記事一覧へ
SMS

SMSが届いてない?ショートメッセージが送れない原因を紹介

何かの不具合で企業から配信したSMSが受信者に届いていない、送れない経験をしたことはありませんか? 今回は、企業から個人へのSMSが届かない・送れない原因をご紹介します。

確実にメッセージを届けるならCM.comのSMS配信サービスを利用しよう!

SMSが届かないときの原因と対策

SMS(ショートメッセージ)とは

SMSとは、Short Message Service(ショートメッセージ/ショートメールサービス)の略で、宛先に互いの携帯電話番号を使って、やりとりができるサービスのことです。

電話番号があれば、メッセージのやりとりができるわけですから、スマホや従来の携帯であるガラケー、フィーチャーフォン、らくらくフォン、格安SIM端末など、キャリア関係なく使えます。

SMSは数あるメッセージチャネルの中でも、圧倒的な開封率の高さが特徴的で、その確率はおよそ80%にも及びます。

即時的にメッセージを読んでほしいときや、必ず確認してほしい内容はSMSで送るのが効果的です。

企業から個人・企業の取引先に向けて配信する場合は、CM.comが提供するSMS送信サービスを利用して、メッセージを届けることができます。

SMSが届かないを解決するSMS送信サービスのバナー

関連リンク

SMS(ショートメッセージ)は企業利用が急増

近年SMSの有用性が認められ、SMSを利用する企業が急増しています。ここからは、企業でSMSが具体的にどのようにつかわれているのか、利用用途をご紹介します。


SMS(ショートメッセージ)による2段階認証

セキュリティ強化に欠かせないのが、SMSを使った2段階認証(ワンタイムパスワード)です。 

2段階認証とは、個人で設定したパスワード、そしてSMSでの受け取った合計2つのパスワードを認証することで個人を特定する、多要素認証の一つです

電話番号を契約するには本人確認が必要となり、電話番号を保有しているということの本人確実性が高いので、他要素認証を行う際、誰でも作れるメールアドレスよりもセキュリティ面で安心感があります。

この安心感・信頼性の高さを利用して、企業ではサービスの契約前の本人確認として利用したり、サービスの会員登録といった個人情報を使用したりする時に使うケースが多いです。


関連リンク


業務連絡や緊急通知

SMSが利用される理由のひとつが、開封率の高さにあります。 

先述したようにSMSは開封率の高さが80%ほどと、送信すればほとんどの場合、読んでもらえる、気づいてもらえると思っていいでしょう。それは受信すると携帯の画面に自動で通知がポップアップし、さらにメールと異なり、一人当たりの受信件数が非常に少ないからと考えられています。

会社に勤めていると、緊急性のある内容や業務に関わる内容は、できるだけ早く伝えたいものです。メールやチャットは、通知がないと気づかなかったり、スマホが手元にない人はパソコンを起動させる必要があったりと、迅速性にかけますので、業務連絡などにはSMSは最適なツールです。

CM.comのSMS配信サービスなら国内はもちろん海外であっても、携帯電話番号さえあれば、メッセージを届けられます。


顧客へのリマインド

SMSの開封率の高さや即時対応性の高さ、見落しにくいという性質を利用し、顧客の予約等のリマインド、商品情報の通知として活用できます。

通知後すぐにチェックする方もしくはその日中にチェックする方の割合がが50%と言われているので、鮮度の高い情報や期間限定で知っておいてほしい内容などの伝達に効果的です。


関連リンク


顧客へのアンケート

顧客への内容確認同様、満足度調査などのアンケートもSMSを使うことで、サービス改善に繋がるでしょう。 

満足度調査・アンケート調査にメールアドレスを使うと、顧客がアドレスを変更してしまった場合、未達で終わってしまうケースが多々あります。

またメールは近年使用率が下がってきているので、届いたとしても確認されないことも珍しくありません。 

その分携帯電話番号で送れるSMSの場合、電話番号は携帯・スマホの機種変更をしたとしても引き継ぐケースが多いので、中長期的に確認してもらえる可能性が高いです。

到達率・開封率が高いSMSで、満足度調査をすれば、より多くの顧客の意見に耳を傾けることができます。

SMS(ショートメッセージ)を送れない原因:企業送信者向け

携帯から携帯に対してSMSを送る場合と異なり、企業がSMS配信サービスを利用してSMSを配信する場合には携帯から配信する通信網と異なるネットワークを利用している関係で、SMSを配信できない事は実はよくあることです。

ここからは送信者側に起因する、SMSが届かない、送れない原因について解説します。


文字数がオーバーしている

SMSを配信できない理由の一つが、文字数がオーバーしている場合です。

2019年以降、SMSで送信できる文字数は最大670文字。文字数はキャリアによって多少差があります。

またスマホや携帯の機種によっては、最大70文字しか受け取れない場合もあり、その場合は受信側のキャリアや機種を確認する必要があります。


関連リンク

電話番号が間違っている

SMSは電話番号宛にメッセージを送るものですので、そもそも宛先の電話番号が間違っていると、SMSが送信できません。

メールアドレスとは異なり、番号の羅列の場合間違って登録してしまう人も多いようです。

間違った電話番号にメッセージを送ってしまうと、知らない人に自分の電話番号が知られるリスクや、メッセージを読まれて個人情報の漏洩にも繋がりかねません。

電話番号を間違えてしまうことへのリスクは大きく、送信前は必ず電話番号が合っているのか確認することが大切です。

企業アカウントからSMSを送信した後は、配信結果確認サービス、メッセージログで確認することができます。


到達率の悪いルートからSMSを送信している

海外にSMSを配信するケースでよく生じるケースですが、SMSが到達率の悪いネットワークから配信されてる場合、

その場合は、利用している法人サービスの担当者に到達状況やルートの不具合がないか確認してもらいましょう。

CM.comの海外SMS送信サービスはグローバル企業の強みを生かし、世界196カ国に配信でき、世界中の到達率の良いルートの利用が可能です。

SMS(ショートメッセージ)を送れない原因:受信者側

ここからは、企業からのメッセージを受け取る側である受信者側でのSMSを受け取ることができない原因について解説します。


スパムフィルターで受信ブロックをされている

携帯端末によっては全SMSを受信拒否できる端末があります。この受信ブロックは自身でコントロールできるため、操作ミスで拒否設定リストに追加され、受信できないケースも多く存在します。

また、SMSではなく、国際SMSを拒否するという設定も存在します。この場合には国際SMSを利用して法人が配信する場合のSMSの受信を端末側で拒否しますので、送信側が国際SMSを利用している場合には端末は受信することができません。


補足:海外SMS(国際SMS)とは

海外SMS(国際SMS)とは送信者名をアルファベットで表示して送信されるSMSのことです。海外網を経由して送信されるので、国際SMSや国際ルートと言われています。

国際SMSでのブロックをあらかじめ回避するには送信者名を電話番号で表示する国内ルートをご利用ください。

CM.comのSMS配信ツールはいずれの対応も可能です。


SMSを受信できない端末を利用している

SMSは基本的にはどの端末でもSMSを受信することができますが、格安SIM携帯の場合にはオプションでSMS機能を申し込んでいないとSMSを受信することはできません。

ただ、現状LINEなどのコミュニケーションアプリや多くのインフラ系サービスは利用開始の際にSMS認証を必須としているので、多くのユーザーはオプションに加入しています。


端末の通信環境の不具合が発生している

個人間のコミュニケーションでは気軽にメッセージを受け取れるサービスとして認識されていますが、インフラやサーバーの問題により、SMSが届かない、送ることができないなどします。

問題が発生した場合、特にSMSはLINEやアプリのようにネット回線を介して送ることができないので、モバイル通信(電話回線)がつながりにくいと、その影響でSMSが届かないこともあります。 


通信エリア外・機内モードがオンのまま

基本的に各キャリア端末(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天・LINE)が提供している通信ネットワークの範囲外もしくは電波が届かない圏外では送受信することができません。

これはWi-Fiが繋がっていたとしても、送受信どちらも利用は不可能です。また手動でデータ通信をオフにできる「機内モード」でも受信はできません。


キャリア側がブロックをしている

近年、迷惑SMSが多発し、ソフトバンクが2022年6月に迷惑SMS対策機能の提供を開始しました。なりすまし迷惑SMSや本文にURLが含まれているSMSを受信者が設定いより拒否できるようになる他、AI技術を用いて送られてくるSMSを迷惑SMSかどうか判断し、キャリアが自動で拒否をする機能です。

これにより自発的に設定をしていなくてもキャリアがSMSが迷惑メールとして拒否されることも考えられます。


参考:各キャリアの迷惑メールの防止方法


関連リンク:


メモリ不足やデータ量の超過

長年使用していると気づかぬうちにデータ容量のメモリ不足となり、受信することができないケースがあります。

例えば、スマホアプリや写真、動画ファイルの使用要領を超過しているとSMSを受信することができません。

電波の状況や機内モードで受信ができない場合はメモリの容量をも合わせてチェックしてみましょう。

SMSの送信結果の確認方法

企業がCM.comのようなSMS送信サービスを利用する場合、SMSが送信できたかどうかを確認す

る方法をご案内します。


APIでSMSを配信する場合

APIでSMSを送信する場合、webhookを利用して送信結果を取得することができます。到達失敗になった場合には上記のような理由が考えられます。


管理画面、オンラインでSMSを配信する場合

管理画面やウェブサービスにログインをし、CSVなどで配信先をアップロードして配信するようなオンラインでのSMS配信の場合には管理画面内に配信結果を確認する機能があります。

CM.comではメッセージログという形で情報を提供していますが、そこでは配信日時などを含む配信結果を確認することができます。

SMS(ショートメッセージ)を送れない場合はすぐに対処しよう!

SMSが送れない原因を知ることができましたでしょうか。 

法人のSMS送信サービスはSMS本文70文字あたり1通単価がかかるサービスです。

そのためコスト削減のためにも、SMSが届かなくなる原因を可能な限り排除し、ビジネスに活用してみてください。

到達率の高いSMSで顧客にアプローチ使用

サービスや無料トライアルに問い合わせる CM.comのSMS送信サービスについて知る

到達率の高いSMSで顧客にアプローチ使用

サービスや無料トライアルに問い合わせる CM.comのSMS送信サービスについて知る
Takuya Hashimoto
Takuya Hashimoto,
Digital Marketing Manager in Japan

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web