記事一覧へ
マーケティング

MA(マーケティングオートメーションとは)?EメールとSMSで配信効果を最大化へ!

マーケティングオートメーション(以下MA)の活用を検討している方の多くは、Eメールによるマーケティングをイメージされているかと思います。 しかし、MAで活用できるのはメール配信だけではなく、他にも多くのチャネルがあります。 その中でも最近注目が集まっているのはSMS(ショートメッセージサービス)を活用したMAです。そこで今回は、EメールとSMSを使ったMAの活用方法についてご紹介いたします。

MA(マーケティングオートメーション)とは​

「マーケティングオートメーション(Marketing Automation)」とは、企業のマーケティング業務を自動化・最適化することをいいます。MAを導入する目的は、これまで人の手でおこなっていた定型業務や、複雑なデータ処理作業を自動化することによって、業務効率化や効率を高めるためです。

また、見込み顧客の獲得から始まり、商談化までを効率化することにより、商談獲得数を最大化する効果が期待できます。

MAを導入することにより、見込み顧客一人ひとりに合わせた形でコミュニケーションが取れるようになるため、より良好な関係を築くことが可能です。

customer contact channels


MA(マーケティングオートメーション)が活用される背景

近年、MAの導入を検討している企業は増加しており、市場規模についても年々成長してきました。一般的にMAとは業務を自動化させたり、効率化させたりするための方法論や技術のことをいいます。MA実現のためのテクノロジーはMAツールやMAアプリケーションと呼ばれますが、これら自体をMAと呼ぶ場合もあります。

MAといっても、さまざまなツールやチャネルがありますが、代表的なのはメールやアプリ、ソーシャル、WEB、SMS(ショートメッセージ)などです。

どれか一つのみではなく、これらを並行して効果を高めるなどの工夫が施されています。

MA(マーケティングオートメーション)で一般的に利用できる配信チャネル

MAで利用できる配信チャネルは複数あり、それぞれ特徴が異なります。配信チャネルごとの特徴について開設します。


Eメール

EメールはMAを利用した配信チャネルの中でも代表的なものです。一斉メール配信を行うことにより、たくさんの方に情報を届けられます。

また、顧客属性でセグメントすれば、本当にその情報を求めている方に対し、ピンポイントで情報を届けることも可能です。

ただ、他のメールに埋もれてしまうことが多かったり、迷惑メールフォルダに振り分けられたりすることがある点に注意しなければなりません。


LINE

アプリの中でMAに役立つものが多々ありますが、最も活用できるアプリといえば、企業の公式アカウントのLINEです。現在、企業向けのLINEは非常に多くのビジネスで導入されています。

例えば、LINEを用いて情報を発信する場合、企業の顧客向けにカテゴライズし、メッセージの配信が可能です。顧客一人一人が求めている情報を提供できれば、メッセージへの反応も大きくなるでしょう。

多くの顧客にアプローチするためには「友だち」の獲得が必要にはなりますが、実店舗でQRコード付きカードの配布、WEB上で友だち獲得につながるキャンペーンを開催するなど、選択肢は豊富です。


ソーシャルメディア

LINEもソーシャルの一つではありますが、他にもFacebookやTwitterといったSNS類とMAを連動させることにより、詳細な顧客分析・管理が可能です。また、広告などの配信設定も行えるので、効果的にアプローチできます。


プッシュ通知

多くの方が閲覧しているWEBでもMAを活用できます。WEBを活用したMAで実践したいのが、WEBプッシュ通知です。専用のアプリなどを使うことなく、パソコンからプッシュ通知送信が行えます。新しい情報を公開した際に、通知を許可しているユーザーに対して通知を送信することが可能です。


SMS(ショートメッセージ)

法人向けSMS送信サービスを利用することで、顧客にアプローチすることができます。SMSはアプリのインストールなどが不要で、携帯電話を持っている方を対象にアプローチできるのが特徴です。

SMSを使った方法は他のチャネルと比較して着眼率が高いため、マーケティング施策で大きな成果が得られるツールとして徐々に需要を増しています。


MA(マーケティングオートメーション)にSMSを企業が取り入れる理由

EメールやSNS、ネット広告などとともに、MAにSMSを取り入れるとそれぞれの課題を補ってくれるだけでなく、相乗効果も期待できます。


非アクティブなリードを復活

メールを送っても反応がない顧客は、普段メールチェックをしていない可能性が高く、結果的に非アクティブになっています。そのようなユーザーにテキストメッセージを送信することで、アクティブユーザーに戻ってもらえる可能性があります。

なぜなら、携帯番号に送るSMS送信サービスは確実に届き、大量のメールとともに受信BOXに埋もれる懸念がなく、さらにポップアップ表示により気づいてもらえる可能性が高いからです。

顧客が求めている情報を届けることができれば、興味関心をいただいてもらえ、リードを復活することができます。


顧客維持の促進

EメールとSMSを組み合わせ、顧客維持を促進する効果もあります。Eメールマーケティングで最もアクティブなユーザーにSMSを送ることで、ユーザーにさらなる特別感を与えることができるからです。

SMSは受信頻度が低いため重要通知として認識されるだけでなく、特別感も醸成されます。送れる文字数は限られていますが、メッセージに遷移先URLリンクを含めることで、即アクションが期待できます。


顧客に合わせたメッセージの送信

Eメールのターゲティングメールのように、顧客に合わせたメッセージをSMSでは送ることができます。

MAツールと組み合わせることで一斉配信はもちろん、郵送物の通知やクーポンのお知らせ、カゴ落ちといったパーソナライズされた内容でのSMS配信も可能です。

MAツールの分析結果を参考に導きだされるレコメンドメールと組み合わせると確実に読まれるメッセージを届けられるため、効果は抜群です。

購入完了直前でカゴ落ちした顧客に向け、カゴに残っている商品情報と関連商品のレコメンドメールをSMSで届けることで購入意欲を上げることができるでしょう。


企業がMA(マーケティングオートメーション)にSMSを活用するメリット


メッセージが届きやすい

また、休眠顧客に対してアプローチしたいと考えた場合にもSMSが効果的です。顧客情報が最新のものでなかったとしても、電話番号さえ変わっていなければ休眠顧客に対してメッセージを届けられます。顧客の中にはスマホではなくガラケーを使っている方もいますが、SMSはガラケーに対しても送信できるので、多くの方に効率よく情報を届けられるのがメリットです。


友達を増やす必要がない

顧客と企業の双方にとって取り入れやすいのもメリットといえます。例えば、LINEでMAに取り組んでいく場合、先に友だちを増やさなければなりません。そのために時間や工夫が必要になるほか、コストもかかります。

一方、SMSは顧客側からしても何かしらのアプリをダウンロードする必要がなく、端末に標準搭載されている機能です。ただメッセージを受け取るだけで良いので、手間がかかりません。

また、スピーディーな開封が期待できるのもSMSの大きなメリットです。ポップアップ通知をオンにしている端末であれば、送信してすぐに開封してもらえる確率も高くなります。


SMSは読まれやすい

Eメールマーケティングは依然として、低コストで効果的なマーケティング手法として利用さています。しかし、多くの企業が取り組んでいることもあり、平均的な開封率は約22%と、読まれにくくなっていることも事実です。

そんな中、SMS(ショートメッセージ)を取り入れたマーケティングが注目されています。SMSの開封率は80%以上と言われており、「読まれない」Eメールの課題を解決してくれるのです。

EメールとSMSをうまく組み合わせることにより、効果的なマーケティングが実現できる可能性が高くなります


企業がMA(マーケティングオートメーション)にSMS活用するデメリット


Eメールより配信コストがかかる

紙媒体を活用したMAと比較するとコストが安く済むSMSではありますが、例えばEメールと比較すると費用が高くついてしまいます。コストのことを考えると、まずはメールを送信し、そのメールに対して反応がなかった顧客にSMSを送信するなどの工夫についても検討しましょう。


文字装飾などができない

また、機能的な制約として、簡単なテキストメッセージしか送れないのもデメリットです。Eメールの場合、HTMLメールで装飾をしたり、最も伝えたいポイントを目立たせたりできます。

ですが、SMSの場合は文字だけで魅力を伝えなければなりません。文章を簡素化しなければならず、画像も使用できないことから表現が限られてしまうのもデメリットです。


SMSの受信拒否で届かないことも

顧客の中には、SMSの受信を拒否している方もいます。メッセージ到達率の高さが最大のメリットともいえるSMSではありますが、受信拒否されていればメッセージは届きません。

そのため、別の方法を組み合わせるなどの対策についても検討する必要があるでしょう。

MAでSMSを活用するならCM.comにお任せください!

拡大を続けているSMS市場ではありますが、具体的にどのような形でSMSを配信すれば効果が得られるのかわからず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 

EメールとSMSを活用したMAに取り組みたいと考えているのであれば、ぜひ弊社までご相談ください。SMS送信サービスに関することはもちろんのこと、LP広告の作成、顧客管理やDX化など、総合的にご相談いただけます。


マーケティングオートメーションにSMSを導入

SMSによるMAが気になった人は、まずCM.comの「Mail SMS」で試してみてはいかがでしょうか。Mail SMSではふだん利用しているメールソフトを使って1通からSMSを配信することができます。効果を感じたらAPIの導入もおすすめです。

例えば、セールスフォースのPardotやSatoriを導入していてSMSを配信したい方には、このサービスを導入することで今日から送信することが可能になります。

マーケティングオートメーションでEメールとSMSを組み合わせる効果についてご紹介しました。効果的な手法をより効率的に行うためにも、ぜひさまざまな方法をお試しください。

マーケティングオートメーションにSMSを組み込もう!

問い合わせ 今すぐMail SMS導入

マーケティングオートメーションにSMSを組み込もう!

問い合わせ 今すぐMail SMS導入
connects tens of thousands of companies with millions of consumers via their mobile phone each day. Behind the scenes, from our innovative platform, CM.com makes sure companies can use these millions of messages, phone calls and payments to become part of people’s lives.

Is this region a better fit for you?

Go
RCS
Apple Messages for Business
Whatsapp
WhatsApp
Scan & chat
Scan the code with your mobile phone to start chatting or use WhatsApp Web