前のアイコン 記事一覧へ
May 31, 2022
2 minutes read

CRMのメール機能からSMSを配信する方法と導入の仕方を紹介

近年、複雑化・多様化するマーケットへの対応として、セールスフォースやZOHOなどのCRMを導入する企業が増えています。CRMを導入すれば、顧客のアクション後に確認メールを自動送信するなど、マーケティンング業務を自動化できます。 しかし、日々顧客が受け取る企業からのメールが増加したこともあり、確認メールが届いていない、メールを送っても読まれないなど、新たな課題への対応が迫られています。そのようななかで注目されているのは、Eメールより開封率の高いSMSです。そこで今回は、CRMのメール配信機能から簡単にSMSを送る方法をご紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CRM上からのメールが届かないをSMSで解消

CRMからEメールを送っても顧客に届けたい情報が届かない原因はいくつか考えられます。

  • 登録されたメールアドレスが間違っている

  • 登録されたメールアドレスが変更されている、使用されていない

  • 迷惑メールフォルダに分類されている



などです。上記のようなことが原因であれば、何度Eメールを送っても無駄になってしまいます。諦めたくなければ他の手段を使うしかありません。

多くの場合、Eメールの次に使用する連絡手段は電話かと思います。しかし、通話は1分あたり約30円以上かかるうえ、1件1件連絡しなければならないため人件費もかさんでしまいます。

そこで活用できるのがSMS送信サービスです。なぜなら、SMSは顧客の携帯電話番号情報さえあれば配信することができ、1通あたり8円程度で一斉送信も可能だからです。なおかつEメールと比較して到達率・開封率が圧倒的に高く、業務効率化だけではなく効果も見込めます。

CRM上でEメールとSMSの組み合わせで柔軟な対応へ

Eメールより開封率が高いからといって、すべての連絡手段をSMSに切り替える必要はありません。電話よりは抑えられるものの、SMS配信にはコストがかかります。

無料で送れるEメールと既読率の高いSMS、どちらにも送れるようにしておけば、効率的にEメールでの穴をリカバリーすることができます。

SMSはすぐに読まれる傾向がある

ここでEメールとSMSの開封率を具体的に比較しておきましょう。

<Eメールの開封率>

  • Eメールの開封率は約15〜23%

  • 配信後2時間以内の開封が一番多いと言われている

  • 翌日以降には開封率が一気にさがり、5日も経つと配信したメールが開かれることはほぼない



<SMSの開封率>

  • SMSの開封率は80〜90%以上

  • 海外ではSMSが開封されるまでにかかる時間は一般的に15分内と言われている。



最近では、PCだけでなくスマートフォンからEメールを確認する人が多くなっていますが、企業から送られたEメールにすぐに反応してくれるとは限りません。

ただし、必要と思われる内容であれば長文であっても、時と場所を改めてじっくり読んでもらえます。
一方で、SMSは送ったメッセージが確実に届くだけでなく、読まれる早さにも特徴があります。

そのため、緊急事態宣言や大雨・地震などの自然災害、それにともなう交通情報など、緊急性の高い情報を届けるのにも適しています。それぞれ異なる特徴をもつEメールとSMSを組み合わせれば、状況に合わせた対応ができ、顧客に本当に届けたいタイミングで届けたい情報を届けることができます。

CRMに簡単にSMSを導入する方法は?

すでに使っているCRMを活用して、なるべく手間をかけずにSMS配信をするにはどうすれば良いのでしょうか。CM.comが提供する「Mail SMS」を利用すれば、簡単にSMS配信ができるようになります。

まず、CRM上の送信元メールアドレスをCM.comに登録します。メールアドレスの登録が完了したら、CRMを開き、連絡したい宛先を【国番号+電話番号+@mail-sms.com】と設定します。この2ステップのみでSMSの送信は完了です。

また、MailSMSは初期費用・月額費用がかかりません。費用はSMSを送った時のみに発生する従量課金制で、CM.comではSMS1通あたり8.19円で提供しています。

EメールのようなSMSも配信できる?

SMSには文字数制限があることを懸念される方もいらっしゃると思いますが、CRM上からEメールのような長文SMSを送ることも可能です。

Mail SMSを進化させた「Mail SMS+」を使えば、普段利用しているメールソフトの本文作成画面で入力したテキストが規定文字数(日本語なら70字)を超えた場合、ランディングページとして自動生成されます。

そのLPのURLがSMSには記載されます。長文メールもSMS配信1通の料金で送ることができるため、コスト面での不安もありません。

SMS専用ランディングページ制作機能でメルマガも

また、CM.comが提供しているSMS専用のランディングページ作成ツールPageを使えば、メルマガのように視覚的にわかりやすいメッセージを送ることもできます。

プログラミングやデザインのスキルがなくても、だれでも感覚的にドラッグアンドドロップでLPを作ることが可能です。BtoC事業者であれば、クーポンやセールス情報を届ける時に活用できるでしょう。

まとめ

CRMからのメール配信効果が思うように得られていないのであれば、SMS配信機能を追加してみてはいかがでしょうか。

CM.comのSMS配信は、手間がかからないだけではなく、初期・月額費用がかからず最低限のコストで始められるため、お得に試すことができます。

この記事を共有する
タグ一覧
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

automatizacion-comercio-electronico
Feb 07, 2024 • SMS

セールスフォースのメール配信機能からSMSを送信する方法

セールスフォース(Salesforce)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージ/ショートメール)を配信できたら便利ですよね。 しかし、セールスフォースのプラットフォームからSMSを配信するにはAPI連携かappexchangeの利用で開発の手間がかかります。 CM.comのメール配信機能からSMSを送信できるMail SMSを利用することで、特段な開発を必要とせずにメールと同じ手順でSMSが送信できます。 今回は、セールスフォースを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

customer service team
Jan 30, 2024 • SMS

パソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、サービスの選び方は?

パソコンからSMSは送信できるのか?SMSはスマートフォンやタブレットのみで使用できると思われがちですが、実はパソコンでもSMSを個人宛にメッセージ送信が可能です。本記事ではパソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、選び方を紹介します。

telephone-to-sms
Jan 30, 2024 • SMS

電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客へ電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられず、もどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

conversational ai cloud chatbot tablet
Jan 26, 2024 • SMS

督促にSMS?ショートメールによる代金滞納案内で未払金を回収へ

督促業務や代金回収率、支払いの滞納をなんとかして効率的に行いたい。 クレジットカードや携帯電話の支払い期日を忘れさせないためにも、リマインドメールを送りたいなど様々な悩みがある担当者は多いのではないでしょうか。その他にも請求を促す電話やハガキだと見られていないのではないかと不安もありますよね。 SMS(ショートメッセージサービス)を活用することで、これまで時間をかけて回収してきた未払金や督促案内を効率的かつ、効果的に行うことができるようになります。 今回の記事では、SMSが支払いの督促におすすめの理由、電話・はがき・メールとの違い、SMS督促の成功事例を説明します。

acquisition-chatbots
Jan 14, 2024 • SMS

SMSをURL付きで送信するメリットとデメリットとは?

「SMSをURL付きで送信するメリット・デメリットが知りたい!」 「企業がSMSをURL付きで送信する目的は?」 このようなことが気になっているビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 SMS(ショートメールサービス)は、新たな商品やサービスを紹介したり、販売促進を行ったりする際に活用が可能です。 非常にシンプルなUIで短文をメインに据えたメッセージを送信でき、顧客データを管理しながら、絞り込んだターゲットに対して訴求を行えます。 本記事では、そんなSMSをURL付きで送信するメリットやデメリットなどを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

How To Get Started With Apple Messages For Business
Jan 13, 2024 • マーケティング

DM(ダイレクトメール)とは?メリットや効果的に送る方法を紹介

郵送・DM(ダイレクトメール)は、企業が直接法人・個人へハガキや封書で案内を送付するダイレクトマーケティング手法の一つです。オンラインでのマーケティングが増えているなか、改めて紙媒体であるダイレクトメールに注目が集まっています。そこで本記事では、ダイレクトメールのメリットやデメリット、効果を上げるコツを解説します。

platform update mobile phone
Dec 24, 2023 • SMS

SMSの送信者名はアルファベットがおすすめな理由

SMSの送信者名は電話番号だけでありません。送信者の表示名をアルファベットにするニーズがあり、CM.comが提供するSMS配信サービスを利用することで、認知されやすいメッセージを送ることができます。 SMSは一般的に開封率80%と言われていますが、実はベンダー選定や配信設定を誤ると良い配信結果が得られません。今回はSMS配信の効果を上げるために重要な要素のひとつである「送信者名」の設定について解説します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon