前のアイコン 記事一覧へ
Oct 26, 2022
3 minutes read

海外SMSとは?海外SMSについて、海外の現状や送信時の注意点を交えて詳しく解説

日本で友人に連絡先を聞く際、私たちはメールアドレスやLINEのIDを尋ねますが、海外のドラマや映画を見ていると「Can I get your number?」(携帯番号を教えて?)や「What’s your number?」(携帯番号はなに?)と、携帯番号を聞いているシーンがよくあります。日本では友人間で携帯番号を聞く機会が減りましたが、アメリカをはじめとする海外では、今でも携帯番号を交換しています。この記事では、海外の現状や送信の注意点、仕様などを紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

法人向け海外SMS配信サービスなら世界199カ国に送信できるCM.com

海外SMSとは?

海外SMS(ショートメッセージサービス)は国際SMSとも呼ばれています。日本国内で送受信できるSMSと同様に、海外で契約をしている携帯電話宛にSMSを送信するサービスです。

個人の携帯電話からは、携帯電話のショートメッセージのアプリから相手の国の国番号と、携帯番号を宛先に設定し送信します。

法人では業務で利用しているパソコンやメールソフト、APIから送信する場合であれば、CM.comが提供するようなSMS送信サービスを利用することで海外顧客にメッセージの送信が可能になります。


海外SMS(国際SMS)イメージ

関連リンク:



海外SMSの利用は日本の約1800倍!

a campaign over SMS, a mobile landing page, and the website itself

2019年の日本のSMS配信数が11 億通であったのに対し、アメリカのSMS配信数は2兆980億通でした。

また、人口が日本の3分の2程度のドイツでは80億通のSMSが配信されました。この数字から分かるように、今でもSMSが世界中で利用されています。

アメリカでは薬局のWebサイトに電話番号を登録するだけで、処方箋の準備完了通知を受けたり、定期的に服用している薬が切れてしまう前にリマインダーを受けたりできます。

その他には、駐車場使用時間の通知や駐車時間の延長申請をSMSで行えます。このように、SMSは人々の生活をより便利にしているのです。

SMS送信サービスは世界中で多くの人に利用されていますが、なぜ日本ではあまり利用されていないのでしょうか?

海外はSMS、日本ではメール・LINEと利用ツールが異なる理由

日本で携帯電話(ガラケー)の利用が拡大した当時から、SMSは存在していました。

しかし、当時のSMSは同じキャリア間でしか送受信ができず、1通ごとに料金が発生しました。
そのため、キャリアを跨いで送受信ができ、パケット通信を使用できる「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」 などのキャリアメールが利用されていました。

スマートフォンが普及し始めると「LINE」へとコミュニケーションの手段がシフトしました。現在日本の人口の約65%がLINEのアクティブユーザーという調査結果があります。

このように、日本ではSMSをメインのコミュニケーション手段として使う機会がありませんでした。海外ではキャリアメール時代がなく、SMSを利用してきたため、現在でも多くの人がSMSを利用しています。

また、日本でSMSを利用する場合は1通送るごとに料金が発生しますが、アメリカでは1通単価が比較的低く、SMS送り放題プランがあることから、日常のコミュニケーション手段としてSMSが利用されています。

海外SMSの仕様について

SMSは日本ではあまり知られていないツールですので、海外SMSについて簡単な仕様をご紹介します。

海外SMSは世界中にメッセージ送信可能

海外SMSは、日本国内の方だけではなく、海外のユーザーに向けてもメッセージを送信できます。そのため、海外の方へ広く情報を発信したいと考えた際にも役立つでしょう。

必要なのは、お相手の国情報と、電話番号のみです。電話番号がわかっているのであれば、直接電話をかける方法もあります。

ですが、国によっては時差の問題もありますし、なかなかお相手にとって都合が良いタイミングで電話できないこともあるでしょう。そういった場合もSMSを活用すればお相手も都合が良い時に確認できます。

電話より安い費用で送信可能

海外とやりとりする方法として、海外SMSのほかに、国際電話を用いた方法があります。ですが、国際電話は費用が高く、少し通話をしただけでも想像以上にコストがかかってしまうことが多いです。

また、電話だとついつい長く話してしまうこともあるでしょう。仮にアメリカに電話をかけると3分程度で200円前後の費用がかかってしまいます。

一方SMSであれば、数十円単位で送信できるので、費用のことを考えると、通話よりも安価な海外SMSを活用してみてはいかがでしょうか。

CM.comのSMS送信サービスを利用を検討するなら料金プランを確認ください。

全ての携帯端末に送信可能

SMSはスマホだけのサービスではないため、ガラケー・らくらくフォンに対してSMSを送信することも可能です。

これは、専門のアプリなどではなく、電話番号を用いたメッセージの送受信であることが関係しています。

アプリの中にはスマホユーザー同士であればメッセージのやりとりができるものもありますが、ガラケーなどを対象としてメッセージを配信したい場合はSMSを活用してみましょう。

メールアドレスを聞いてメールを送信する方法もあります。ただ、特にキャリアメールの場合はキャリアの変更とともにメールアドレスが変わってしまうことも多いです。携帯電話番号を対象とするSMSであれば、そういった心配もありません。

海外ではSMSが最も主流なコミュニケーションツールの一つ

見てきたように、海外ではSMSが最も主流なコミュニケーションツールとなりました。メールはほとんど読まれないのが現状です。

海外の顧客にメッセージを届けるのであれば主流なコミュニケーションツールを利用して届けることが視認性を上げる最良な方法でしょう。

今、海外ユーザーにメッセージを送るならSMS とWhatsAppが最適

海外ではSMSが主流なメッセージツールと言いましたが、近年、WhatsAppもコミュニケーションツールとしては主流になっています。

WhatsAppはSMSと異なり、アプリをダウンロードして利用する個人と個人のコミュニケーションアプリになります。日本ではLINEが主流ですが、海外ではWhatsAppが多くの国で利用されています。

SMSと同じでWhatsAppは携帯電話番号宛に送信するので、SMSと親和性が高くWhatsAppとSMSは両方利用されることが多いです。

というのも、SMSは電話回線で送信されるのでインフラが整備されていない国はインターネット回線を経由して送信されるWhatsAppの方が到達率がよく、開封率も高いからです。

SMSが到達しない場合に、WhatsApp,またはその逆などそれぞれの欠点を補う形で利用されるケースが多いです。

マーケティングで利用するなら海外SMSの方がおすすめ

WhatsAppではあまり企業から送信する一方通行での商品情報やクーポン送付などのマーケティング利用はなされていません。海外では一方通行のマーケティング目的ではSMSが利用されています。

一般的に企業のマーケティング施策として、Eメールを組み合わせたリピーター獲得、休眠顧客の掘り起こし、セール情報やクーポン配布などがありますが、メールの開封率が悪くコンバージョン(CV)に至らないのが現状です。

しかし、SMSはEメールと比べて開封率が高く、本文内のURLのクリック率も15〜20%と非常に高い数値を誇ります。

特にマーケティング利用ではWebページやLPを活用して、URLを本文に挿入し、リンク先のページで画像や動画などのリッチなコンテンツで訴求する方法がメジャーとなっています。

海外のユーザーにマーケティングメッセージを送信するならSMSがおすすめです。



関連リンク:


企業が海外SMSを送信する方法

パソコンからSMSを送信する3つの方法

海外SMSを送信する方法はどんな方法があるのでしょうか?日本国内から海外に向けたSMSの送り方について解説します。

海外SMS送信サービスを法人が利用する場合、各国で規則がありますので各国の申請手続きを要します。そのため、メッセージを配信する前に各国の申請手順を確認し、配信準備を進める必要があります。

申請手続きなどが済んだ後は、SMSの送り方を確認してメッセージを送信していきましょう。

パソコンからSMSを送信する方法

企業から海外顧客に向けてSMSを送信する場合、web管理画面にログインして、パソコンからSMSを送信する方法が最もメジャーです。

海外に配信する場合、CM.comのSMS配信サービスを利用するのが適切です。

メッセージの本文を送るときの言語は、英語や中国語、ドイツ語、フランス語など主要カ国の言語に対応しているので文字化けなど心配せずに送信可能です。

管理画面にログインし、メッセージ本文をアップロードした携帯電話番号リストを選択するだけで簡単に送信できます。

API連携で送信する方法

社内に開発者がいる法人の場合は、自社で利用しているシステムやCRM、SFA、MAツールにSMS配信機能をAPI連携させて対応することもできます。

SMS配信のAPIを実装することで、使い慣れた配信手順で世界各国の顧客にSMSを配信できるようになります。

メール形式で送信する方法

メール形式で配信できるMailSMSを利用することで、普段使っているメールアドレスからSMSを配信できるサービスです。

GmailやOutlookなどのメールソフトを使い、宛先欄を「国番号+携帯番号@mail-sms.com」にして、メッセージを入力して送信ボタンを押すだけでOKです。

SMS配信ツールの使い方を覚える必要がないので、パソコンの知識がない方や、すぐ使い始めたいという方におすすめです。

メールからSMS配信ができるMailSMSを利用したい場合は、CM.comに管理画面に送信元メールアドレスもしくはドメインを登録することで、すぐに利用開始できます。

関連リンク

海外SMSを送信する際の注意点

海外SMSを利用するにあたり、確認しておきたい注意点があります。以下の2点は、実際に海外SMSを使用する前に良く確認しておきましょう。

海外にSMSが届かない場合

海外顧客にSMSが届かない、SMS送信サービスを利用しても送ることができない場合は、担当者に確認するようにしましょう。海外の規則(レギュレーション)は変わることもあります。

例えば、顧客がSMSを受信できていたけれど、急に受信できなくなってしまうケース。今までは登録手続きをしなくても、メッセージを送信できた国も国の規制により登録が必要となる場合がございます。

そのような場合は、担当者に原因を確認するなどして対策を講じるようにしましょう。

SMSを世界199カ国に送信可能

海外へのSMS送信は利用している法人向けのSMS配信サービスによって対応している国、地域が異なります。

そのため、実際にSMSを送信する前に、自分が利用しているサービスで送信したい国・地域に対応しているのか確認しておいたほうが良いでしょう。

CM.comでは世界199カ国以上に配信できるので、当社のSMS配信サービスを選べば間違いく、多くの国々に情報発信ができます。

主要カ国はリスト

企業が海外SMSの配信先とする主要国となります。

● 南北アメリカ

アメリカ、アラスカ、アルゼンチン、ウルグアイ、エルサルバドル、オランダ領アンティル、ガイアナ、カナダ、ジャマイカなど、24の国と地域

●オセアニア

オーストラリア、グアム、サイパン、サモア、トンガ、ナウル、ニューカレドニア、ニュージーランド、バヌアツなど、11の国と地域

●アジア

インド、インドネシア、韓国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国など、22の国と地域

●中東

アラブ首長国連邦、イスラエル、イラク、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリアなど、13の国と地域

●ヨーロッパ

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アゾレス諸島、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イギリス、イギリス王領ガーンジー島など、59の国と地域

●アフリカ

アセンション島、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピア、ガーナ、カナリア諸島、ガボン、カメルーンなど、30の国と地域

●その他

主要な国については、ほとんど対応しています。ただ、各国の申請方法について少し違いがみられるので、事前に確認してください。

海外SMSの送信料金

海外SMSを送信する際に気になるのが費用です。当社の場合、初期費用や月額費用などはかかりませんが、配信先の国によってメッセージの送信単価が異なります。

国によっては1通あたり数円程度で配信できますが、1通あたり10〜15円などかかる国もございます。そのため、大量に送信するようなケースではかなりのコストがかかることになります。

また国によっては申請手続きや法人を有していないと配信できないことや、電話番号を取得しなければならない国は初期・月額費用が発生することもあるため、都度、担当者窓口に確認してください。

海外SMS送信サービスならCM.comにお任せ!

海外では日本よりはるかに多い通数がSMSで日々配信されています。自国内向けのマーケティングとして、SMSを活用し、商品やクーポン券など販促などが頻繁に活用されています。

CM.comが提供するSMS配信サービスはとても簡単です。簡単なだけでなく世界各国にメッセージを配信できるため、取引先やターゲット群に合わせた送信を実現できます。

Mobile Marketing Cloudを利用することでSMSと合わせてランディングページやフォームの配信もできます。さらに必要であればWhatsAppやEメールなど複数チャネルを一つのプラットフォームで配信できます。

CM.comは世界24ヶ国25ヶ所に事業所を構え、199カ国にSMSが配信できます。年間60億通以上のメッセージを配信しており、世界中のSMS活用事例を保有しています。

海外へSMSの配信をご検討の際は、ぜひ一度お問い合わせください。

海外にSMSを届けるならCM.comのSMS送信サービスの利用を!

この記事を共有する
タグ一覧
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

RCS vs. SMS Messaging
Mar 27, 2024 • SMS

GmailからSMSを送信したら超簡単だった【事例付き】

GmailからSMSを送れないかな。到達率・開封率が高いショートメールを自社でも使ってみたいと思っても、実際のところ、「ツールの使い方を新たにキャッチアップするのがちょっと面倒」「他にもCRMツールを色々使っているし、これ以上ID/パスワードを社内で浸透させるのも地味に大変...」と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。 本記事ではMailSMSを利用し、GmailからSMSを送信する方法を紹介します。

acquisition-chatbots
Mar 27, 2024 • SMS

SMSをURL付きで送信するには?事例やデメリット、SMS送信事業者の選び方

「SMSをURL付きで送信するメリット・デメリットが知りたい!」 「企業がSMSをURL付きで送信する目的は?」 このようなことが気になっているビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 SMS(ショートメールサービス)は、新たな商品やサービスを紹介したり、販売促進を行ったりする際に活用が可能です。 非常にシンプルなUIで短文をメインに据えたメッセージを送信でき、顧客データを管理しながら、絞り込んだターゲットに対して訴求を行えます。 本記事では、そんなSMSをURL付きで送信するメリットやデメリットなどを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

sms-marketing benefit
Mar 15, 2024 • SMS

SMSを中国に送信するための方法と注意点を紹介

企業が中国にSMS送信するためには、中国へSMS送信ができるSMS送信事業者のサポートを得ながら適切な手続きを踏まなければなりません。CM.comは中国支店を有し、大手企業の配信実績もあることから、中国へSMSを届けることができます。これまでの経験をもとに、この記事では企業が中国の携帯電話端末にSMSを送信する方法を紹介します。

drive more automotive sales
Mar 13, 2024 • SMS

SMSで写真や画像は送れない?携帯電話番号宛のメッセージで画像を送信する方法と法人利用で画像を活用するメリットを解説

SMSで写真や画像を送ることはできるのか?送信できない場合に送る方法は別にないのかと、探している方は多いのではないでしょうか。今回はSMSから写真や画像が送れない?と困った時にSMS類似のサービスやSMSに添付して送信方法、また法人でSMSに画像を送付するメリットを紹介します。

whatsapp-business-telecom
Mar 12, 2024 • WhatsApp

訪日外国人観光客と連絡を取りたい企業必見!WhatsAppビジネスとSMSの比較

海外ではWhatsAppとSMSが今最も企業が顧客やユーザーとコミュニケーションをとるための手段として活用されているツールです。日本企業でも訪日外国人観光客や外国人の顧客との連絡・コミュニケーション手段として大いに活用することができます。 WhatsApp(企業が利用するにはWhatsAppビジネス)とSMSではどちらを利用するのが適しているのか、具体的な事例を用いて説明します。

automatizacion-comercio-electronico
Feb 07, 2024 • SMS

セールスフォースのメール配信機能からSMSを送信する方法

セールスフォース(Salesforce)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージ/ショートメール)を配信できたら便利ですよね。 しかし、セールスフォースのプラットフォームからSMSを配信するにはAPI連携かappexchangeの利用で開発の手間がかかります。 CM.comのメール配信機能からSMSを送信できるMail SMSを利用することで、特段な開発を必要とせずにメールと同じ手順でSMSが送信できます。 今回は、セールスフォースを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

customer service team
Jan 30, 2024 • SMS

パソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、サービスの選び方は?

パソコンからSMSは送信できるのか?SMSはスマートフォンやタブレットのみで使用できると思われがちですが、実はパソコンでもSMSを個人宛にメッセージ送信が可能です。本記事ではパソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、選び方を紹介します。

telephone-to-sms
Jan 30, 2024 • SMS

電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客へ電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられず、もどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon