前のアイコン 記事一覧へ
Mar 07, 2022
2 minutes read

メールマーケティングでA/Bテストを実施する3つのメリット

メールマガジンを配信する時、どのようなタイトルやメッセージが受信者をメール開封やリンククリックに導くか、マーケターとしての勘に頼ってしまう場面があります。しかし、マーケティングにおける意思決定を経験からくる勘に頼ることは、必ずしも良い結果をもたらすとは限りません。 直感や推測に頼るよりもA/Bテストを実施した方が開封率やクリック率を最大化させることができます。本ブログではA/Bテストとは何か、なぜメール配信においてA/Bテストが重要なのかを解説いたします。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

メールマーケティングのA/Bテストとは?

メールマーケティングのA/Bテストとは2種類もしくはそれ以上のメールを異なるグループへ配信し、どのメールが一番良い結果(開封率、クリック率)が出たか測定する方法です。やり方はとても簡単です。

まず同じテーマで2種類のメール、Aメール、Bメールを作成しましょう。

そして、メールを配信するターゲットの全体数から一部を取り出してA/Bテスト用のターゲットグループをつくり、AグループとBグループに分けます。この2つのグループの人数は同じが望ましいです。

メールとグループができたら、AグループにはAメールを送信し、BグループにはBメールを送信します。

メールを配信してから少なくとも4時間は計測時間を確保してください。なぜなら、ターゲットはメールを受信してもすぐに開封しないことが多いからです。可能であれば24時間あると、より正確な開封率とクリック率が計測できます。

計測が終わったら、それぞれのグループの開封率とクリック率を確認します。結果が良かった方のメールをターゲットの残りに配信します。

A/Bテストの分け方

例)ターゲット総数:1万人

  • A/Bテスト用:2,000人(Aグループ1,000人、Bグループ1,000人)

  • 残り:8,000人

※残りのグループにはA/Bテストで最も結果の良かったメールを配信

メールマーケティグでA/Bテストを実施する3つのメリット

A/Bテストを実施することでメールマーケティング施策の効果を最大限に引き出せます。ここではA/Bテストを実施する3つのメリットをご紹介します。

1. 開封率の向上

メールの件名(タイトル)のA/Bテストは開封率を上げることに効果的です。

件名の文字数、使っている言葉、言葉の順序、記号の有無…同じテーマのメールでも何種類もの件名が作成できます。

日頃よりメールやブログなどを制作しているマーケターはターゲットの特性とニーズを見極めて、開封してもらうための件名づくりに力を入れているでしょう。

さらに自分のスキル・経験と効果そのものを向上させるためには、ターゲットに直接働きかけて結果を得られるA/Bテストが役立ちます。

なお、件名でA/Bテストを実施する際は、まったく異なる件名にするのではなく、少しだけ変化のある件名で実施することをおすすめします。

なぜなら、まったく異なる件名の場合何を比較して何が良かったのか送信者自身が把握しにくく、今後に役立てることが難しいからです。

関連リンク:

メールとSMS配信はどちらが効果的?開封率の違いなどを紹介

2.クリック率の向上

メール本文のA/Bテストはクリック率を上げることに効果的です。

メール本文でクリック率に影響する要素はたくさんあります。具体例としてはCTA(コールトゥーアクション)ボタンの位置(リンクの位置)、使っている画像、メッセージの口調(言葉遣い)、メッセージの構成、商品やサービスの訴求順序、文字の大きさ、文字の色、メール自体の長さなどがあります。

A/BテストではよくCTAボタンの位置の検証がおこなわれます。冒頭、文中、文末、どこに設置するのが一番いいのか、2ヶ所設置する場合はどの組み合わせがいいのかなどをA/Bテストで確認できます。

あるいは同じバッグの画像でも、バッグ単体の写真と人物がバッグを持っているフルコーディネイトされた状態の画像がいいのかなどの比較をおこない、反応のよかった画像を採用するというA/Bテストもあります。

このように訴求したい内容によってもA/Bテストで検証すべきコンテンツが変わってきます。

関連リンク:

SMSマーケティングはメールより効果的?導入すべき理由やメリットを紹介

3.コンバージョン率の向上

A/Bテストはコンバージョン率を上げることにも効果的です。

メールの開封率とクリック率が高くなれば高くなるほど、確率論的にはコンバージョン率も比例して上がっていきます。

ご紹介したとおり、件名においても、メール本文においても検証要素はたくさんあります。A/Bテストは1回に留めず、定期的におこなってターゲットに響くコピーやコンテンツ、表現方法を把握しましょう。

A/Bテストを定期的に続けることによって、メール開封とクリック率を底上げし、最終的にコンバージョン率アップにつながっていきます。

関連リンク:

リマーケティング広告とは?種類や特徴を理解し、コンバージョンアップの実現へ


A/Bテストが簡単にできるメール配信ツール

CM.comのメール配信システムでは、メルマガやニュースレターを送信するときに簡単にA/Bテストが実施できます。最大6種類のメールでA/Bテストを実施し、最適なメールが自動で残りのターゲットに配信されます。

メールマーケティグのコツはインターネットや書籍でたくさん紹介されています。しかし最後に一番役立つのは実際のターゲットによる反応データです。

メールマーケティングで効果が現れない、適切な件名やコンテンツでメール配信できているか分からない、データドリブンなマーケティングを実施したいとお考えの企業様はぜひ弊社の「Emailキャンペーン」のA/Bテスト機能をお試しください。

Emailキャンペーンを使って、A/Bテストを

この記事を共有する
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

drive more automotive sales
Jun 09, 2024 • SMS

SMSで写真や画像は送れない?携帯電話番号宛のメッセージで画像を送信する方法と法人利用で画像を活用するメリットを解説

SMSで写真や画像を送ることはできるのか?送信できない場合に送る方法は別にないのかと、探している方は多いのではないでしょうか。今回はSMSから写真や画像が送れない?と困った時にSMS類似のサービスやSMSに添付して送信方法、また法人でSMSに画像を送付するメリットを紹介します。

RCS vs. SMS Messaging
Mar 27, 2024 • SMS

GmailからSMSを送信したら超簡単だった【事例付き】

GmailからSMSを送れないかな。到達率・開封率が高いショートメールを自社でも使ってみたいと思っても、実際のところ、「ツールの使い方を新たにキャッチアップするのがちょっと面倒」「他にもCRMツールを色々使っているし、これ以上ID/パスワードを社内で浸透させるのも地味に大変...」と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。 本記事ではMailSMSを利用し、GmailからSMSを送信する方法を紹介します。

acquisition-chatbots
Mar 27, 2024 • SMS

SMSをURL付きで送信するには?事例やデメリット、SMS送信事業者の選び方

「SMSをURL付きで送信するメリット・デメリットが知りたい!」 「企業がSMSをURL付きで送信する目的は?」 このようなことが気になっているビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 SMS(ショートメールサービス)は、新たな商品やサービスを紹介したり、販売促進を行ったりする際に活用が可能です。 非常にシンプルなUIで短文をメインに据えたメッセージを送信でき、顧客データを管理しながら、絞り込んだターゲットに対して訴求を行えます。 本記事では、そんなSMSをURL付きで送信するメリットやデメリットなどを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

sms-marketing benefit
Mar 15, 2024 • SMS

SMSを中国に送信するための方法と注意点を紹介

企業が中国にSMS送信するためには、中国へSMS送信ができるSMS送信事業者のサポートを得ながら適切な手続きを踏まなければなりません。CM.comは中国支店を有し、大手企業の配信実績もあることから、中国へSMSを届けることができます。これまでの経験をもとに、この記事では企業が中国の携帯電話端末にSMSを送信する方法を紹介します。

automatizacion-comercio-electronico
Feb 07, 2024 • SMS

セールスフォースのメール配信機能からSMSを送信する方法

セールスフォース(Salesforce)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージ/ショートメール)を配信できたら便利ですよね。 しかし、セールスフォースのプラットフォームからSMSを配信するにはAPI連携かappexchangeの利用で開発の手間がかかります。 CM.comのメール配信機能からSMSを送信できるMail SMSを利用することで、特段な開発を必要とせずにメールと同じ手順でSMSが送信できます。 今回は、セールスフォースを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

customer service team
Jan 30, 2024 • SMS

パソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、サービスの選び方は?

パソコンからSMSは送信できるのか?SMSはスマートフォンやタブレットのみで使用できると思われがちですが、実はパソコンでもSMSを個人宛にメッセージ送信が可能です。本記事ではパソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、選び方を紹介します。

telephone-to-sms
Jan 30, 2024 • SMS

電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客へ電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられず、もどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon