前のアイコン 記事一覧へ
May 09, 2022
3 minutes read

LP広告とは?目的・作り方・運用のコツと配信効果を高める方法を紹介

LP広告とは、コンバージョンを目的として作られる1枚の広告ページのことです。LPの効果を上げるためには、ユーザーが共感できるような内容にし、適切にセグメントされた顧客に配信する必要があります。 「LP広告の運用を始めたいが、どういう目的で制作したらよいかわからない」「LP広告のデザインの構成案、運用のコツを知りたい」という方に、LP広告の基本的な考え方、お勧めサービスを紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

たった5分で本格的なLP制作をするならCM.com!

LP広告とは?

LP広告の事例

LP広告とは、ランディングページ(Landing Page)を使って、購入やお問い合わせのコンバージョンの獲得や商品サービスのポイントやメリットなどを訴求する広告です。

例えば、GoogleやYahooなどのWEB広告と一緒に配信され、検索結果や広告から訪問者が最初にアクセスするWebページのことです。

つまり、「ランディングページ=広告をクリックしたユーザーが着地する先のWebページ」とイメージすると理解しやすいでしょう。

補足:

Landingには「着地」という意味があるため、Landing Pageを直訳すると「着地ページ」となります。Web広告やSMS、メルマガなどLP広告を差し込む場合、最初の着地点となるため、ランディングページと言われております。


LP広告をSMSで送信

LP広告の目的は?

LPの目的

LP広告は企業のWebサイトとは別で作られる縦長の単一ページで展開され、顧客に申し込みや商品購入といった行動を行ってもらい、コンバージョン獲得やクロージング(成約)を目的として作られます。

そのため、認知度向上のために不特定多数に向けて発信される広告や、ブランディングのための会社HPとは目的が異なります。

ランディングページの作り方次第で、売上などの効果目標が大きく変わります。「ランディングページ=コンバージョン率を最大化するために作るもの」と覚えておきましょう。

関連リンク:


見込み・潜在顧客のアプローチ

LPを活用することで、見込み客潜在顧客といった「未来の顧客候補」への効果的なアプローチが可能になります。

見込み客と潜在顧客は、自社への認知有無、興味・関心の具合という点で大きく異なりますが、両方にアプローチすることがビジネスにおいては重要です。

既存顧客への客単価やLTV向上

LP広告は既存顧客の売上拡大にも有効な手段です。既存顧客に特化した商品案内やキャンペーン施策をLPで訴求することにより、顧客単価やLTVの向上が狙えます。

一人あたりの顧客単価が上がれば、少ない顧客数で同じ売上目標を達成できるようになるため、売上効率も向上するでしょう。

また、LTV(顧客生涯価値/一人の顧客が企業に対して一生の間に支払う金額)の向上も見込めます。

関連リンク:

LP広告の作り方/構成要素

LPの構成

一般的なLPの構成は、縦長のページのなかで上から下へ読み進めることを想定し、下記のような要素が順に入ります。

  • キャッチコピー

  • 共感

  • サービス提示

  • 中間CV

  • ベネフィット

  • 導入実績

  • アクション


キャッチコピー

LPで1番重要とも言えるのが、キャッチコピーです。ユーザーがLPに流入した時に、最初に目に触れる領域を「ファーストビュー」といい、ここでユーザーが直帰してしまうか、下部にスクロールするかが決まります。

下部にスクロールしてもらうためには、このキャッチコピーで、「私に関係するページだ」と思わせる必要があります。

ユーザーニーズの核心をつくキャッチコピーにするためには、流入元となるWeb広告の文言や検索キーワードと整合性を保つ必要があります。

キャッチコピーの下には、ユーザーの目をひくメイン画像を入れます。

共感領域

「〇〇のような悩みがありませんか?」といったユーザーの悩みや課題に寄り添った1文を入れます。

読み手が共感してくれるような要素を含めることで、「自分へのメッセージだ」と、自身の悩みに最適なサービスであることを認識してもらいましょう。

サービス提示

共感を促したユーザーの悩みや課題に対して「そんな悩みには、〇〇!」と解決策を提示します。自社の商品の商品やサービスの特長や効果・効能といったメリットをただ述べるのではなく、この商品を使うことで「ユーザーにはどういったベネフィットがあるか?」という点を意識しましょう。

中間CV

この時点で興味を持ってくれたユーザーに対してCAT(Call to action)を置きます。「無料カタログのダウンロードはこちら!」といった、購入や問い合わせなど最終的に狙いたいCVよりもハードルの低い行動の選択肢を用意します。興味を持ってくれた人がすぐにアクションを取れるような準備をしておきましょう。


ベネフィット

詳しい商品・サービス説明をします。この際、メリットとベネフィットを区別することが大切です。メリットは、「利点」「特長」のことで、商品やサービスの「ウリ」のことです。

一方、ベネフィットは、「利益」や「恩恵」を意味し、商品のウリによってユーザーが得られる良いこと、嬉しいことです。

商品説明では「自分たちがアピールしたいこと(自社のウリ)」を全面にだすのではなく、ユーザーの悩みに寄り添いながら「ユーザーにとってのベネフィット(嬉しいこと)」を訴求するのがポイントです。

利用者の声・導入事例

「良さそうだけど、本当に効果があるの?」というユーザーの不安に対し、利用者の声や導入事例を紹介することで安心感を与えます。客観的な後ろ盾としては、専門家による解説も効果的です。

第3者の声を載せるときは、利用者の顔写真や導入した企業名を掲載すると、信憑性が高められるでしょう。

利用者の声や導入事例は、実績を提示できる箇所で、強い説得力を持たせられるコンテンツです。


アクション

「無料見積りはこちらから!」「サンプル請求はこちらから」などの、CAT(Call to action)を設置します。

フォームの入力項目は極力少なくし、離脱の原因になるため不要なリンクは設置しないようにすることがポイントです。期間限定や購入者プレゼントなどの特典を用意するのもよいでしょう。

LP広告の配信効果を上げるのはSMS

メールからSMSを送信するイメージなど

LP広告を作成してもコンバージョンを獲得するには反応してもらえる媒体で配信する必要があります。

web広告やメルマガ、SNS広告など様々な媒体で配信できますが、既存顧客やリピーターなどの配信先の顧客データを保有する場合におすすめのツールはSMSです。

SMSを企業から個人に配信するには馴染みがない方もいらっしゃいますが、企業で利用する場合には携帯電話からでなく、SMS送信サービスを利用するのが一般的です。

SMS送信サービスを利用すると一斉配信や予約配信などができ、業務効率を上げることができます。

LP広告をSMSで送信する際の留意点をご紹介します。

SMSのテキストを70文字以内にする

SMSで配信するテキストは最大670文字まで送信できますが、極力70文字以内にしましょう。

SMSで多くを伝えようとせず、最小限にすることで、簡潔に情報が伝わり、LPへのURLがクリックされやすくなります。

無駄に煽ることはせず、事実ベースで情報をシンプルに伝えることで、コンバージョンにつながりやすくなるでしょう。

ファーストビューで興味を惹かせる

先述したように、LP広告で最も重要なのはファーストビューです。LPを訪れたユーザーは、3秒以内にそのWebサイトが自分に必要かどうかを判断すると言われています。

つまり、ファーストビューを見た瞬間にユーザーに伝えたいメッセージを伝えられるかどうかが、離脱されるか、読んでもらえるかの別れ道になり、ここで興味を持ってもらえるかどうかが最終的なコンバージョン獲得につながります。

このとき注意したいのは、遷移元であるSMSのメッセージとの整合性をとることです。クリックした先の情報がまったく違う内容であれば、ユーザーは「騙された」と感じ、逆効果を与えてしまいます。

顧客セグメントを適切に行う

LPは、無造作に拡散するものではなく、顧客セグメントをしたうえでユーザーの興味関心に即して作成・配信するツールです。

適切なターゲットに適切なLP広告を配信することが、コンバージョンアップにつながります。

傾向ごとに顧客を分類し、適切な顧客セグメントをすることにより、ターゲットとなるセグメントに集中したアプローチを行いましょう。



関連リンク:



独自ドメインの利用で信頼性向上

ユーザーは、独自ドメインを持つメッセージを見たとき、メッセージが信頼できる情報であると感じる可能性が高いです。その結果、ユーザーはLP広告のリンクをクリックする可能性が高くなります。

CM.comの場合、企業からユーザーに向けて配信するLP広告のURLを企業の独自ドメインを利用することができますので、信頼性向上、ブランド認知を高めるアプローチが可能です。

LP広告作成からSMS送信を1つのプラットフォームで

mmc pages example

LP広告の作成から、SMS送信まで一つの管理画面でワンストップで行うことができるのがCM.comのサービスの特徴です。

LP作成ツールはノーコードで誰でも本格的なLPを作成することができます。商品紹介ページを訴求するだけでなく問い合わせや申し込みフォームなども作成することができるので手軽にLP広告の配信をSMSで行えます。配信したSMSに挿入したLPのURLを誰が何時にクリックしたかなどもわかるので施策の効果分析に最適です。

さらにEメールとSMSの自動配信、ステップメール配信や顧客管理、データ管理などもっとマーケティングに特化したツールをお探しの企業には、マーケティングパッケージングツールのMobile Marketing Cloud(MMC)サービスをお勧めしております。

このサービスでもLP作成とSMS、Eメール配信がワンストップで行えますのでニーズにあったサービスをお選びいただけます。

LP広告をSMSとEメールで送信してCVR改善!

LP広告について理解いただけましたでしょうか?

だれでも一度は、LPを受け手として見たことがあると思います。以前は、ポストに投函されたチラシのような内容やデザインが多くありましたが、年々質は向上しています。

デザインは変わっても、LPの基本構成は変わりません。また、企業のコーポレートサイト等と比較するとLPは簡単に制作できるため、A/Bテストが容易なことも利点です。

適切な顧客セグメントにより、ユーザーが思わずアクションしたくなるようなLP広告をSMS送信サービスメール配信システムで一斉配信し、コンバージョンを獲得しましょう。

LP広告をSMS送信サービスで配信したい方はCM.comのMMCの利用を

この記事を共有する
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

How To Get Started With Apple Messages For Business
Jan 13, 2024 • マーケティング

DM(ダイレクトメール)とは?メリットや効果的に送る方法を紹介

郵送・DM(ダイレクトメール)は、企業が直接法人・個人へハガキや封書で案内を送付するダイレクトマーケティング手法の一つです。オンラインでのマーケティングが増えているなか、改めて紙媒体であるダイレクトメールに注目が集まっています。そこで本記事では、ダイレクトメールのメリットやデメリット、効果を上げるコツを解説します。

industry-logistics
Dec 01, 2023 • SMS

SMSの既読はわかる?企業がSMSが既読になったかどうか判断する方法と類似メッセージサービスの既読機能を紹介

SMSは既読機能がないため送信者側から届いたかを確認することができません。しかし類似のツールでは既読確認ができ、企業がSMSを送信する場合にはWebページやLPを活用すると既読の確認ができます。 この記事では既読ができる類似メッセージツールの紹介と法人がSMSを既読を確認する方法を紹介します。

Multi-channel vs. omni-channel
Nov 29, 2023 • マーケティング

CRMとは?基本機能やCRMシステム導入のメリットを紹介

CRM(顧客関係管理)とは、顧客情報を一元管理することで、顧客との関係性を維持・向上させるアプローチ、およびその目的のために開発されたツールを指します。 近年、多くの企業で導入され活用されているCRMの基本機能や導入のメリットについてご紹介します。

Helpdesk Automation
Nov 13, 2023 • Mobile Marketing Cloud

ランディングページとは?集客できるLP制作のポイントを紹介

商品やサービスごとのランディングページを活用している企業は多いかと思います。しかし、どんなにすぐれたデザインのランディングページを作成しても、ターゲットとする顧客に見てもらなければ意味がありません。 ランディングページのコンバージョンを高めるのに重要なのは、流入経路です。そこで、今回はLPの作成方法をご紹介します。

drive more automotive sales
Nov 07, 2023 • SMS

SMSで写真や画像は送れない?携帯電話番号宛のメッセージで画像を送信する方法と法人利用で画像を活用するメリットを解説

SMSで写真や画像を送ることはできるのか?送信できない場合に送る方法は別にないのかと、探している方は多いのではないでしょうか。今回はSMSから写真や画像が送れない?と困った時にSMS類似のサービスやSMSに添付して送信方法、また法人でSMSに画像を送付するメリットを紹介します。

Aplicación de WhatsApp Business Platform para eCommerce
Sep 10, 2023 • WhatsApp

外国人人材紹介・派遣会社必見! インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、欧州、中東など外国人の決定率を上げる方法

外国人人材の採用はビジネス成功の大きな要因となり得ます。特に、インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、ヨーロッパ、中東などの地域から才能を採用することで、企業はグローバルな視点と多様なスキルセットを得ることが可能です。 そこで本記事では、外国人人材紹介・派遣会社を運営する方々向けに、外国籍人材と効果的にコミュニケーションを取り決定率を上げる方法を紹介します。

Infographic logistics and transport
Apr 14, 2023 • マーケティング

パーソナライズドマーケティングのメリットや注意点とは?

インターネットの普及により、顧客による購買行動の多様化が進んでいます。 そんな昨今の状況下で、“パーソナライズドマーケティング”が注目を集めていることをご存じでしょうか。 そこで本記事では、パーソナライズドマーケティングの意味からメリットや注意点、活用方法までを紹介します。 顧客のニーズに合わせて、情報をお届けしたいとお考えのご担当者様は、ぜひ最後までご覧ください。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon