドレスの特徴や、メルマガを届けるために行うべきことをご紹介します。

WhatsApp business blog with chatbot helping a lady
Nov 14, 2023 • WhatsApp

ホテル・ツアー業者が訪日外国人と連絡を取るための最適な方法

新型コロナの影響により減少した訪日外国人観光客も次第に回復し、多くの外国人が日本の観光地やホテル滞在、ツアーへ申し込みが増えてきています。 そんな中、空港からのお出迎えからホテルへのチェックイン、ツアーへの申し込み対応から当日のサポートなど、さまざまな場面でコミュニケーションが求められております。 そこで今回は企業側として外国人観光客にできる最適な連絡手段であるWhatsApp Businessを紹介します。

Helpdesk Automation
Nov 13, 2023 • Mobile Marketing Cloud

ランディングページとは?集客できるLP制作のポイントを紹介

商品やサービスごとのランディングページを活用している企業は多いかと思います。しかし、どんなにすぐれたデザインのランディングページを作成しても、ターゲットとする顧客に見てもらなければ意味がありません。 ランディングページのコンバージョンを高めるのに重要なのは、流入経路です。そこで、今回はLPの作成方法をご紹介します。

RCS vs. SMS Messaging
May 17, 2023 • SMS

GmailからSMSを送信したら超簡単だった【事例付き】

GmailからSMSを送れないかな。到達率・開封率が高いショートメールを自社でも使ってみたいと思っても、実際のところ、「ツールの使い方を新たにキャッチアップするのがちょっと面倒…」「他にもCRMツールを色々使っているし、これ以上ID/パスワードを社内で浸透させるのも地味に大変...」と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。 本記事ではMailSMSを利用し。GmailからSMSを送信する方法を紹介します。

open-rate-mobile-marketing
Apr 24, 2023 • Eメール

メルマガの開封率アップに効果が期待できる方法とは?

メルマガは、商品・サービスの認知度の向上や販売促進などに効果が期待できる施策です。 しかし、近年では若年層を中心とした「メール離れ」が進んでいることもあり「開封率や効果が低いのでは?」と思われている方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、メルマガの開封率の測定方法や、開封率のアップに有効な方法を紹介します。 費用対効果に優れるマーケティング手法を実施したいとお考えのご担当者様は、最後までご覧ください。

Telco infographic blog calling lady customer journey
Apr 11, 2023 • Eメール

ダイレクトメール広告とは?効果を上げるための方法を紹介

ダイレクトメール(DM)広告は、商品の販促や見込み顧客の育成などを目的に、多くの企業で採用されています。 施策を成功させるには、戦略を立てて効果的なプロモーションを図りたいところです。 今回は、ダイレクトメール広告の概要や、施策のメリット・デメリット、効果を上げるための方法を紹介します。 ダイレクトメール広告を活用して、売り上げアップや顧客との関係構築を目指しているご担当者様は、ぜひ最後までご覧ください。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon