記事一覧へ
Mobile Marketing Cloud

広告集客を最大化できるパーソナライズド広告とSMS配信のポイントとは

一人ひとりのターゲットに合わせたパーソナライズド広告はマーケティングの主流になり、消費者の立場としても「ターゲティングされているな」と感じることも多いでしょう。 当たり前となったパーソナライズド広告の効果を最大化するには、いくつかポイントがあります。今回は、主要なプラットフォームにあわせ、SMSとLPを利用したパーソナライズド広告もご紹介します。

なぜ今広告でパーソナライズが求められるのか

企業は個々の顧客に最適なメッセージを最適なタイミングで配信することが、常々求められています。

ユーザーに適切な内容が届けば、好意的に受け止められやすく、購入検討や購買意欲の増加に繋がります。

例えば、住宅を購入した直後の顧客に住宅に関するメールを送っても無反応になるのは明らかです。

しかし、住宅を購入する前にローンのオファーを送ればどうでしょうか?注目してもらえるでしょう。

このように、顧客が求めるものを適切に届けられるか、常に求められているのです。


関連リンク:パーソナライズとは?効果を知り顧客が望む情報を届けよう

関連リンク:パーソナライズド広告とは?求められる理由や事例を紹介

広告の集客でパーソナライズド広告が配信する方法

実際にどのような広告配信サービスでパーソナライズド広告が利用できるのか、一般的に認知されているパーソナライズド広告のプラットフォームであるAmazon、Twitter,、Google、そしてCM.comのMMC(Mobile Marketing Cloud)をご紹介します。

Google

Google が提供する Google ディスプレイ広告(GDN)では、配信対象となるコンテンツに合わせたパーソナライズ表示が可能です。

検索エンジンであるGoogleは、アカウント情報やChromeブラウザから、ユーザー属性や検索履歴、Webサイトの閲覧履歴などのデータを取得しています。

それらのデータは各ユーザーに合わせてカスタマイズされており、カスタマイズ情報に基づいて適切な広告配信を行う仕組みです。

Googleによってどのように広告がカスタマイズされているかについては、Googleの「広告のカスタマイズ」というページで確認できます。

ここでは年齢や各種キーワードのほかに、子どもの有無や世帯年収の高低なども、Googleによって推定されています。

広告のカスタマイズをオフにすることや、各項目について興味・関心がなければ個別にオフに設定することも可能です。


Twitter

Twitterには、プロモ広告やフォロワー獲得広告などがあり、それぞれ細かいターゲティングが可能です。ターゲティングの精度を向上させるため、Twitterでは自社で取得したユーザーの個人情報を広告配信に活用しています。

取得したユーザー属性やWebサイトの訪問履歴などに基づいて広告を配信するため、Twitter広告もパーソナライズド広告の一種と言えるでしょう。


Amazon

通販サイトのAmazonでは、ECサイトの利用者向けに「あなたへのおすすめ商品」や「この商品を買った人はこちらも購入しています」といったパーソナライズド広告を配信できます。

Amazonでの購買、サイトの閲覧、Amazonツールの利用、Amazonのチェックアウト機能などの支払サービスの使用情報を収集・活用しています。


MMC

「MMC(Mobile Marketing Cloud)」は、CM.com が提供している、SMS広告配信パッケージサービスです。ターゲット属性ごとに最適化したLP広告を簡単に作成することが可能です。

特定のターゲットに最適化した広告を作成できるので、リターゲティング広告のように高い効果が期待できます。

SMSは広告配信媒体として費用対効果が高いツールです。郵便やWeb広告よりも低コストなSMSは、Eメールより開封率が高いと言われています。

関連リンク:メールとSMS配信はどちらが効果的?開封率の違いなどを紹介

関連リンク:リターゲティング広告に頼らない、パーソナライズドSMSとは

広告で集客を行うならパーソナライズド広告とSMS

AmazonやTwitter、GoogleとMMCの大きな違いは既存顧客に特化してアプローチできる点です。開封率の高いSMSで配信するため、確実性の高いアプローチができます。


ビヨンドボーダーズ様の不動産キャンペーン事例

ビヨンドボーダーズ事例

⽇本⼈向け海外不動産売買サポート事業を行っている株式会社ビヨンドボーダーズ様。メルマガ配信やweb広告、SMS配信など一通りのマーケティング施策を実施されていましたが、思うような効果が得られず課題がありました。

そこで、SMSを活用したパーソナライズド広告でキャンペーンを行ったところ、Web広告で獲得した顧客単価が1/3以下になりました。MMCを利用して改善したのは以下の3点です。


・開封率が上がるようにSMS内コンテンツを工夫

・配信属性に特化したデザイン性に優れたLP広告の作成

・コンバージョン に特化したLP広告の構成


ビヨンドボーダーズ様の成功例で見られるように、既に獲得済みのリードに対してアプローチする手法として、MMCを活用したパーソナライズド広告は優れています。


広告の集客でパーソナライズド広告を最大化するポイント

広告集客でパーソナライズド広告の効果を最大化する3つのポイントをご紹介します。

広告メッセージの明確化

パーソナライズド広告の効果を最大化するために最も大切なことは、伝えたいメッセージをユーザー目線でひとつに絞ることです。

自社の商品の魅力を列挙した広告は、「企業目線の伝えたい内容」 であり、一方的なメッセージです。

ユーザーにとっての価値が考慮されていないため、ただの押し売り広告になってしまいます。

企業目線の強みではなく、ユーザーが求めている価値を、シンプルなメッセージで伝えるようにしましょう。


広告とLPの統一感

SMSでLPを配信する際、SMSとLPのメッセージに統一感をもたせる必要があります。

「SMSを見て興味をもってクリックしたら期待した商品と異なっていた」という体験は、購買意欲が湧かないどころか、「騙された」「がっかり」というようなマイナスイメージを与えてしまいます。

LPのデザイン、メッセージには一貫性を持たせるようにしましょう。

関連リンク:LP広告とは?目的・作り方・運用のコツ


シンプルな問い合わせフォーム

パーソナライズド広告の効果を最大化させるために最後に必要なのは、問い合わせフォームをシンプルにすることです。

最後の最後でユーザーに「面倒だな」と感じさせないよう、入力項目をなるべく少なくしたり、手間を省いたりするとよいでしょう。

上記で紹介したビヨンドボーダーズ様の件では、ワンクリックで商談申し込みができるよう、顧客情報を事前に設定表示し、受信者は申し込みボタンを押すだけの構成を構築しました。

MMCを利用すれば、申し込みフォームや顧客の事前表示が簡単に設定可能です。

さらに、MMCでは申し込みフォームやアンケートフォームから受信者の欲しい情報を取得し、管理画面内で保存、CSVで抽出することができます。

つまり、フォームのための追加サーバーや機能は必要ありません。欲しい情報を簡単に取得でき、コンバージョンに特化したLP広告が実現できます。

MMCを利用することで顧客データを反映した状態で広告を配信することができるため、最小限のアクションでコンバージョンに繋げることが可能です。


まとめ

パーソナライズド広告には、GoogleやSNSを利用した方法もありますが、既存顧客へのアプローチであれば、SMSとLPの組み合わせが最適です。

広告効果を最大化する方法も熟知していますので、気になった方はぜひCM.comのMMCを一度お試しください。

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web