記事一覧へ
マーケティング

LP広告とは?目的・作り方・運用のコツ

LPとは、コンバージョンを目的として作られる1枚の広告ページのことです。LPの効果を上げるためには、ユーザーが共感できるような内容にし、適切にセグメントされた顧客に配信する必要があります。 「LP広告の運用を始めたいが、どういう目的で制作したらよいかわからない」「LP広告のデザインの構成案、運用のコツを知りたい」という方に、LP広告の基本的な考え方を紹介します。

LP広告とは?

ランディングページ(Landing Page)とは、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。「LP/エルピー」と呼ばれることもあります。

Landingには「着地」という意味があるため、Landing Pageを直訳すると「着地ページ」となります。つまり、「ランディングページ=広告をクリックしたユーザーが着地する先のWebページ」とイメージすると理解しやすいでしょう。


LP広告の目的は?

LPは、企業のWebサイトとは別で作られる縦長の単一ページで、申し込みや商品購入といったコンバージョンを目的として作られます。

そのため、認知度向上のために不特定多数に向けて発信される広告や、ブランディングのための会社HPとは目的が異なります。

ランディングページの作り方次第で、売上などの効果目標が大きく変わります。「ランディングページ=コンバージョン率を最大化するために作るもの」と覚えておきましょう。


見込み・潜在顧客のアプローチ

LPを活用することで、見込み客と潜在顧客といった「未来の顧客候補」への効果的なアプローチが可能になります。見込み客と潜在顧客は、自社への認知有無、興味・関心の具合という点で大きく異なりますが、両方にアプローチすることがビジネスにおいては重要です。


既存顧客への客単価やLTV向上

LP広告は既存顧客の売上拡大にも有効な手段です。既存顧客に特化した商品案内やキャンペーン施策をLPで行うことにより、顧客単価やLTVの向上が狙えます。

一人あたりの顧客単価が上がれば、少ない顧客数で同じ売上目標を達成できるようになるため、売上効率も向上するでしょう。また、LTV(顧客生涯価値/一人の顧客が企業に対して一生の間に支払う金額)の向上も見込めます。

LP広告の作り方/構成要素

一般的なLPの構成は、縦長のページのなかで上から下へ読み進めることを想定し、下記のような要素が順に入ります。


・キャッチコピー

・共感

・サービス提示

・中間CV

・ベネフィット

・導入実績

・アクション


キャッチコピー


LPで1番重要とも言えるのが、キャッチコピーです。ユーザーがLPに流入した時に、最初に目に触れる領域を「ファーストビュー」といい、ここでユーザーが直帰してしまうか、下部にスクロールするかが決まります。


下部にスクロールしてもらうためには、このキャッチコピーで、「私に関係するページだ」と思わせる必要があります。ユーザーニーズの核心をつくキャッチコピーにするためには、流入元となるWeb広告の文言や検索キーワードと整合性を保つ必要があります。


キャッチコピーの下には、ユーザーの目をひくメイン画像を入れます。


共感領域

「〇〇のような悩みがありませんか?」といったユーザーの悩みや課題に寄り添った1文を入れます。読み手が共感してくれるような要素を含めることで、「自分へのメッセージだ」と、自身の悩みに最適なサービスであることを認識してもらいましょう。


サービス提示

共感を促したユーザーの悩みや課題に対して「そんな悩みには、〇〇!」と解決策を提示します。自社の商品の商品やサービスの特長や効果・効能といったメリットをただ述べるのではなく、この商品を使うことで「ユーザーにはどういったベネフィットがあるか?」という点を意識しましょう。


中間CV

この時点で興味を持ってくれたユーザーに対してCAT(Call to action)を置きます。「無料カタログのダウンロードはこちら!」といった、購入や問い合わせなど最終的に狙いたいCVよりもハードルの低い行動の選択肢を用意します。興味を持ってくれた人がすぐにアクションを取れるような準備をしておきましょう。


ベネフィット

詳しい商品・サービス説明をします。この際、メリットとベネフィットを区別することが大切です。メリットは、「利点」「特長」のことで、商品やサービスの「ウリ」のことです。


一方、ベネフィットは、「利益」や「恩恵」を意味し、商品のウリによってユーザーが得られる良いこと、嬉しいことです。


商品説明では「自分たちがアピールしたいこと(自社のウリ)」を全面にだすのではなく、ユーザーの悩みに寄り添いながら「ユーザーにとってのベネフィット(嬉しいこと)」を訴求するのがポイントです。


利用者の声・導入事例

「良さそうだけど、本当に効果があるの?」というユーザーの不安に対し、利用者の声や導入事例を紹介することで安心感を与えます。客観的な後ろ盾としては、専門家による解説も効果的です。


第3者の声を載せるときは、利用者の顔写真や導入した企業名を掲載すると、信憑性が高められるでしょう。利用者の声や導入事例は、実績を提示できる箇所で、強い説得力を持たせられるコンテンツです。


アクション

「無料見積りはこちらから!」「サンプル請求はこちらから」などの、CAT(Call to action)を設置します。


フォームの入力項目は極力少なくし、離脱の原因になるため不要なリンクは設置しないようにすることがポイントです。期間限定や購入者プレゼントなどの特典を用意するのもよいでしょう。


LP広告をSMSで運用するコツ

既存顧客に対してLPを配信するには、SMSが最適です。せっかく作成したLPの効果を高めるためには、配信の際に留意するコツがあります。


SMSのテキストを70文字以内にする

SMSで配信するテキストは極力70文字以内にしましょう。SMSで多くを伝えようとせず、最小限にすることで、簡潔に情報が伝わり、LPへのURLがクリックされやすくなります。無駄に煽ることはせず、事実ベースで情報をシンプルに伝えるのがよいでしょう。


ファーストビューで興味を惹かせる

先述したように、LP広告で最も重要なのはファーストビューです。LPを訪れたユーザーは、3秒以内にそのWebサイトが自分に必要かどうかを判断すると言われています。


つまり、ファーストビューを見た瞬間にユーザーに伝えたいメッセージを伝えられるかどうかが、離脱されるか、読んでもらえるかの別れ道になり、ここで興味を持ってもらえるかどうかが最終的なコンバージョン獲得につながります。


このとき注意したいのは、遷移元であるSMSのメッセージとの整合性をとることです。クリックした先の情報がまったく違う内容であれば、ユーザーは「騙された」と感じ、逆効果を与えてしまいます。


顧客セグメントを適切に行う

LPは、無造作に拡散するものではなく、顧客セグメントをしたうえでユーザーの興味関心に即して作成・配信するツールです。

 

適切なターゲットに適切なLP広告を配信することが、コンバージョンアップにつながります。傾向ごとに顧客を分類し、適切な顧客セグメントをすることにより、ターゲットとなるセグメントに集中したアプローチを行いましょう。


まとめ

だれでも一度は、LPを受け手として見たことがあると思います。以前は、ポストに投函されたチラシのような内容やデザインが多くありましたが、年々質は向上しています。デザインは変わっても、LPの基本構成は変わりません。また、企業のコーポレートサイト等と比較するとLPは簡単に制作できるため、A/Bテストが容易なことも利点です。適切な顧客セグメントにより、ユーザーが思わずアクションしたくなるようなLPを活用しましょう。

LP広告をSMSで配信したい方はMMCの利用を

問い合わせ

LP広告をSMSで配信したい方はMMCの利用を

問い合わせ

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web