記事一覧へ
Eメール

メルマガとは?形式や配信方法など基本を確認

メルマガは古くからあるネットマーケティング手法です。定期的に製品やサービスについての情報発信を行うことで、顧客との関係構築を行います。今回は改めてメルマガ配信の目的や効果、形式や配信方法など基本情報をご紹介します。

メルマガとは

メルマガとは「メールマガジン」の略称で、Emailを使用したマーケティング手法のひとつです。 顧客やユーザーとの関係性構築を目的とし、登録された複数の読者に対して発信側が知らせたい情報を一斉配信します。最近ではサロンの会員向けに月額有料のメール配信を行うなど企業だけでなく個人・小規模事業主での利用も広がっています。

メルマガのほかにメールを使ったコミュニケーションには、ターゲットを絞って特別なメールを送る「ターゲティング(セグメント)メール」や、シナリオどおりに複数回メールを送る「ステップメール」、メルマガやWebサイトでの行動に合わせて自動送信される「リターゲティングメール」などがあります。

一斉配信するメルマガは技術的な障壁が低く、安価で始めることができるため多くの企業で活用されています。

CM.comが提供するMMCでは、Eメールは配信でも成果の出るツールとして利用していただいておりますので、メルマガ登録者や顧客向けにメルマガを配信したい企業は改めて目的から確認して行きましょう。


関連リンク

パーソナイズドメールを最大化するには?読まれるSMSで個人に合わせた配信へ

CTR(クリック率)とは?改善のためのポイント

メルマガ配信の目的

メルマガを配信する目的は、メルマガに登録してくれた読者や獲得したリード宛に、送信したニュースレターやセミナー案内から売上につながる顧客数を増やすことです。おもに3点に分けられます。

定期的に購読者向けにコンテンツを配信することで、自社サービスへの興味関心度が高まり、メルマガからのリードの獲得やブランディングの強化が見込めるなど、一つのメールマーケティングとして活用できます。

ただし、ニュースレターやお知らせを流すことがゴールではなく、問い合わせや顧客獲得といった成果につなげる、つまりコンバージョン(CV)を上げることがメルマガの本来の目的といえます。

そこでどのような目的でメルマガを配信するかを以下から確認して行きましょう。


情報伝達

伝達目的のメルマガとは、「通知する必要がある情報を届けるためのメルマガ」のことです。顧客満足度の向上が主な目的で、自社の商品やブランドに興味・関心を持ち続けてもらうために、商品情報だけでなくお客様にとって有益なコラムや豆知識などの情報を届けることもあります。

時には、単なる商品紹介にとどまらず、豆知識や天気予報など、有益な情報を提供することで顧客を繋ぎ止めるようなリードジェネレーションやリードナーチャリングで用いたりもします。


関連リンク

リードナーチャリングとは?必要とされる理由、メリットや方法を紹介

リードジェネレーションとは?7つのポイントと手法を解説


販売促進

自社の商品やサービスを購入してもらうことを目的に、メルマガを通してキャンペーンやセールの情報、新製品の案内、クーポンの発行、セミナーやイベントの情報などを発信し商品購入およびリマインドを促します。

販売促進目的のメルマガには、消費者の商品やサービスの購入を後押しする作用がありますが、頻繁に発信したり、押し売り感が強く出てしまった場合、読者にしつこいと感じさせてしまい購読解除されてしまうことがあります。

そのため、販売促進を目的とするメルマガは頻度やマナーに十分注意して行いましょう。顧客がコンテンツに対して有益と感じるかどうか、販促目的のメルマガ頻度が高くなりすぎていないかなど、定期的に見直すことが大切です。


関連リンク

リマインドメールとは?送り方やタイミングなどのマナーを例文で確認

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法


ロイヤリティの向上・LTV最大化

メルマガ配信は、既存顧客のロイヤリティやLTV(Life Time Value、顧客生涯価値)を高めるためにも有効です。LTVとは、顧客が企業と関係している間に、その企業にもたらす利益の指標です。

既に自社の商品やサービスを購入したことのある顧客が、一回きりではなく、その後も継続して商品を購入してもらうことを目的に、メルマガ配信を行います。

新商品や関連商品、セール情報、活用のアドバイスなどをメルマガで配信し、既存の利用者を育成し、単なる”顧客”ではなく”ファン”になってもらうことでさらなる利用促進につながることでしょう。


関連リンク

LTV(Life Time Value)とは?意味や算出方法などを解説

生涯顧客獲得のためにSMSを活用してLTVを高める

顧客ロイヤリティとは?メリットや向上させるための考え方

メルマガ配信のメリット

メルマガ配信のメリットは、WEB広告やSNS広告と比べて費用をかけることなく、大量に顧客へアプローチできることです。

定期的に購読者向けにためになるコンテンツを提供することで、読者や見込み顧客の信頼を勝ち取り、問い合わせやCVアップに良い影響を与えます。

従来の主なマーケティング手法であったDMなどと比較したメルマガ配信のメリットをご紹介します。


コストが抑えられる

メルマガはメール配信サービスを利用して安価に配信することが可能です。一度に大量に送信すればするほど1件あたりの経費も安く済みます。

DMや刊行物を発送する場合はコンテンツ制作費用の他に印刷代や郵送費用が発生し、大規模になればなるほど費用がかさみます。

また、同じメールマーケテインングでも、ダイレクトメール配信はコストが高額になります。一方、メルマガはどれだけ配信しても僅かな通信費用しか掛かりません。

また、イギリスの調査会社「Adestra社」が2019年9月に調査したデータによると、オフライン・オンラインを含むマーケティング手法の中で「メールマーケティング」は最も費用対効果が高いとされています。

効果が高いと回答した企業の数はDMと比較すると約2倍、デジタルマーケティングと比較しても1番効果的であると回答しています。


プッシュ型販促で即効性がある

メルマガは「プッシュ型販促」と呼ばれ、特定のサービスや商品を個人に対してダイレクトに案内ができるため即効性があります。一方、ホームページなどはプル型で訪問したユーザーにアプローチする手法です。

プル型とプッシュ型は、両方を組み合わせることでユーザーのアクションを引き出せます。プル型は低コストだが長期戦、プッシュ型はコストがかかるが即効性がある、とも言われますが、メルマガはプッシュ型でありながらコストがあまりかからないマーケティングツールです。

メルマガの形式

メルマガの主な形式は2種類でHTML(Hyper Text Markup Languate)メールとテキストメールです。前者は文字フォントへの装飾、画像、動画、ボタンなどを差し込むなどデザイン性に優れたメールを送信することができます。

サービス画像や自社のロゴなども含めることができるため、コンテンツによる訴求力を高めるアプローチとなります。一方で、テキストメールは文字のみで構成されたものとなりますので、HTMLメールのようにデザイン性なく、シンプルな内容をそうしんできるツールとなります。この形式は重要なお知らせなどで形式貼った一斉送信が必要な場面で利用できます。

また、最近では、「amp for email」という技術も注目されておりますので、以下から、HTML形式、テキストメールの3つを確認して行きましょう。


HTMLメール

HTMLメールとは、HTML言語というプログラミング言語で記述されたメールの形式です。画像の挿入や文字の装飾が可能で、インパクトのあるメルマガを作成できる点がHTML形式のメリットです。また、メールの開封率を計測できます。

ただし、HTMLメールは受信環境によって正しく表示されなかったり、そもそも開封できなかったりする場合があるため、相手の受信環境を十分に確認しておく必要があります。

CM.comが提供するEメール配信サービスは特に専門知識なくドラッグアンドドロップエディターで利用できますが、なかには知識がないと作成できないものもあるので、メール配信サービスを検討するときは細かく機能を確認するようにしましょう。


テキストメール

テキストメールとは、テキストのみで記述されたメールの形式です。

容量が軽く、HTMLメールに対応していない人でも正しい表示で閲覧しやすいというメリットがある一方で、画像の挿入や文字の装飾ができないため画面が単調になりやすいというデメリットがあります。また、メールの開封率も計測できません。

以上のように、テキストメールとHTMLメールは一長一短のため、HTMLメールに対応している読者にはHTMLメールを送り、それ以外の人にはテキストメールを送るなどの使いわけがおすすめです。


amp for email

「amp for email」は、Googleが提供する新しいメール技術です。これまでのように画像を中心とした装飾だけでなく、スライド写真や動画、アンケートフォームなどの動的なコンテンツが含まれたメルマガを配信できます。

動画やスライド写真で他社との差別化をしたい場合は、amp for emailでメルマガを作成するのも効果的です。

メルマガの配信方法

メルマガのもっとも簡易な配信方法はMobile Marketing Cloudに付随しているメール配信サービスを使うことです。また、Excelやスプレッドシートなど普段利用しているツールを利用して配信することも可能です。


メール配信サービスを使う

メルマガを送る方法として、もっとも一般的な方法は各社から提供されているメール配信サービスの利用です。

メール配信サービスは、知識や技術がなくても簡単にメルマガを管理できるため、初心者にもおすすめです。サービスによっては、細かい配信セグメントの設定や分析なども行えるため、高度なメールマーケティングを行いたい場合にも向いているでしょう。

メルマガ配信サービスには無料のものと有料のものがあります。有料サービスには、もちろん無料サービスにはない機能が充実していますが、まずは無料で試してみて必要であれば有料サービスにへの切り替えを検討するとよいでしょう。


ExcelとOutlookを使う

Microsoftが提供しているExcelとOutlookを使用すれば、コストをかけずにメルマガの配信を行うことができます。

まず宛先をExcelで作成し、CSVファイルで書き出し、Outlookの宛先として指定します。そして、Outlookで作成したHTML形式に情報を反映させ配信を行います。

無料でメルマガの配信を行うことが出来ますが、Outlookの操作にはExcel VBAを使用するため少々難易度が高く、VBAのプログラミング知識が必要です。


関連リンク

【事例付き】OutlookからSMS(ショートメール)を送信する方法

GmailからSMSを配信したら超簡単だった【動画付き】


Googleツールを利用する

Googleツールの利用でもメルマガ配信ができます。スプレッドシートで配信先をリスト化し、ドキュメントで内容を作成、Gmailで送信します。ただし、この方法では1日の送信数の上限があるので注意しましょう。


BCC配信を使う

最も単純な一斉配信方法はBCC配信ですが、あまりおすすめできません。BCCで受信したユーザーは他の送信先のメールアドレスを確認することができませんが、人為的ミスにより宛先にTOやCCを選んでしまい情報を漏洩させてしまうリスクがあり、個人情報漏洩に繋がる可能性が高いからです。

止むを得ず、この方法を利用する場合は必ず厳重にチェックの上で使用しましょう。


メルマガ配信は特定電子メール法に注意

営利目的でメルマガを配信する場合、特定電子メール法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)という法律を遵守する必要があります。

特定電子メール法とは、迷惑メールの規制に関する法律で、違反した場合は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」、「行為者に対して罰則、3,000万円以下の罰金)」が処せられますので注意が必要です。

また、メルマガ配信の際に使用する、ユーザーの氏名とメールアドレスは個人情報に該当します。個人情報の取り扱いとセキュリティには細心の注意を払いましょう。

特定電子メール法に関する要点は以下が挙げられます。


NG①架空のメールアドレスによる送信

特定電子メール法では、架空のメールアドレスを用いて広告や宣伝行為のためのメール配信は禁止されています。また、特定電子メール法を遵守するためにはメルマガの運営者情報を明示しておく必要があります。

必ず、自社で公にしているアドレスを利用し、受信者が配信者を簡単に判断できるようにしましょう。


NG②受信の同意がない相手へのメール送信

メルマガを配信するには事前に同意を得ておく必要があります。特定電子メール法では、受信の同意がない相手に対して広告や宣伝行為のためのメール配信は禁止されているためです。

つまり、第三者より顧客リストを購入し無断でメールを配信することは法律違反となり、メルマガはメールの受信を承諾する「オプトイン(受信者がメルマガの受信に同意したこと)」を取って配信する必要がありますので、メルマガ登録フォームを用意しておきましょう。


NG③配信停止の意思に反したメール送信

事前にオプトイン(メルマガの受信希望)を取っていたとしても、その後にメルマガ配信停止の希望を出した人へメールを送ることは法律違反となります。

「配信を停止してほしい」というオプトアウトを受け取った場合は、速やかに配信を停止しましょう。

ただし、メールを受け付けてから手作業で解除をしては停止忘れや大量の依頼によりミスが起きる可能性があります。

そのため、配信停止依頼を受けとると自動的に該当のメルマガの配信停止処理が行われるよう、メルマガ配信停止機能の準備をしておくと良いでしょう。

効果的なメルマガを配信するには

近年メルマガの効果が出ないと悩んでいるマーケティング担当者は少なくありません。

その理由の一つに受信側が多くのメールを受信するために配信したメルマガ が埋もれてしまい、メールが読まれないというケースです。この場合に検討して欲しいのがSMS(ショートメッセージ)の併用です。

SMSは携帯電話から携帯電話にメッセージを配信できるツールとして知られていますが、企業がパソコンやメールソフトから配信することもできます。

そして開封率がメールの20倍と言われており、マーケティングメッセージを配信するのにもおすすめです。

さらに、メルマガ の効果が出ない理由として最も大きな理由が、コンバージョン 率の悪さです。

これを解決するのにおすすめなのは、全てのメールアドレスに同じ内容のメルマガを配信するのではなく、受信者をきちんと細分化し、受信者が求めている情報をきちんと届けるという方法です。

自分の好みの商品や欲しい情報や広告は喜んで欲しい、購買意欲が高まるという人が4割にも及ぶという調査結果があります。

例えば、ペットショップがメルマガを配信する場合に、犬が好きな人には犬の情報を、猫が好きな人には猫の情報をきちんと届けることで、高倍率やコンバージョン 率を高めることができます。広告手法はパーソナライズド広告と呼ばれています。


関連リンク:

パーソナライズド広告を配信してみよう

 SMSマーケティングはメールより効果的?導入すべき理由やメリットを紹介


マーケティングを効果的に!MMCでメルマガを配信しよう!

メルマガはインターネットが普及し始めたころから使われているもっともポピュラーなマーケティング方法です。

さまざまなネットマーケテイング手法が生まれているなかで、メルマガは一つのシーンだけで使うものではなく、様々な手法と組み合わせ、活用できるコミュニケーション手法になっています。

CM.comのMMCはメルマガを配信するだけではなく、上記の

・メルマガと一緒にSMSを配信する

・パーソナライズド広告を配信する

ことも可能です。


パーソナライズド広告を作成しメルマガやSMSで配信するにはLP(ランディングページ)を活用するのが最適です。LPを無制限に作成できるツールもございますので、MMCで効果的なメルマガを配信することができます。


関連リンク:

5分で本格LP作成 メルマガ・SMS用にランディングページ作り放題

ランディングページとは?LP広告配信集客・売上アップへ

MMCの機能についてはMobile Marketing Cloudをご覧ください。

ぜひ興味をお持ちの方はお問い合わせください。

MMCを利用して、Eメール・SMS配信の効果を最大化したい方はお問い合わせください。

資料やサービスについて問い合わせる 今すぐ無料トライアルを始める

MMCを利用して、Eメール・SMS配信の効果を最大化したい方はお問い合わせください。

資料やサービスについて問い合わせる 今すぐ無料トライアルを始める
Takuya Hashimoto
Takuya Hashimoto,
Digital Marketing Manager in Japan

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web