記事一覧へ
マーケティング

リターゲティング広告とは?仕組みや活用ポイントを抑えよう

リターゲティング広告は一度Webサイトに訪問したことがある見込みユーザーに対してピンポイントでアプローチできる広告手法です。 CV率や費用対効果の高さから広く活用されています。改めてその仕組みやメリット・デメリット、活用方法をご紹介します。

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、Webサイトに一度訪れたことのあるユーザーに対して再アプローチする広告のことです。

Yahoo!であれば「サイトリターゲティング」、Googleであれば「リマーケティング」というように名称が変わりますが仕組みは同じです。

広告の出稿にかかる費用は、「クリックされた回数(クリック課金)」や「広告が表示された回数(インプレッション課金)」によって決まり、1日あたりの上限費用をあらかじめ設定することができます。


リターゲティング広告の仕組み

リターゲティング広告には、WebサイトのCookie(クッキー)という仕組みを利用します。Cookieとは、Webブラウザにユーザーの情報を保存するための仕組みです。

実際にリターゲティング広告を配信するには、Webサイトに「タグ」を設置する必要があります。タグが埋め込まれたページにユーザーが訪れると、Cookieがユーザーに付与されます。

それを目印として広告はユーザーを追跡し、ユーザーが見ている別のサイトやSNSにも自社広告を表示させることができるのです。

また、訪問ユーザーをコンバージョンの有無や訪れたページごとにリスト化し、リストに沿って広告を配信することが可能です。


関連リンク:ポストクッキー時代の広告戦略は?マーケターが知るべき代替ソリューションとは


<リターゲティング広告の配信手順>

  1. 1.Webサイトにタグを設定する
  2. .ユーザーがWebサイトを訪問すると、1で設定したタグにより、ユーザーにCookieが付与される
  3. ユーザーのCookieがWebサイトに保存される
  4. Cookieに基づきユーザーの情報をリスト化する
  5. リスト化された情報を活用して、リターゲティング広告を配信する


リターゲティング広告のメリット

続いて、リターゲティング広告のメリットについて見ていきましょう。

リターゲティング広告には多くのメリットがありますので、メリットをよく理解して使いこなせば、WEBマーケティング施策に大きな成果をもたらす可能性もあります。


コンバージョン率が高い

リターゲティング広告は、一度は何かしらの興味を持ってWebサイトに訪れたユーザーに対して配信するため、新規で訪れたユーザーより最終アクションにつなげやすく、コンバージョン率が高くなる傾向にあります。

Webサイトに訪れたユーザーの9割はCVに至らず離脱していると言われています。ユーザーは、一度の訪問で決定せず、他のサイトと比較したり時間をおいて検討したりしたいと思っています。

そのようなユーザーに対して、リターゲティング広告で再アプローチをすることにより背中を押すことが可能です。


ターゲットの絞り込みができる

リターゲティング広告はCookieを基に配信ターゲットを絞り込むことが可能です。見込みのあるユーザーに配信できるだけでなく、「購入済ユーザーには配信しない」「カゴ落ちしたユーザーにだけ配信する」といった除外設定もできるため、広告の“無駄打ち”も防ぐことができます。


費用対効果が高い

リターゲティング広告の配信ターゲットを絞り無駄な広告表示を減らした結果、費用対効果が高くなります。

他の広告に比べてクリック単価が低く、かつコンバージョン率は高い傾向にあるため、CPA(クリック単価÷コンバージョン率)が抑えられるのです。

コンバージョンに繋がりやすいユーザーに対してのみ広告表示できることが、費用対効果が高くなる理由です。


リターゲティング広告のデメリット

りターゲティング広告にはメリットだけなく、デメリットもあります。

デメリットを理解した上で、最大限にマーケティング活動に活かせるようになるでしょう。


新規顧客の取り込みには不向き

リターゲティング広告はWebサイトへの訪問履歴のあるユーザーに対して配信されるため、新規ユーザーや潜在ユーザーの獲得には向いていません。

顧客の新規開拓は、ディスプレイ広告やリスティング広告などもあわせて運用するようにしましょう。


ユーザーにマイナスイメージを与える可能性がある

ターゲティング広告はユーザーから不快に感じられる可能性もあります。

「一度訪問していたが求めていたものと違った」「もっとゆっくり検討したいのに何度も広告が表示される」「すでに購入したのにしつこい」と捉えられば、サービスやブランドのイメージ低下につながりかねません。

そのため、リターゲティング広告を運用する際は、「フリークエンシーキャップ」の設定を忘れないようにしましょう。

フリークエンシーキャップによって、1人に対する広告表示回数を調整することができます。


リターゲティング広告で重要なリストの作り方

リターゲティング広告では、「リスト」の作り方が非常に重要です。

リストとは、タグによってCookieが付与されたユーザーを条件に応じてまとめたもので、追跡して広告を表示する対象ユーザーの一覧です。

例えば以下のようなセグメントでリスト分けすることができます。


  • サイトを訪れたユーザー全体
  • 特定のページを訪問したユーザー
  • CVした / CVしなかったユーザー


さらに上記に、「期間」「性別」「年齢」「端末」などを組み合わせてリスト化します。例えば「直近1ヶ月以内にCVしたユーザー」などです。

ユーザーの特性によってリターゲティング広告表示の必要性の有無、表示する際の表示回数などを変えることで、費用対効果を高めることが可能です。


リターゲティング広告のリスト活用例

リターゲティング広告利用する前に知っておきたいポイントがいくつかありますので、以下から確認していきましょう!


購入時期によってリピート購入を促す

購入・利用履歴のあるユーザーにリピートを促します。

​​消耗品などの場合、一度購入したものを使い切る時期や交換が必要になる時期が存在するため、CVに至った時期によるリストを活用します。

また、一定のスパンで再購入しているデータがあれば、そのタイミングを狙って広告配信をし、再購入を促すのも有効的でしょう。


CV済みのユーザーは除く

通常リピート購入しないものに関しては、CV済みのユーザーを排除することも大切です。

広告配信費用が無駄になるだけでなく、「もう買ったのにしつこい」とユーザーにマイナスイメージを与えてしまうことを避けられます。


エリアごとにアプローチ内容を変える

不動産や求人など、ユーザーの検討する地域が限られる商品の場合は、エリアごとのリストが活用できます。

「東京からのサイト訪問者」や「大阪の物件ページを見ていたサイト訪問者」などでリスト分けをし、エリアごとで広告文章を変更したり、リンク先を変更したりすることで、ピンポイントな訴求が可能です。

ユーザーにとっても不必要な広告が減り、ストレスがなくなるでしょう。


リターゲティング広告にSMSを利用

リターゲティング広告をより効果的に行うには、顧客情報の一元管理から顧客セグメンテーションからのマーケティング施策の実施までを自動で行うことができる、MMCの利用がおすすめです。

CM.comが提供するMMCを使うことで、開封率の高いSMSでのリターゲティングキャンペーンの実施ができ、適切なタイミングで顧客に情報を届けることが可能です。

顧客の趣味嗜好に即したランディングページと合わせて配信できるため、購入につながりやすい、アプローチを実現することができます。


関連リンク:リターゲティング広告に頼らない、パーソナライズドSMSとは

まとめ

リターゲティング広告は、自社の商品やサービスに興味・関心のあるユーザーに効率良くアプローチすることが可能です。

さらにリストをうまく活用すれば、CV率や費用対効果のアップが期待できるでしょう。

ただし配信の仕方によってはユーザーを不快にさせてしまうため注意が必要です。

リストの作り方、配信の方法などさまざまなアプローチを検証することで効果をあげていきましょう。

WEB広告とSMSでより効果的なリターゲティングを実現へ

資料や価格などについて問い合わせる 14日間の無料トライアルを始める

WEB広告とSMSでより効果的なリターゲティングを実現へ

資料や価格などについて問い合わせる 14日間の無料トライアルを始める

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web