記事一覧へ
SMS

SMSマーケティングはメールより効果的?導入すべき理由やメリットを紹介

SMSマーケティングという言葉をご存知ですか? メルマガやWEB広告のように販促を目的として、SMSを顧客向けに配信する施策を意味します。 企業が届けたいメッセージを届けるという点ではメール配信とSMS配信は同じですが、SMSはメルマガと同じような内容を発信すると返って逆効果と言われてきました。しかしCookie規制や個人情報保護法の改正より大きく注目を浴びてきております。 この記事では、メールと違って高到達率、高開封率のメッセージ配信サービス、SMSマーケテイングを導入すべき理由を紹介します。

SMSマーケティングが主流へ

SMSをマーケティングや広告で送る

SMSはショートメッセージサービスの略称で、携帯電話番号宛に送る短いメッセージを指します。ガラケー時代から今も残り続け、認証や通知だけでなく商品の販促や広告利用でも注目浴びているメッセージチャネルです。

一般的に企業はメールマーケティングやLINEを通じて消費者とコミュニケーションを図っていますが、最近はどの企業も同じ手法を使っているため開封率の低下が目立ちます。

最近ではデジタル技術の発展と併せて、メールボックスの自動振り分け機能も進化し、マーケティング目的のメールは今まで以上に消費者の目に止まらなくなってきました。


SMSはメールより到達・開封率が高い

一方でSMSは今でも到達率90%、開封率80%を維持し続けています。

メッセージ自体が短いことに加えて、日本人はSMSに対して「宣伝メッセージがくる」という認識を持っていません。

どちらかと言うと、通信会社からのポイント期限の連絡、二段階認証用のパスワード、ECサイトからの通知、予約したレストランからリマインドなど、「自分に必要な情報が届く」という認識を持っています。

上記のような用途はもちろん、送る内容を工夫すればマーケティング利用にも最適なメッセージチャネルなのです。

ただし、メールと同じようなコンテンツにしないことが重要です。高い開封率、高いクリック率を維持するためには、メールマーケティング以上に、消費者が求めている情報を届けることを意識しなければなりません。


関連リンク:SMSとは何か?ショートメッセージの基本を知り、ビジネスで活用を

関連リンク:メールとSMS配信はどちらが効果的?開封率・到達率などを紹介


SMSマーケティングが注目される理由

SMSマーケティングが注目される背景に、携帯電話端末の保有率があります。

総務省の調査によると、2019年における世帯の情報通信機器の保有状況は「モバイル端末全体」が96.1%でした。そのうち「スマートフォン」は83.4%となり、初めて8割を超えました。

若年層では、2016~2017年あたりでスマホ利用率はほぼ高止まりとなり、パソコンの利用率は減少傾向が見られています。一方、40代以上では、スマホ利用率の増加が続いています。

60代に至っては、2016年の13.3%から2020年は52.9%と、7年間で約40ポイント急増しており、2人に1人が利用している状況となっています。

急激なスマホの浸透によって、60代もインターネットにアクセスしやすい環境になってきたと言えます。


SMSをマーケティング施策に導入すべき9つの理由

SMSマーケティングはEメールやDMとまた違った方法で、気持ちよくダイレクトに顧客にアプローチできる手法です。

SMSをうまくマーケティング活動に取り入れることで、顧客に価値のある情報を届けることができ、顧客の興味関心を引き出すことができます。


1.メールよりも開封率が高くコンバージョンが上がる

Gartner社のデータによると、Eメールの平均開封率が20%であるのに対し、SMSの平均開封率は98%です。

到達率・開封率が高ければ、それだけコンバージョンが高くなる可能性があり、努力に対するROIを高めることができます。


2.コストが抑えられる

Mobile Marketing Cloudのようなサービスを利用することで、SMS配信のコストを抑え、一人ひとりに合わせたアプローチできます。

SMSをマーケティングで利用する場合の費用は、送信するメッセージ数や利用するプロバイダーによって異なりますが、数千通のテキストメッセージを送信する場合は一般的に月々数千円から数万円かかります。

無料で送れるEメールと比べてコストを懸念する声もありますが、90%以上が開封されているのであれば、高い費用対効果が期待できるでしょう。


3.モバイルユーザーに適した施策ができる

SMSは携帯電話に届けられるメッセージです。現在はインターネット利用の半数以上が携帯電話やタブレットなどのモバイル端末利用を占めているため、企業はモバイルユーザーを意識してマーケティングを行う必要があります。

その点、そもそもSMSはモバイル画面で読まれるように設計されているため、モバイルユーザーにあわせたメッセージを送ることができます。


関連リンク:パーソナイズドメールを最大化するには?読まれるSMSで個人に合わせた配信へ


4.年代問わず幅広い層にリーチできる

SMSはスマートフォンだけでなく、フューチャーフォンにも標準搭載されている機能です。アプリのダウンロードや登録などの手間がかかりません。

そのため、ガラケーを愛用している世代にもメッセージを届けることができます。

顧客や見込み客、コミュニティにリアルタイムでメッセージを届けることが重要な場合は、Eメールや電話、ソーシャルメディアの代わりにSMS配信サービスを使うことで顧客に届けたい情報を届けることができます。


5.ランディングページ機能で情報を届ける


SMSは文字数に制限を設けたショートメッセージツールとして一般的に認識されていますが、工夫し次第では長文を送ることが可能です。

メール文面をランディングページで表示し、SMSではそのURLを送るようにすれば、SMS配信の文字数制限は関係ありません。

長文でも複数のメッセージに分割されることなく、1通分のSMS配信料で済むため余分なコストもかかりません。


関連リンク:ランディングページとは?LP広告配信で集客・売上アップへ


6.WEB広告やSNSと組み合わせる

SMSは他のSNSやメール、DMなど、その他のマーケティングチャネルと組み合わせることで効果をあげることができます。

例えば、メールマガジンの反応が良いユーザー向けにSMSでアプローチしてみたり、各種広告や問い合わせから獲得したリードに対して、SMSでウェルカムメッセージを配信したりするなど、他のチャネルと柔軟に組み合わせ、様々な用途で利用できます。

既存サービスやWEB・SNS広告の運用とSMSを併用することでマーケティング施策を最大化させることができるでしょう。


7.顧客エンゲージメントを強化する

多くの顧客は送られてきた情報に関心があり、好きなブランドから自分が特別なユーザーである感じたいと思っています。

SMSを利用して、キャンペーンやイベントなど、顧客にとって重要な情報を伝えれば、顧客は自分が大切にされていると感じ、ブランド側からも認知されていることを実感できます。

その結果、顧客のエンゲージメントやロイヤリティが高まり、利用する顧客からの信頼を獲得することができるでしょう。


8.顧客ニーズを最適化し、改善できる

顧客が何を望んでいるかを簡単に管理できれば、適切なタイミングで最適なコンテンツをSMSで送ることができます。

例えば、3歳児の子どもがいる家族に七五三の案内をDMで送り、SMSで簡単なテキストメッセージと素敵な画像や動画を送ればあらゆるツールで顧客にアプローチできます。データを上手く活用し、最適化していきましょう。

反応がない顧客に、EメールやDMを送り続けてもスルーされるだけでなく、嫌がられてしまいマイナスの効果にもつながってしまいますので、その点は気をつけてください。


関連リンク:パーソナライズとは?効果を知り顧客が望む情報を届けよう


9.Cookie代替ソリューションとして活用できる

GoogleやApple社などによる主要ブラウザのCookie規制と2022年4月から改正個人情報保護に伴い、ファーストパーティデータ(1st Party data)の活用が注目され、顧客データの活用方法が見直されつつあります。

特にCDPを基点としてデータマネジメントとあわせてSMSの宛先のとなる携帯電話番号はCookie代替ソリューションになりうると言われており、SMSが顧客接点、既存顧客へのアプローチ方法として利用が広まりつつあります。


<Cookie規制や代替ソリューションについての関連リンク>

関連リンク:Cookie規制後の代替案有り!パーソナライズドLP広告配信をSMSで

関連リンク:【解決策有り】Cookie規制後のマーケティング手法とは?既存リードを活かしたインハウスマーケティングへ

関連リンク:ポストクッキー時代の広告戦略は?マーケターが知るべき代替ソリューションとは


SMSマーケティングを実施する3つのメリット

SMSのサンプル02

SMSをマーケティング施策など利用する企業はあまり多くありませんが、少なからず広告キャンペーンや販促ソリューションとして利用が進んできております。

ビジネスでのSMS利用には他のチャネルにはないメリットがあり、正しく使えば高い効果を期待できます。

適切なタイミングでショートメッセージを送れば、多くの人はメッセージを開いて読んでくれます。

最近では、個人の趣味趣向に合わせたパーソナライズド広告の配信をSMSで行う企業も増えてきており、顧客に寄り添ったマーケティングとしても利用されてきています。

しかしながら、日常のコミュニケーションであまり使われていません。SMSはまだまだマーケティングチャネルとして適さないと考えられているので、メリットを確認していきましょう。


1.即伝わる

SMSもメールも即届くという点では同じですが、SMSの場合は受信してから開封までが平均3分という調査結果が出ており、メールと比較してメッセージが即伝わる(読まれる)というメリットがあります。

SMSの性質を生かして、地震や自然災害などで緊急を要する場合はメールよりSMSの方が得策でしょう。


2.高開封率が高い

日本人が1年間にSMSを受信する数は5通です。一方メールは1年間で7,000通以上。1日にすると平均10〜20通も受信していることになります。

そのため、企業からのプロモーションメールは開封せずに放置される傾向にあり、開封率が低いという課題があります。

SMSは滅多に受信しないため、ポップアップ通知をオフにしている人は少なく、届いた瞬間に開かれる傾向にあり、開封率は80%以上と言われています。


関連リンク:SMSの通知とは?プッシュ通知との違い確実にメッセージが読まれる


3.高レスポンス率

SMSは開封率だけでなく、レスポンス率の高さも注目されています。海外の調査では、SMSのレスポンス率は45%以上あったと報告されています。

70%以上の人が電話よりもテキストで連絡を受けることを好んでおり、SMSはBtoCでもBtoBでも効果が期待できます。

さらに上記3点のメリットに加え、CM.comのSMSは簡単にセットアップができ、すぐに利用開始できるメリットがあります。

パソコンからSMSを送れるオンラインツールはもちろん、普段業務で使用しているメール配信システム、SFAやCRM、MAツールのメール配信画面からショートメッセージを配信することができます。

その他にも業務で利用しているGmailやOutlookからSMSを送ることも可能です。

ご利用用途や利用する担当者のITリテラシーに合わせて配信方法を選べるので、中小企業から大企業まで、規模問わずにご利用いただけます。


関連リンク;GmailやOutlookなどからSMSが簡単に送れるMail SMS

SMSマーケティングの利用用途や事例

SMSはマーケティングだけでなく、あらゆる業界・業種で活用されています。ショートメッセージの特徴や会社の目的・目標に合わせて様々な用途で利用することができます。

例えば

  • ウェルカムメッセージ
  • セールやプロモーション
  • イベントの招待状
  • 企業情報の更新
  • ライフスタイルとコミュニティの案内
  • 予約の確認
  • 予約のリマインダー
  • 支払督促や請求書の再通知
  • セキュリティコード
  • 社内のアップデート


クーポンやセールでの事例

SMS配信を希望する消費者は、企業から価値のある情報が送られることを期待しています。

宣伝ばかりではなく、SMS受信者しかゲットできないお得なクーポンやプレセールのご案内など、SMSを受信してよかったと思えるコンテンツを送れば、オプトアウトされにくく、新規受信者を増やすことも可能です。

フランスのアパレルブランドでは、VIP顧客のロイヤリティ施策としてSMS配信を実施しています。

SMS配信を実施した日は、ECサイトのアクセス数が飛躍的に伸びていいるという結果が出ています。


関連リンク:顧客ロイヤリティとは?メリットや向上させるための考え方


SMSマーケティングの注意点

SMSマーケティングはメールマーケティングと似て非なるものです。SMSの効果を最大限に発揮できるよう、以下の点に注意して実施しましょう!


オプトイン・オプトアウトの取得義務

電話番号を取得できていれば、SMSを自由に送れるわけではありません。

マーケティングや販促・プロモーション目的のメッセージは、メール同様に特定電子メール法に則ったオペレーションが求められます。

SMSを送る相手からはオプトイン(メッセージ送信許諾)を得ている必要があり、相手が自由にオプトアウトできる仕組みも必要です。

海外にも同様にルールが存在し、国によって内容が異なります。

例えば、日曜日、祝日の夜10時以降は、マーケティング目的のSMS配信が禁止されている国もあります。

それだけSMSは人々の携帯の通知に表示されやすく、注目を浴びるチャネルであるということです。


配信プラットフォームを利用する

企業として個人にSMSを送る時は、携帯電話から送らずに、パソコンで使えるSMS配信専用のツールを使いましょう。

簡単に一斉送信ができるだけでなく、到達率やクリック率の確認もできます。得られた送信結果を分析し、次の施策に活用することで、SMS配信のPDCAサイクルを構築できます。

また、SMS配信ツールを利用すれば、送信履歴を他の社員と共有できます。組織内の業務の可視化、チームでのSMS運用が可能です。

顧客管理システムやマーケティングオートメーションツールをご利用中の方は、SMS配信のAPIを連携させ、利用中のツールからSMS配信ができるようになります。


名前を差し込むことで信頼あるメッセージに

消費者はいかにも一斉配信のメッセージよりも、自分専用に作られたと感じられるパーソナライズドメッセージを好みます。

そのため、SMSは限られた文字数しか送れませんが、受信者の名前をメッセージ内に入れることを心掛けましょう。

例えば、内容が他の受信者と同じでも、名前が入っているだけで「自分だけに送られている感」を演出できます。

また、昨今は配送業者や金融機関、大手ECサイトを偽った詐欺SMSが増えています。

詐欺SMSはランダムで大量配信されているため、受信者の名前までは把握していないケースが多く、名前付きで送ることはほぼありません。

消費者から詐欺SMSと勘違いされないためにも、名前入りで送ることは重要なのです。


関連リンク:パーソナライズとは?効果を知り顧客が望む情報を届けよう

関連リンク:パーソナライズド広告とは?求められる理由や事例を紹介


ショートメッセージは簡潔明瞭にする

SMSの1通あたりの文字数は全角70文字までです。

SMS配信サービスによっては最大全角670文字まで送れますが、約68〜70文字ごとに1通ずつカウントされます(70文字を越えたあとの通数カウントのルールは各社異なります)。

また、SMSはLINEのように吹き出しで表示されます。1通が長くなりすぎると、消費者が読む気をなくしてしまいます。

高開封率を維持するためにも、SMS配信は1通全角70文字以内で送ることが推奨されています。

ただし、短ければいいというわけではありません。短すぎて伝えたい内容が伝わらないければ、メールよりもコストをかけて送った意味が損なわれてしまいます。文章は簡潔明瞭に、結論だけを送ることを意識しましょう。

そして、興味を持ち詳細を知りたいと感じたユーザーが簡単に情報にアクセスできるように、メッセージ内にURLを張り付けておくとコンバージョン率が上がります。

SMSマーケティングを企業内ではじめよう!

いかがでしたか?海外ではスターバックスやピザハットがSMSマーケティングを実施するほど、メジャーな施策です。

日本ではまだ認知の低い施策ですが、低いからこそ早めに導入した企業により多くのビジネスチャンスが訪れるでしょう。

CM.comでは、オンラインで利用できるSMS配信ツール、メールソフトからSMSが配信できる「Mail SMS」、基幹システムとのAPI連携を提供しています。

また、SMS配信時に張り付けるランディングページを作成するツールもあり、テキストだけではなく画像や動画を消費者に届けられます。

無料トライアルや詳しいサービス案内をご希望される場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

SMSをマーケティング施策で利用ならCM.com導入を

資料や料金について問い合わせる 今すぐ無料トライアルを始める

SMSをマーケティング施策で利用ならCM.com導入を

資料や料金について問い合わせる 今すぐ無料トライアルを始める
connects tens of thousands of companies with millions of consumers via their mobile phone each day. Behind the scenes, from our innovative platform, CM makes sure companies can use these millions of messages, phone calls and payments to become part of people’s lives.

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web