前のアイコン 記事一覧へ
Dec 02, 2022
2 minutes read

MA・CRM・SFAの違いとは?特徴と役割

MAとSFA、CRMはいずれもマーケティング支援ツールです。ITを活用することで、これまで人の手で行ってきた管理・分析・判断の効率化・高精度化を図るものですが、それぞれ役割や領域が異なります。機能が重複するところもあり、明確な区別ができていないケースも多いようです。そこで本記事では、MA、SFA、CRMの違いと、使い分けのポイントを解説します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

MA・CRM・SFAそれぞれの特徴と役割

MA、SFA、CRMがマーケティンングのなかで使われる順番は「MA→SFA→CRM」です。 

それぞれの役割には重なる部分もありますが、対象とする顧客とおもな役割は以下のとおりです。なお、近年、SFAの機能はCRMに統合され、SFAに特化したツールは減少傾向にあります。

MA(マーケティングオートメーション)とは?

「MA」とはMarketing Automation(マーケティングオートメーション)の略で、マーケティング活動を自動化するためのツールです。

MAの役割は、見込み顧客の創出、分類、管理、育成にわたり、見込み顧客それぞれの興味関心をもとにリードナーチャリングリードクオリフィケーションを行います。

「オートメーション」とはいえ、すべてツール任せというわけではなく、マーケティングプラン全体の設計やカスタマージャーニーマップの作成などは、人の手で十分に練り上げておく必要があります。

しかし、ひとたび設計できてしまえば、当初の予定どおりのアプローチを実行してくれますし、その結果を踏まえて微調整していくことで、マーケティング活動全体の効率をさらに高めることができます。


【MAの主な機能】

  • リード情報の登録・管理

  • Webアクセス解析

  • ワークフロー作成機能

  • メール配信機能

  • Webコンテンツ作成機能

  • ランディングページ、登録フォームの作成機能

  • レポート機能

  • SFA、CRMとの連携機能


SFA(セールスフォースオートメーション)とは?

「SFA」はSales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の略で、営業担当者の業務を支援するためのツールです。

受注数や売上だけでなく、見込み顧客の属性情報、これまでに誰が誰に対してどのような営業活動をしたか、その際の顧客の反応、ネクストアクションなど、営業活動のプロセスをデータベース化します。

これらを可視化して管理・共有することで、営業活動の効率化・高精度化を図ります。営業担当者はどの商談にどのようなアクションをとるべきかが明確になり、適切な顧客対応が可能になります。

また、営業担当者全員での情報共有、管理もできるようになるので、営業担当者間での円滑な引継ぎや、ノウハウ共有による人材育成にも活用できます。

また、営業活動による効果をデータ化することによって、顧客に対してどのようなアプローチやセールスが有効なのかを蓄積・有効化していくことが可能です。個々の営業案件を可視化・共有化するとともに、属人的だった営業業務をチームプレーへと移行する効果があります。

【SFAの主な機能】

  • 顧客情報管理機能

  • 案件管理機能

  • 商談管理機能

  • 行動管理機能

  • 売上予測、予実管理機能

  • スケジュール管理機能

  • タスク管理機能

  • 活動報告機能

  • CRM、MAとの連携機能


CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)とは?

CRMとはCustomer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)の略で、日本語では「顧客関係管理」という意味です。顧客との関係を管理しながら、その関係を長期的に深めていくマネジメント効があります。

SFAは商談・案件を軸に情報を管理しますが、CRMは顧客ごとに情報を管理します。その顧客がどのような接点で自社を知り、どんな商談を経て顧客となったのか。

これまでの購入履歴、営業のアプローチの履歴や自社製品の購入履歴のほか、要望やクレーム、問い合わせなど、自社とのコミュニケーション情報をベースに顧客を管理します。

CRMを活用することによって、顧客満足度を高め、クロスセルやアップセルによってLTV(Life Time Value/顧客生涯価値)の向上を図ることができます。

【CRMのおもな機能】

  • 顧客情報管理機能

  • トラッキング機能

  • メール配信機能

  • 問い合わせ管理機能

  • アンケート機能

  • セミナー、イベントの管理機能

  • レポート機能

  • CTI機能

  • SFA、MAとの連携機能

課題別:各ツールの効果的な使い方

課題別でのMA・SFA・CRMの使い方を確認していきましょう。

見込み顧客へのアプローチ・育成には「MA」ツール

以下のような課題を持つ場合はMAツールが有効です。

  • 見込み顧客(リード)が少ない

  • それぞれのリードに合わせたアプローチをしたい

  • リードの優先順位付けを効率化したい


リードはある程度の母数を獲得することが大切です。そもそも見込み顧客の数が足りていないのであればMAツールでリードの創出を行います。

獲得した見込み顧客を育成するには、顧客一人ひとりに合わせたきめ細かなアプローチが肝ですが、それを手動で行うには時間を要します。

MAツールを使えば、リードのニーズを把握し、適切な情報やコンテンツを提供しつつ、顧客の購買意欲を高めることが可能です。

MAツールによって、継続的、効率的に見込み顧客の育成を進めていくことができれば、これまで見逃していた見込み顧客を取り込み、商談につなげることができるようになるでしょう。

営業の効率化とスキルアップには「SFA」ツール

以下のような課題を持つ場合は、SFAツールが活躍します。

  • 営業を効率化したい

  • 商談からの成約率を上げたい

  • 営業のスキルを上げたい

  • 営業担当者の数が足りない

  • 商談の状況を営業担当者間で共有したい



営業職の人手不足に悩まされている企業も多いでしょう。SFAツールがあれば、顧客情報やタスクの管理など、営業活動にともなう業務が自動化されることで、営業担当者がコア業務に時間を費やせるようになります。

また、属人的になっていた営業スキルやノウハウがデータベース化され共有されることで、営業スキルの効率的なボトムアップが期待できます。

チーム全体で進捗共有することで、適切なフォローもでき、個々の営業スキルに頼らず組織全体の業績向上につながるでしょう。

優良顧客の育成には「CRM」ツール

以下のように、顧客との継続的な関係構築に課題感があるのであれば、CRMツールが有効です。

  • 無料期間終了とともに解約する顧客が多い

  • リピーターを増やしたい

  • クチコミやレビューを増やしたい


サブスクのビジネススタイルが流行しているように、企業にとっては、1度切りではなく継続的に利用してくれる顧客獲得が売上維持のために必要です。

継続的に使用してもらい、解約を防ぐには、継続的なフォローによって顧客を飽きさせず、変化していくニーズに寄り添っていくことが大切です。さらには、口コミで商品宣伝をしたりしてくれるような優良顧客に育成することで、新規顧客獲得にもつながります。

つまり、顧客一人ひとりに対して寄り添う期間は長期化し、行うべきことは増え、細分化していますが、これを手動ですべて行うのは困難です。CRMツールを活用することで、これらの活動を効率的に行うことができます。

まとめ

MA・SFA・CRMツールはどれもマーケティング・営業活動を効率化してくれるツールですが、利用目的を明確にしてから導入しないと十分な効果を得ることはできません。

まずは、自社の課題・改善点の優先順位を定めてから導入するツールを判断しましょう。

見込み顧客との関係構築にCM.comのツールを利用しませんか?

この記事を共有する
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

automatizacion-comercio-electronico
Feb 07, 2024 • SMS

セールスフォースのメール配信機能からSMSを送信する方法

セールスフォース(Salesforce)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージ/ショートメール)を配信できたら便利ですよね。 しかし、セールスフォースのプラットフォームからSMSを配信するにはAPI連携かappexchangeの利用で開発の手間がかかります。 CM.comのメール配信機能からSMSを送信できるMail SMSを利用することで、特段な開発を必要とせずにメールと同じ手順でSMSが送信できます。 今回は、セールスフォースを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

customer service team
Jan 30, 2024 • SMS

パソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、サービスの選び方は?

パソコンからSMSは送信できるのか?SMSはスマートフォンやタブレットのみで使用できると思われがちですが、実はパソコンでもSMSを個人宛にメッセージ送信が可能です。本記事ではパソコンからSMSを送信する方法やメリット、注意点、選び方を紹介します。

telephone-to-sms
Jan 30, 2024 • SMS

電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客へ電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられず、もどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

conversational ai cloud chatbot tablet
Jan 26, 2024 • SMS

督促にSMS?ショートメールによる代金滞納案内で未払金を回収へ

督促業務や代金回収率、支払いの滞納をなんとかして効率的に行いたい。 クレジットカードや携帯電話の支払い期日を忘れさせないためにも、リマインドメールを送りたいなど様々な悩みがある担当者は多いのではないでしょうか。その他にも請求を促す電話やハガキだと見られていないのではないかと不安もありますよね。 SMS(ショートメッセージサービス)を活用することで、これまで時間をかけて回収してきた未払金や督促案内を効率的かつ、効果的に行うことができるようになります。 今回の記事では、SMSが支払いの督促におすすめの理由、電話・はがき・メールとの違い、SMS督促の成功事例を説明します。

whatsapp-business-platform-conversation-categories
Jan 24, 2024 • WhatsApp

インバウンド集客を行うメリット・デメリットは?訪日外国人集客に欠かせないツールを紹介

多くの企業が注目しているインバウンドマーケット。外国人観光客が増加することで、日本は地方活性化や高い経済効果といったメリットが期待できるため、政府も積極的にインバウンド対策を打ち出しています。そこで今回は、インバウンドが注目される背景、インバウンドマーケティングを行うメリットや懸念点から、コミュニケーションに有効なツールをご紹介します。

introducing-payments-on-whatsapp
Jan 23, 2024 • WhatsApp

WhatsApp Businessとは?法人利用の特徴や使い方を紹介

世界で最も多いユーザー数を持つチャットアプリ、WhatsApp(ワッツアップ)の法人アカウント、WhatsApp Business(ワッツアップビジネス)をご存知でしょうか。企業が利用することで海外の顧客からの問い合わせ対応やカスタマサポート、インバウンド集客など様々な多様な目的で活用でき、売上や顧客満足度向上を見込めます。 この記事では、WhatsApp Businessとは何かをはじめ、使い方や問い合わせを増やす方法をご紹介します。

acquisition-chatbots
Jan 14, 2024 • SMS

SMSをURL付きで送信するメリットとデメリットとは?

「SMSをURL付きで送信するメリット・デメリットが知りたい!」 「企業がSMSをURL付きで送信する目的は?」 このようなことが気になっているビジネスマンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 SMS(ショートメールサービス)は、新たな商品やサービスを紹介したり、販売促進を行ったりする際に活用が可能です。 非常にシンプルなUIで短文をメインに据えたメッセージを送信でき、顧客データを管理しながら、絞り込んだターゲットに対して訴求を行えます。 本記事では、そんなSMSをURL付きで送信するメリットやデメリットなどを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon