記事一覧へ
SMS

SMSの既読はわかる?ショートメールで既読確認する方法を紹介

SMSは既読機能がないため、ショートメールが届いているのかわかりません。 基本的に個人利用ではSMSが開封済みであるかを確認することができませんが、法人向けサービスを利用すればメッセージの既読確認が可能です。 この記事では送信したSMSを既読する方法とあわせてiMessageと+メッセージの特徴や既読確認の設定方法などを紹介します。

SMSに既読機能はある?

SMSの既読イメージ

SMSには既読機能はないため、個人で利用する場合はメッセージの送受信で既読確認ができません。異なる端末、Android端末同士では確認できないものの、iPhone端末同士であれば「iMessage」でメッセージが送られ、SMS配信後に「開封済み」と「開封時間」を確認することができます。

また、SMSと同様に携帯電話番号宛にメッセージを送受信できる、+メッセージには既読機能があります。+メッセージとiMessageは、どちらも既読機能を任意でオン/オフできるようになっているため、既読確認ができるかは送信側の設定次第です。

SMSの到達状況を確認するならCM.comのSMS送信サービスの利用を!


※+メッセージとは

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア共通のメッセージアプリです。

※その他に既読確認できるアプリ

LINEやFacebook Messenger,Instagram上で行うメッセージでは既読機能があるため、既読したかどうかを確認できます。

SMSで既読確認できるもの:個人向け

上述で説明したようにSMSで既読状況を確認することはできませんが、既読機能のあるiMessageや+メッセージで開封状況を確認する方法を以下から紹介します。


iMessageの既読

iMessageとは、Apple社が提供するiPhoneやiPadに搭載されているメッセージアプリです。

iPhoneユーザー同士であれば、送ったメッセージが開封されると「開封済み」のチェックマークが表示され、各端末で既読状況を確認することができます。既読機能に加えて、メッセージの送受信時刻が表示されるため、何時に開封されたのかも合わせ確認できます。

しかし、この機能は受信先の端末が開封証明機能をオンにしてい場合のみ、メッセージの開封時刻が表示される仕様となっています。逆に受信者側がオフにしている場合は、開封時間が表示されることはありません。

1点、注意点としては、送信先の端末がAndroidや他のOSの場合や、開封確認ができないことは覚えておきましょう。


iMessageで既読表示のオン・オフを切り替える方法

iMessageは既読表示の有無を個々の端末でオン・オフと切り替えて設定ができるので、開封状況を確認したい方は手順に従って設定していみましょう。

iMessageで既読表示のオン・オフを切り替える方法の手順は以下となります。

  1. iPhoneの「設定」を選択
  2. 「メッセージ」を選択
  3. 「iMessage」を選択


「開封証明を送信」をオンにすれば、自分が確認したメッセージすべてに“開封済み”が表示されます。

またこのときオフにすれば、自分が確認したメッセージすべてが、開封済みと表示されなくなり、既読したかどうかが相手に伝わらないようになります。

これらの設定はすべて一括で行うもので、個別に設定ができないことは覚えておきましょう!


関連リンク

SMS・MMS・メール・iMessageの違いは?使い方と特徴

 

+メッセージは既読確認可能

+メッセージ(プラスメッセージ)は、携帯電話番号宛にメッセージが送れるサービスで既読確認ができるだけでなく、文字数も2,730字までの長文の送信ができます。加えてLINEのように、動画や画像、スタンプ、位置情報をなどを送受信できるのが大きな特徴です。

このサービスは、2018年5月から大手キャリア3社(docomoやau、SoftBank)が共同提供され、2021年11月時点で、2500万人以上の利用ユーザーがいます。iPhoneユーザーはアプリをダウンロードする必要があるものの、一部のAndroidユーザーは標準搭載で利用できます。

既読の確認方法は、メッセージの送受信を行うと「相手側でメッセージを受信済み」、「相手がメッセージを閲覧済み(既読)」というをチェックマークで確認できます。

そのため、既読されているかどうかを視覚的に送信者側でどのような状態であるのかを確認することができます。


関連リンク:

プラスメッセージとは?特徴や法人アカウントの利用や活用例を紹介


+メッセージで既読表示のオン・オフを切り替える方法

+メッセージには、あらかじめ既読表示機能が搭載されています。とはいえ、既読表示するかどうか、オン・オフは自ら設定しなければなりません。既読表示の切り替えは、+メッセージのアプリから設定可能です。

<手順>

  1. プラスメッセージのアプリを起動
  2. アプリ内の「メニュー」を選択
  3. マイページから「設定」を選択
  4. 「プライバシー項目」を選択
  5. 「メッセージ既読機能のオン・オフ」を選択して切り替える

送信者側と受信者側の双方が、メッセージの既読機能をオンに設定してはじめて利用できるというものです。


SMSの既読は法人サービスで確認できる?

ここまで個人利用におけるSMSの既読ついて説明してきましたが、ここからは企業で利用する場合をご案内します。

SMS配信サービスを法人で利用する場合、メッセージの既読状況の確認だけでなく、到達率やURLのクリック率、開封状況など確認可能です。

多くの場合、SMSの配信数に対して、到達、不達、テキストに差し込んだURLのクリック数や率、メッセージを開封した日などを確認指標にしています。

なお、SMSの配信結果は3ヶ月前までしかプラットフォーム上では確認できないのでデータを管理したい方は毎月データを保存して管理するようにしましょう。


SMSが既読になる理由

企業から送信したSMSが既読になる理由はいくつかあります。

スマホの画面上に通知表示されるケースが多く、受信者が気づきやすい特徴があります。

データとしても一般的に90%以上の到達率、80%以上の開封率があると言われており、到達率、開封率の高さからビジネスでの利用も増えてきています。

SMSが既読になる理由を以下で確認していきましょう。 


到達率が高い

SMSは到達率の高さでも、他のダイレクトメッセージよりも秀でています。到達率の高さは、およそ98%。SMSであれば他のツールよりも、圧倒的な確率で相手のもとに届くといっていいでしょう。

高い到達率を誇る理由は、大手キャリアから通信ネットワークから配信を行っているからです。

CM.comのSMS配信サービスも国内大手キャリアのメッセージ配信網を利用し、到達率の高い配信を実現しています。

 

開封率が高い

携帯電話番号宛に送ることができるSMSは、TwitterやInstagram、Eメールなどから送られるダイレクトメッセージと比較しても開封率が高いサービスです。

調査を発表している会社によっては異なりますが、Eメールの開封率は約10-20%と言われている一方で、SMSは開封率は80-90%以上あると言われております。

SMSは開封率の高さからも読み取れるように、確実に読まれるメッセージツールとして認知されており、重要情報や支払督促、予約のリマインドなどで利用されています。

 

ショートメールはポップアップで既読されやすい

SMSが読まれる要因のひとつとして、SMSは自動受信され、携帯電話上にポップアップ表示されることがあげられます。

設定で表示をオフにすることもできますが、デフォルトではオンになっているため、気づいてもらいやすいのです。

事実、ショートメール受信時に、ポップアップ表示されることもあり、「ついついテキストをクリックしてしまう」「なんでかわからないけど読んでしまう」という声もあります。

本人確認証やワンタイムパスワードで利用されるイメージが強いSMSですが、この視認性の高さを活かして、重要通知やマーケティングプロモーションなどでの利用が進んでいます。

 

本人確実性が高い

SMSの宛先となる携帯電話番号はキャリアとの契約時に本人確認が確認された方のみに電話番号が発行されます。

本人確実性が高いことから、セキュリティ対策の一環としてアプリやWebサービスのSMS認証として利用され、利用者の情報流出や外部からの不正アクセス防止対策と導入されています。

SMS認証はセキュリティ性が非常に高い通知手段として利用でき、迅速に本人かくできるため、あらゆるビジネスでの利用が増えています。

セキュリティ及び本人に必要な情報を適切に届けられるという点は大きな魅力でしょう。

 

携帯電話番号は変更されにくい

携帯電話番号の変更は年々減ってきており、一度取得した番号に高い確率でSMSを届けられる可能性があります。

一方、Eメールアドレスは無料で簡単に複数作成できるため頻繁に変更する人も多くいますが、携帯電話番号を変える人は少ないことも、SMSの開封率が高い起因します。

変更されにくい理由には、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)が浸透したことで、携帯電話番号を変えずに、既存で契約している携帯電話を新規で契約するキャリアに引き継ぐことができることも大きいです。

また若年層から高齢者までがスマホを持つ時代となってきため、年代問わずにSMSを送受信できます。

 

メッセージが埋もれにくい

受信ボックスに溜まりやすいメールと異なり、SMSは埋もれにくいという特徴も開封率の高さに繋がっています。

またSMSは自動で迷惑メールへ振り分けられることもありません。そのため気づいてもらいやすいのです。

受け手は情報に簡単にアクセスすることができ、受信ボックスから必要な情報を探し出す手間もかかりません。

 

メールと比べて既読されやすい

その証拠にメール開封率がおよそ10-20%、電話の接続率がおよそ30%と低めであることに比べ、SMSの開封率はおよそ80%以上と、SMSだとメッセージを見てもらいやすいのがわかります。

SMSは既読されやすい点から、絶対に読んでほしいメッセージや即時的に反応が欲しいとき、確認してほしい内容について使うのが有用です。

 

関連リンク:

SMSとは何か?ショートメッセージの基本を知り、ビジネスで活用を

SMSが届かない?メッセージが送れていない原因や解決策を紹介

SMSマーケティングはメールより効果的?導入すべき理由やメリットを紹介


SMSを既読してもらうための注意点

企業から送ったSMSが既読されるためには、いくつか約束事を守って配信する必要がありますので、下記の注意点を確認していきましょう。


シンプルなメッセージを心がける

SMSは簡易的な文章をテキスト形式で配信できるメッセージサービスと活用されてきたこともあり、受信者に長文を送るとスパム・詐欺と疑われてしまいかねません。

そうならないように、企業から個人へ配信する際は、本文に企業名、宛名を差し込むなどして気をつけなければなりません。本文で「誰から送られてきて」「誰宛に送っているメッセージなのか」を明確にすると信頼性の高いメッセージとして受け取ってもらえるでしょう。

 

文字数制限がある

既読率・開封率の高いSMSですが、1点注意するポイントがあります。それは、SMSで送れる文字数に制限があることです。長文のメルマガを送ることで差別化をしてきた企業にとっては悩む点かもしれません。

長文SMSを送信した場合は、一つのメッセージが70文字程度おきに分割して送られるといったことが起きてしまいますので気をつけるようにしましょう。

関連リンク

SMSに文字数制限はある!上限なしでショートメールを送る方法

 

長文を送るなら+メッセージの公式アカウント

+メッセージでは、2019年5月から企業とメッセージのやり取りが行える公式アカウントでは公式マークが表示されるようになりました。

利用企業は、公式アカウントを使って個人へのメッセージ配信ができ、メルマガのような長文を配信することができます。

また公式アカウントを追加しておくことで、LINE公式アカウントのように問い合わせができるというものです。問い合わせ以外にも、商品情報やサービス内容を受け取ることができます。

発行には手続きと3キャリアの審査が必要となりますので、CM.comのお問い合わせください。

 

SMSで既読状況を把握する方法

CM.comのSMS配信サービスでは、送信したSMSの到達状況を確認するメッセージログのみであれば既読状況を確認できません。しかし、Mobile Marketing Cloud(MMC)に付随するCDPとSMS配信サービスを連携することで、個々の既読状況(開封状況)が確認できます。

加えて、ショートメッセージの履歴や、配信結果をキャンペーンごとに確認できるため、次にどんな対策を打てばよいかを検討しやすくなります。

さらに、メッセージと一緒にURLを添付すればクリック率を検証でき、既読者がどれくらい関心あるのかも把握できます。URLをクリックした人から順に顧客にアプローチする、関心度合いが高い配信リストも新規で作りメッセージを送るとより便利に活用できるでしょう。

 

既読確認と一括送信も可能

CM.comのSMS送信サービスを利用すれば、顧客や従業員への一斉送信もできます。

個人の携帯端末で1件1件送信しなければならない手間をはぶけます。利用する携帯会社によって送信できるメッセージの数に上限や1日の最大送信量があるため大量配信には向いていません。

法人向けのサービスの利用で、企業から個人へ一括送信が可能となります。機能は豊富で、サービス内容は文面の作成、一斉送信時の予約配信、送信先の電話番号リスト管理などを含み、メッセージ作成時から送信まで、送信後もメッセージの到達状況を確認できます。


SMSの既読状況を知り、ショートメールを有効活用!

個人で利用する場合、SMSに既読機能がないため、開封状況を確認できませんが、iMessage、+メッセージを利用することで、受信者が既読したかどうかがわかります。一方、法人SMS配信サービスであればメッセージの既読状況を確認することを紹介させていただきましたので、以下のポイントを押さえておきましょう。

ポイント

  • 個人SMSは既読状況を確認できない
  • 個人でもiMessageと+メッセージは既読確認可能
  • 法人はサービスでは既読確認可能


CM.comではSMS配信サービスは、ショートメールの既読状況を確認できるだけでなく、その結果に基づいた次のアクションまで起こしやすいシステムになっています。

SMSの既読状況を確認しながら効果検証をし、PDCAを回すことで効果的なマーケティングを行いましょう。配信したメッセージが開封済みかどうかを確認したい方はCM.comのSMS配信サービスをご検討ください!

SMS配信サービスの利用ならCM.com

資料や料金を問い合わせる SMS配信サービスを利用する

SMS配信サービスの利用ならCM.com

資料や料金を問い合わせる SMS配信サービスを利用する
connects tens of thousands of companies with millions of consumers via their mobile phone each day. Behind the scenes, from our innovative platform, CM.com makes sure companies can use these millions of messages, phone calls and payments to become part of people’s lives.

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web