前のアイコン 記事一覧へ
Nov 08, 2022
1分間で読了できます。

潜在顧客とは?顕在顧客・見込み顧客との違いやアプローチ方法を紹介

マーケティング担当者であれば、「潜在顧客」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。潜在顧客の掘り起こしにおいては、ターゲットの設定とアプローチ方法が重要です。この記事では、潜在顧客について、「顕在顧客」「見込み顧客」との違いや潜在顧客獲得の手順、アプローチ方法をご紹介します。

CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

潜在顧客とは

潜在顧客(またはプロスペクト)は、まだ自社の製品やサービスを知らない顧客のことです。

ただし、知らないすべての人ではなく自社の存在を知れば購入や利用の可能性のある顧客のことを指します。

これらの顧客は隠れたニーズを抱えており、適切なきっかけを提供することでそのニーズを認識させ、見込み顧客へと昇格させることが可能です。

この中には、自身の悩みや課題にまだ気づいていない、あるいはそれらに対するニーズをまだ認識していない顧客も含まれます。

潜在顧客を特定するためには、マーケティングチームは商品やサービスが解決できる問題、顧客のニーズや欲望、その他の関連特性を調査するための多様な手法を活用します。

企業のマーケティング活動は、Web広告、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングなど、多角的な戦略を通じて潜在顧客を探し出す努力を行います。

顕在顧客とは

潜在顧客と混在されがちな顕在顧客について説明します。

顕在顧客とは、自身のニーズも商品やサービスの存在もすでに認識している顧客のことです。自社の商品やサービスに対しての興味・関心度は高く、限りなく購買や利用に近いため、見込み顧客となる可能性を秘めていると言えるでしょう。

また、すでに過去に利活用している顧客も含まれます。顕在しているニーズやターゲット層に対して、リードナーチャリングをすることで顧客獲得につながります。


見込み顧客とは

見込み顧客は将来顧客になりうるリードのことです。自社の製品・サービスのことに興味関心を示しており、何かのきっかけを与えることで実顧客へと転換する可能性の高い顧客層のことを指します。

見込み顧客は、顕在顧客と同等の意味で使われることもありますが、自分のニーズ、商品やサービスの存在を知っているという点では潜在顧客と異なっています。

関連リンク

潜在顧客を獲得するための3STEP

潜在顧客獲得のために行うための3STEPを確認していきましょう。

1.STP分析でペルソナ設定

潜在顧客を探すには、ターゲットを明確にする必要があります。潜在顧客はまだニーズが表面化していないため、まずは、既存顧客の特性を分析して、どのような人(企業)にニーズがあるのかを探りましょう。

その際に使えるのはSTP分析です。STP分析によって、どのような人や企業が自社の製品・サービスを求めているのかペルソナを設定します。

S … セグメンテーション分析

既存顧客の属性を分析します。たとえば、個人であれば、性別、年代、住所、職業(役職)、趣味、家族構成など、企業が対象であれば、業界、業種、企業規模、所在地、ポジションなどで分類できるでしょう。

T … ターゲティング

セグメンテーション分析で見えてきた特徴(セグメンテーション)をベースに、自社がターゲットとする層を絞り込んでいきます。

P … ポジショニング

競合との差別化を図るために自社の商品やサービスのどの点を強みとして訴求していくのかを決めます。これがポジショニング(P)です。

関連リンク


2.潜在顧客を発掘

潜在顧客のニーズを特定し、ターゲットとなるペルソナ象を定義づけられたら、実際に潜在顧客を発掘します。ターゲット層に応じて、適切な方法を選びましょう。

潜在顧客にとって興味関心のあるコンテンツを介した接触が有効です。オウンドメディアやWeb広告、SNSなどの媒体、展示会やセミナーなどのイベントへの出展などでの接触を狙いましょう。

3.発掘した潜在顧客へアプローチし顕在顧客へ

発掘した潜在顧客へアプローチし、顕在顧客へと昇華させます。

例えば、問い合わせや資料ダウンロードを促してメールアドレスを獲得したり、展示会参加者と名刺交換をしたりなどで個人情報を入手し、継続的にアプローチしながら顕在顧客へと育てていきます。

潜在顧客へのアプローチ方法

潜在顧客への具体的なアプローチ方法をご紹介します。

オウンドメディア・コンテンツマーケティング

オウンドメディアは企業HPとは異なり、まだ自社を知らないターゲットに自社のサービスや商品を認知させるのに有効な媒体です。

オウンドメディアは、SEOコンテンツで集客します。ユーザーが知りたいであろう情報や悩みを想定し、有益な情報を提供します。

サイトとしての価値を高め、検索上位に表示させるには、一定量の記事数(情報量)を揃える必要があります。一朝一夕にできるものではありませんが、作成した記事は財産になり、継続的な閲覧にもつながっていきます。

SNS

自社の公式SNSを作成し、定期的に運用することで、フォロワーの増加が見込めるでしょう。フォロワーが増加することで、情報拡散の母数が増えるため、潜在顧客の目にとまる機会が増える効果が期待できます。

無料の投稿だけでなく、有料の広告もうまく使うとターゲット層にリーチしやすいでしょう。FacebookやTwitter、InstagramといったSNSはそれぞれ使用ユーザー層が異なるため、ターゲットに合わせて使いわけます。

信頼を得るには、継続的な運用が必要です。SNSを使って潜在顧客にアプローチをかけることで、自社と顧客の距離を縮める方法になり、ファンを獲得する方法にもつながります。

関連リンク


展示会

展示会の開催は、BtoBに向いている手法です。営業担当者は顧客と直接コミュニケーションをとる機会ができるので、潜在顧客の悩みを聞くことができたり、課題の度合いを図ることができたりします。

名刺交換やアンケート記入によって連絡先を獲得し、継続的にアプローチしましょう。出展費用はかかりますが、確度の高い潜在顧客を獲得できるチャンスです。

セミナー

BtoBサービスを提供する企業が主催するセミナーでは、潜在顧客となるターゲットの悩みに沿った内容やコンテンツを吟味することがポイントです。参加申し込みやアンケート回収で連絡先を入手します。

コストをおさえたいときは、場所や時間にかかわらずに参加できるオンラインセミナーの開催がおすすめですが、気軽に参加できる分、確度が低い顧客が混ざることは留意しましょう。

関連記事


Web広告

ターゲットが限定できれば、リスティング広告などのWeb広告は、顧客の行動やニーズを読んで広告を発信できるメリットがあります。

また、少額から始められるのもWeb広告のメリットです。初期段階では小さくはじめて検証・分析しながら最適なチャネルを探っていくのも一手でしょう。

テレマーケティング

テレマーケティングは、古くからある手法ですが、今でも多くの企業が用いているアプローチ方法です。

架電リストを入手する必要があります。話を聞いてもらえたり担当者につないでもらえたりする確率は低いものの、興味を持ってもらえれば直接悩みやニーズを聞きだせるメリットがあります。

テレマーケティング後にはインサイドセールスが顧客をきちんと識別し対応するなど潜在顧客の獲得から見込み顧客への切り替えが、組織として重要となります。

関連リンク


プレスリリース

プレスリリースは、新聞、雑誌、ニュースサイトなどで取り上げてもらう方法で、多くの人の目に留まる可能性の高い方法です。

すべての媒体に必ず掲載してもらえるとは限りませんが、信頼性のある第3者に紹介してもらうことで顧客からの信頼も獲得しやすいでしょう。

まとめ

潜在顧客へのアプローチには、既存顧客の分析からターゲットを定めること、そしてターゲットに即したアプローチ方法が重要です。潜在顧客を掘り起こさなければ、顕在顧客も増えません。

常にマーケットを観察しながら潜在顧客獲得の可能性を探りましょう。

潜在顧客獲得後のアプローチにCM.comのメール・SMS配信システムの利用を!

この記事を共有する
CM.com Japan.K.K
CM.com Japan.K.K,
CM.com Japan Marketing Team

CM.comは企業向けにSMS送信サービス、SMS配信・認証API、+メッセージ(RCS)、WhatsApp Business、メール配信システムなどを提供しているグローバルカンパニーです。当社プラットフォームを利用することで顧客セグメント、ターゲティング、LP・フォーム制作、配信分析などマーケティングやDXに求められることを実現できます。

最新記事

msc blog klantloyaliteit
Feb 05, 2024 • Eメール

メールとSMS配信はどちらが効果的?到達・開封・クリック率の違いなどを紹介

最近SMSのビジネス利用が注目され、導入検討する企業が増えてきています。 しかし、すでにメール配信という安価で便利なツールがあるのに、なぜ今更SMS配信なのか…という声もあります。 ここでは、SMS配信とメール配信の違いを含め、開封率、到達率などを紹介します。

Engage peak moments in ecommerce end of 2023
Jan 29, 2024 • マーケティング

カゴ落ちとは?カゴ落ちを防ぐ9つの方法

商品をカートにいれたものの、購入まであと1歩のところから進まない、または離脱してしまう、「カゴ落ち」。 せっかく興味を持ってもらい購入の意向が強くなっているのにもったいないですよね。そこで今回は。カゴ落ちが起こる原因と対策をご紹介します。

How To Get Started With Apple Messages For Business
Jan 13, 2024 • マーケティング

DM(ダイレクトメール)とは?メリットや効果的に送る方法を紹介

郵送・DM(ダイレクトメール)は、企業が直接法人・個人へハガキや封書で案内を送付するダイレクトマーケティング手法の一つです。オンラインでのマーケティングが増えているなか、改めて紙媒体であるダイレクトメールに注目が集まっています。そこで本記事では、ダイレクトメールのメリットやデメリット、効果を上げるコツを解説します。

telecom messaging cpaas
Jan 11, 2024 • Eメール

集客に効果的なメルマガ運用のポイント

メルマガはオンライン集客を考えた際にもっともはじめに思いつくマーケティング手段ではないでしょうか。しかし、多くのメルマガが多数の企業から日々配信されている今、メルマガで効果をあげるには容易ではありません。そこで今回は、集客につながるメルマガの基本的なポイントをご紹介します。

ecommerce peak moments with data
Jan 10, 2024 • Eメール

メルマガが届かない?原因とキャリアブロック対策

せっかく時間をかけてメルマガを作成したのに届かない、そんな課題に直面する企業も少なくないでしょう。宛先ミスや容量オーバーだけでなく、キャリアブロックを受けている可能性もあります。そこで今回は、迷惑メールとしてブロックされやすいメールやIPアドレスの特徴や、メルマガを届けるために行うべきことをご紹介します。

industry-logistics
Dec 01, 2023 • SMS

SMSの既読はわかる?企業がSMSが既読になったかどうか判断する方法と類似メッセージサービスの既読機能を紹介

SMSは既読機能がないため送信者側から届いたかを確認することができません。しかし類似のツールでは既読確認ができ、企業がSMSを送信する場合にはWebページやLPを活用すると既読の確認ができます。 この記事では既読ができる類似メッセージツールの紹介と法人がSMSを既読を確認する方法を紹介します。

Multi-channel vs. omni-channel
Nov 29, 2023 • マーケティング

CRMとは?基本機能やCRMシステム導入のメリットを紹介

CRM(顧客関係管理)とは、顧客情報を一元管理することで、顧客との関係性を維持・向上させるアプローチ、およびその目的のために開発されたツールを指します。 近年、多くの企業で導入され活用されているCRMの基本機能や導入のメリットについてご紹介します。

WhatsApp business blog with chatbot helping a lady
Nov 14, 2023 • WhatsApp

ホテル・ツアー業者が訪日外国人と連絡を取るための最適な方法

新型コロナの影響により減少した訪日外国人観光客も次第に回復し、多くの外国人が日本の観光地やホテル滞在、ツアーへ申し込みが増えてきています。 そんな中、空港からのお出迎えからホテルへのチェックイン、ツアーへの申し込み対応から当日のサポートなど、さまざまな場面でコミュニケーションが求められております。 そこで今回は企業側として外国人観光客にできる最適な連絡手段であるWhatsApp Businessを紹介します。

Helpdesk Automation
Nov 13, 2023 • Mobile Marketing Cloud

ランディングページとは?集客できるLP制作のポイントを紹介

商品やサービスごとのランディングページを活用している企業は多いかと思います。しかし、どんなにすぐれたデザインのランディングページを作成しても、ターゲットとする顧客に見てもらなければ意味がありません。 ランディングページのコンバージョンを高めるのに重要なのは、流入経路です。そこで、今回はLPの作成方法をご紹介します。

Is this region a better fit for you?
Go
close icon