記事一覧へ

パーソナライズド広告とは?求められる理由や事例を紹介

ユーザーと広告との関係性を高め、広告の費用対効果を最適化するパーソナライズド広告という手法が注目されています。GoogleやTwitterなどが提供する広告配信で採用されておりますが、細かなターゲティングができるSMSを活用したパーソナライズド広告も今後も見逃すことができません。 今回はパーソナライズド広告に関する理解を深めていただくため、基本的な概要から特徴、CM.comが提供する広告配信ツール「MMC」での取り組み事例などを紹介します。

パーソナライズド広告とは?

パーソナライズド広告とは、一人ひとりの顧客に合わせたコミュニケーションや訴求の最適化を指します。「大衆(マス)に向けて画一的な情報やサービスを提供する」ことではなく、顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを念頭に情報を発信することで多様化したニーズに対応できます。

パーソナライズド広告では、その人の嗜好に合わせた内容の情報を届けることに加えて、配信するタイミングや媒体も重視しています。例えば、お酒好きなターゲットに、即時の開封率が高いSMSで、ワインと合うディナー招待メッセージを金曜日の午後6時に送るなどです。

なぜパーソナライズド広告が求められるのか?

企業は個々の顧客に最適なメッセージを最適なタイミングで配信することが、常々求められています。ユーザーに適切な内容が届けば、反応も好意的に取られやすく、購入検討や購買意欲の増加に繋がります。

例えば、住宅を購入する前の顧客にローンのオファーを送れば注目してもらえる可能性は高いでしょう。しかし、住宅を購入した直後の顧客にどんなメールを送っても顧客の反応は期待できません。顧客は、求めるものを適切なタイミングで届けられることを常々求めています。

パーソナライズドされていない広告は見られない

パーソナライズドされていない広告は、ユーザーにとって興味がなく、不快感を与える可能性が高くなります。

株式会社Macbee Planetが全国の10代〜60代男女500人を対象にWeb広告に関する意識調査をしたところ、「Web広告をあまり表示してほしくない」と回答する人が全体の約9割になることがわかりました。

ただし、ユーザーの興味関心と広告訴求内容が一致していれば、4割がクリックしたいと回答しています。ユーザーの興味関心と広告の訴求内容を一致させるためにも、パーソナライズドすることが必要です。

パーソナライズド広告の配信元

パーソナライズド広告が配信できる広告プラットフォームとしては主に、Amazon、Twitter、Googleが認知されていますが、開封率の高いSMSで広告を配信することも注目されています。

SMSは検索キーワードやCookieをもとにアプローチするWeb広告と比べ、認知度の獲得はできないものの、携帯電話番号宛に確実に顧客にメッセージを届けられる点において、他にはない強みがあります。

特に、ECサイトで既に購入履歴があったり、会員登録済みであったりするユーザーに対し、顧客セグメントした配信ができるため、効果が高いでしょう。


パーソナライズド広告をMMCで制作から配信

CM.comのMMC(Mobile Marketing Cloud)は、Email・SMS配信に特化したパーソナライズド広告が簡単に作成できるツールで、セグメンテーションマーケティング、マーケティングオートメーションに活用できます。

例えば、MMCでは顧客データをセグメントし、選別されたターゲット群向けのパーソナライズドLP広告をたった5分で作成することができます。画像や動画データなどをドラッグ&ドロップで配置するだけでモバイルに特化したページをすぐさま展開可能です。

これまで社内デザイナーやWeb制作会社に依頼していた工程も不要となるため、マーケティング施策に必要な準備を迅速に完了させることができます。


顧客セグメント

MMCのサービスに含まれているサービス「CDP」を使えば、顧客データを活かした効果的な広告配信やEメール・SMS配信の自動化が可能になります。

広告やSMSの配信先となる見込み・既存顧客リストをCSV・Excelファイル形式でアップロードし、各種顧客データを紐付けることでバラバラだった顧客データを統合することができます。

また、セグメンテーション機能を使用し、メルマガやSMS広告配信などで獲得した顧客データを細かくセグメントできます。これにより、戦略的な広告配信を行うための顧客リストが簡単に作成できます。

さらに、ワークフローシステムを使って各種セグメントやターゲットに自動配信したり、LPをクリックした数日後にEmail・SMSを組み合わせたステップメールを配信する仕組みを構築したりすることも可能です。

セグメンテーションとは?基本を知り、効果的なターゲティング広告を

コンテンツの制作

コンテンツの制作は、簡単LP広告制作ツール(Pages)が便利です。セグメントした顧客群に合わせたリッチコンテンツがドラッグ&ドロップで作成できます。具体的に、Pegesには以下のような機能があります。

・テキスト、画像、動画の挿入

・画像のスライド表示

・QRコード、バーコードの生成と挿入

・問い合わせや申し込み、商談設定などのフォームの作成

・SMSからのクリック率(CTR)のトラッキング

・その他

Web広告で利用しているバナー広告やランディングページの画像データを貼りつけてボタンとリンクを設置すれば完成です。

広告配信はSMS

作成した広告は、開封率の高いSMSで配信しましょう。携帯電話番号宛に送信するSMSは、到達率が高く、対象となる顧客にほぼ確実に届けられるため、ユーザーが求めている情報を提供できれば反応も高くなります。

例えば、ECサイトで過去に購入履歴のある顧客に関連商品やクーポンを配信することで再購入やカゴ落ちしていたもののプッシュに繋がります。

広告の配信結果はCDPへ

MMCのCDPによってLP広告結果を把握することもできます。各コンテンツごとの配信数、開封率、クリック数などが一覧で把握でき、どのマーケティング施策が売上げや目標達成につながったのかを確認し、PDCAに役立てましょう。

顧客に最適なオファーをパーソナライズド広告で実現へ

顧客は自分に向けられたメッセージを求めています。そのため、パーソナライズ広告の中身は大切ですが、着実に届けられなければ意味がありません。CM.comのMMCを活用し、パーソナライズ広告の制作、SMS配信にお役立てください。

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web