記事一覧へ
SMS

SMS文字数制限は?上限なしでショートメールを送れる方法とは【事例付き】

SMSに文字数制限?あるなら何文字まで?気になる方は多いはず。SMSは携帯電話番号宛に届けられるメッセージで、LINEのようにアプリのインストール不要でガラケー・スマホにも送ることができ、開封率が高いという特徴があります。 基本的には送れる文字数に制限がありますが、法人向けのSMS配信サービスを使えば長文メッセージを送ることが可能です。そこで今回は、SMSの文字数制限をオーバーして送る方法をご紹介します。

SMSの文字数制限は?

SMSで送れる文字数には制限があります。なぜなら、もともと短いメッセージのやりとりを前提としたサービスであったためです。また基本的に画像やファイルは送ることができません。

SMSは、ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルなどのキャリアをはじめ、格安SIMでも利用することができます。LINEなどのように送信側も受信側もアプリをインストールしたりアカウント登録をしたりする必要がなく、受信時にはポップアップ通知されるため開封率が高いという特徴があります。さらに、SMSは国際規格なので基本的に海外の端末同士でも送受信可能です。

2019年9月に670文字まで増加

従来のSMSの送信可能文字数は70文字(半角160文字)でしたが、2019年9月に、別のキャリア同士でも全角670文字(半角1,530文字)まで送れるようになりました。

<参照:SMSの仕様を変更、一度に670文字を送信可能に、9月10日から>

ただし、これは最近の機種に送った場合で、70文字の制限がある古い仕様のスマホ・携帯電話の機種に70文字以上のSMSを送信した場合は、ひとつのメッセージが70文字程度おきに分割して届けられます。

SMSの送信は無料ではなく、1通ごとに送信料が発生します。つまり、分割されるとその分送信料がかさんでしまいます。

【補足】SMSの進化版+メッセージなら2730文字

SMSと同様に携帯電話番号宛に送れる「+メッセージ」であれば全角2730文字まで送ることができます。+メッセージは、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社が提供する、Rich Communication Services (RCS) 規格に準拠したサービスです。 Android 端末には標準で搭載されている機種が多いようですが、iOS端末や一部のAndroid端末ではアプリをインストールする必要があります。

+メッセージの通信はメールと同様、パケット通信を行うため送信料は発生はかかりません。ただし、相手が+メッセージのアプリを利用していない場合は、自動的に通常のSMS送信に切り替わり、送信料が発生します。

※2018年5月にリリースされた+メッセージ(プラスメッセージ)は利用者数を2500万人(2021年9月2日現在)と順調に伸ばしています。

<参照:NTTドコモ/KDDI/ソフトバンク、全ブランドで「+メッセージ」対応へ>

SMSは文字数によって料金が異なる?

SMSの送信料は個人向けと法人向けで異なります。個人向けであれば70文字程度で3円が相場です。法人でSMSの送信を行う場合は、個々の携帯電話端末から送信する方法と、SMS配信サービスを利用する方法があり、それぞれ料金が異なります。

個々の携帯電話端末から送信する場合は、メッセージを1通ずつ送信する方法となり、料金相場は個人契約と同様です。

一方で法人から個人にSMSを複数の人に一斉に送りたい場合は、パソコンから操作可能なSMS配信サービスの利用が便利です。SMS配信サービスを利用した際の1通あたりの70文字の送信料金の相場は15~18円程度ですが、サービスごとに料金体系が異なるため、導入前に比較検討するようにしてください。

CM.comの場合、初期・月額費用がからない1通あたり8.19円の従量課金制で提供しています。月々使った分のみの請求となるので、最小限の投資コストで利用することができます。

SMSの文字数制限を超えて送信したい場合

SMS配信サービスで送れる文字数はそれぞれ異なりますが、一般的に1件あたり最大670文字となっています。長文SMSを送る場合、1通あたりの料金も増えてしまう難点があります。

ただし、CM.comのSMS配信サービスであれば文字数制限を超えて送信することが可能です。弊社が提供するMail SMS+を利用することで、どの端末にも長文メッセージを送ることが可能です。

特にBtoC事業者には顧客の機種などを気にしなくてよいので便利です。さらに1通分の料金でメッセージを送信できるため、コスト削減にも繋がります。

文字数を気にせず送れるMail SMS+とは

CM.comが提供するMail SMS+は、Mail SMSの進化版です。普段利用しているメールソフトから送れることはもちろん、本文作成画面で入力した長文テキストがランディングページとして自動生成されます。

Mail SMS+の特徴を簡単にご紹介します。

  • 普段利用しているメールソフトの本文作成画面にメッセージ本文を入力します。
  • 宛先に【国番号+携帯番号+@当社指定のドメイン】を入力し、送信ボタンをクリックします。
  • 受信者に事前に設定した定型文とランディングページのURLがSMSで届きます。受信者がURLをクリックすると、①で入力したテキストが記載されたランディングページを確認できます。

長文SMSとMail SMS+の効果は?

よくお客様から長文SMSを送ることはできますか?効果はありますか?と聞かれますが300〜600文字の長文をショートメッセージで送ることはあまり効果がありません。理由としてスパムなのではないかと怪しまれる、適切に改行されずに文章が途切れてしまうなど伝えたいことが伝わりません。

一方でシンプルに70文字程度で送った場合、開封率も高く、URLのクリック率が高かった事例が多くあります。ショートメッセージは短文で送られてくるものという認識があるため、短く簡潔にが鉄則です。そうすることで、不思議と受信者は目に留まり頭の中にスッと入ってくるのでしょう。

CM.comとしては、URLを含み1通70文字程度で送ることをお勧めしています。

SMSで文字数制限を超えた長文を送る事例

SMSのサンプル02

SMSの文字数制限はMail SMS+を利用することで解消できます。ではどのように解消されるのか?SMSに自動でランディングページ(LP)のURLが挿入されるため、LPを作ったり文字数を気にしたりすることなく顧客に届けたい情報を送ることができます。さらに、画像や動画などの差し込みも可能なため、リッチなメッセージにすることも可能です。

Eメールやメルマガような長文

Eメールのような長文を送りたいときに便利です。用途によってはメール配信から送るようなメルマガも可能です。開封率の低いEメールの代わりに、到達率・開封率の高いSMSを媒介として顧客にリッチな情報を届けることができます。 

セミナーの案内

セミナや研修の案内などを送るのにも長文SMSは効果的です。セミナーの詳細や位置情報などの詳細も連絡できます。開封率の高いSMSであれば、セミナーに申し込んでくれた方に確実に重要なメッセージを届けることができます。 

支払い督促

督促や未払い金の請求は、もっともよく使われているSMSの用途のひとつです。なかなか電話に出てもらえない、DMを郵送しても支払い手続きを行ってもらえないのであれば、SMSがおすすめです。SMS配信サービスを利用すれば、開封したかどうかも確認できます。

文字数制限を超えたSMSを送るならMail SMS+

SMSには文字数制限があることから「短文しか送れない」「送信料金が高い」と懸念され、悩んでいる方は、ぜひ一度Mail SMS+をお試しください。メルマガと変わらないリッチな情報を確実に届けたい顧客に届けることが可能です。

実際に導入していただいた企業様ではコスト削減につながった、1通分で長文を送れるので便利!などという声をいただいております。

これを機会にぜひCM.comを検討してみてください!

文字数を気にせず送るならCM.com

問い合わせ Mail SMS+について知る

文字数を気にせず送るならCM.com

問い合わせ Mail SMS+について知る

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web